【左目】ゾロの片目が失明した意外な理由と答え【ワンピース謎考察】

スポンサーリンク

そもそもゾロは片目を失明していない?

まずは「ゾロはそもそも片目をしてない説」を検証してみましょう。この理由は主に二点ほど根拠があるらしい。

例えばゾロが片目を失明しているにも関わらず、主人公・ルフィを含めて他の麦わらの一味が誰もゾロの失明について触れていないこと。特に医者であるチョッパーは「ゾロの傷」について言及していないのは不自然という指摘。確かに言われてみると違和感があります。

ただチョッパーを基準にゾロの片眼を考察すると、新たな矛盾や疑問が生まれます。

(ONE PIECE61巻 集英社)

何故ならルフィの上半身の大きな傷についても、チョッパーは基本的に触れたことがないから。ルフィもゾロと同様に、レイリーの指導の元で女ヶ島の無人島・ルスカイナで修行してた。ルフィも2年間の修行の間で大きな傷を負ってる。

まさにアニメ版『ワンピース』においてもルフィはこれ見よがしに見せつけてくれてますが、誰一人として触れてない以上は、ゾロの片目が失明してない説の根拠にするには薄いと思います。

ゾロは片目を閉じて心眼を鍛えるだけ説

またゾロは片目を閉じて「心眼を鍛えてる」という考察記事もたまに見かけます。

(ONE PIECE71巻 集英社)

確かに『ONE PIECE』には海軍本部大将・藤虎(イッショウ)のような全盲キャラクターも存在します。藤虎は全盲だからこそ聴覚や嗅覚が発達し、健常者以上に周囲の状況を判断できる。いわゆる「心眼」めいた能力を持つ。悪魔の実も手伝って、むしろ藤虎はめちゃくちゃ強い。

作者・尾田栄一郎は最近、残念ながら書類送検されてしまった『るろうに剣心』の作者のアシスタントだったことは有名な話。この『るろうに剣心』には宇水という全盲の剣士がいた。藤虎と同様に全盲ではありながら、割りと強かった。何かしらの影響は考えられる。

(ONE PIECE64巻 集英社)

ただゾロの片目を改めて見ても分かるように、藤虎と同じように刀傷が付いてる。もしゾロの左目が失明しておらず目を瞑ってるだけであれば、わざわざこんな傷を付ける必要がない。素直に考えれば、やはりゾロの片目そのものは失明してると考えるのが普通。

ゾロも憧れる剣豪リューマは「片目を包帯で防ぐ」というスタイル感化されたのではないかという考察もありますが、さすがにコチラの考察も今更すぎます。ちなみにゾロの右目が失明してるパターンもありますが、単なる作画ミス。作者・尾田栄一郎はシャンクスの片腕もときどき失敗するぐらいですから、特に意味や伏線はありません。

続いてはゾロの片眼とミホークとの因果関係について考察してみましょう。