【ワンピース考察】サンファンウルフの正体&強さ能力まとめ【黒ひげ海賊団】【悪魔の実】

最近、『ワンピース』から「VIVRE CARD ~ONE PIECE図鑑~」と呼ばれるグッズや本が発売されてるらしい。ここにはワンピースキャラクターの重要情報も新たに記載されていることもあるとか。

(ONE PIECE59巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで新たに情報が判明した黒ひげ海賊団の「サンファン・ウルフ」について徹底的に考察していこうと思います。ドル漫が当初予想していた結果とは違ったものの、どういった悪魔の実を持っているのかなど未だに謎が多いサンファンウルフの正体に迫ってみましょう。

【正体】サンファンウルフはワンピースで「最も巨大な巨人族」

まず最初は現在判明してる情報を解説。

サンファンウルフとは四皇勢力の一つ・黒ひげ海賊団のメンバーであり、七番船船長。異名は「巨大戦艦」。元々はインペルダウンのLEVEL6に収監されていた極悪海賊だったものの、後の船長となる黒ひげ・ティーチなどと共に脱獄した。

サンファンウルフは、西の海出身の99歳。めちゃくちゃ年を取ってるやんけ、って話ですが、実はサンファンウルフの人種は「巨人族」と新たに判明。そのため、むしろ巨人族としてはまだまだ若い部類か。

サンファンウルフの口癖は、語尾に「つった」を付けること。そのため、もしサンファンウルフが釣りをした時には「「マグロを釣ったつった」とか言うに違いないつった。

○サンファンウルフの身長は巨大ビル並(笑)

(ONE PIECE59巻 尾田栄一郎/集英社)

サンファンウルフの身長は最大180メートルらしい。画像は60メートル程度だと思いますが、海軍本部・マリンフォードと大差ないサイズ感。さながら妖怪のデイダラボッチ。

そのためサンファンウルフの好物も「海王類の塩焼き」とのこと。ここまで巨躯の空腹を満たすためには、やはり海王類ぐらいの飯を食べないとお腹が膨れないのかも知れない。きっと燃費も悪いでしょうから。

例えば、丸ビルや京王プラザホテルの高さがちょうど180メートル。関西だと梅田阪急ビルの高さが186メートル。一応、高さ240メートルの東京都庁や六本木ヒルズには負けてるものの、サンファンウルフはもはや「サンファンビルディング」と表現した方が良さそうなほど巨大。

またウルトラマンの身長が40~50メートルですから、サンファンウルフはその約3人分。そう比較考察すると、いかに巨大であるか実感できます。でも巨人族の身長は10~20メートル程度が多いので、サンファンウルフは一般的な巨人族よりも約10倍以上デカイ。

これは一体どういう意味なのか?実は、このサンファンウルフの巨大さが「悪魔の実」に関わってくる模様。

サンファンウルフは「悪魔の実」の能力者なのか?

ということで、サンファンウルフは悪魔の実の能力者なのか?果たして巨人族だけあって、元々から巨大だったのか?悪魔の実の影響で更にデカくなってしまったのか?

結論から答えを書くと、サンファンウルフはどうやら悪魔の実の能力者らしい。最近発売された『VIVRE CARD~ONE PIECE図鑑~』によれば、「この巨体は悪魔の実の影響によるもの」と記載されてるとのこと。

(ONE PIECE61巻 尾田栄一郎/集英社)

例えば、新世界編が始まる直前、サンファンウルフが海水に浸かってるシーンを思い出すと「体に力も入らねー」と発言してる。この発言は悪魔の実の能力者だから海水で力が抜けていたという意味だったらしい。

作者的には海底に足が着いてるからギリギリ問題との判断だったらしいんですが、個人的には能力者であれば直立不動で立ってることすら難しくないか?と考察しており、実は「サンファンウルフは悪魔の実の能力者ではない派」でした。

しかも、サンファンウルフの異名は「巨大戦艦」。

じゃあ、悪魔の実の能力者がどうやって海を航行する「戦艦」の役割を担うのか。あまりに致命的な欠陥弱点。そのため非常に矛盾に満ちてはいるものの、今後トキトキの実のように論理矛盾は無理矢理にでも後付け的に解消されるのでしょう。

とはいえ、同じく四皇のビッグマム海賊団のシャーロット・オーブンの「ネツネツの実」のように、最近は悪魔の実のルールが形骸化してる気がするのは内緒。

○動物ゾオン系悪魔の実の「ヒトヒトの実(モデル:巨人族)」?

そこで問題になってくるのがサンファンウルフはどういった悪魔の実の持ち主なのか?という疑問。

既にネット上だと言われている考察をピックアップしておくと、まずは動物ゾオン系悪魔の実の「ヒトヒトの実(モデル:巨人族)」

前述の通り、サンファンウルフの種族は巨人族ですから、まさに「巨人×巨人」という組み合わせで最大180メートル程度まで巨大化できるという考察は言い得て妙。だから、現時点ではもっともセオリーっちゃセオリーな考察かも知れない。

また動物ゾオン系悪魔の実も「覚醒」することは知られておりますが、もしかすると覚醒した状態では身体能力が増強されるだけではなく、例えば「海水の影響」をある程度まで耐えられるという裏設定もあるのかも知れない。

○超人パラミシア系悪魔の実の「デカデカの実」?

さらにドル漫で新たな別の考察をしておくと、サンファンウルフは超人パラミシア系悪魔の実の「デカデカの実」という可能性。

例えば、ダメージ量に応じて筋肉の量を増やすことができる最悪の世代ウルージがおりましたが、デカデカの実は現在の肉体の10倍程度まで大きくできるのではないか。さながら「キロキロの実」や「トントンの実」の派生種と考えると分かりやすい。

この超人パラミシア系悪魔の実であれば、サンファンウルフの「最大身長180メートル」という表現もむしろヒトヒトの実説よりもしっくり来るかも知れない。

何故なら、普通の人間が「普通のヒトヒトの実」を食べたからと言って、身長が掛け算のように数倍に巨大化するのか?という話。仮にサンファンウルフが動物ゾオン系悪魔の実だとすれば、更に小さいサイズに変化することも可能なはず。でも何故しない?できない?

だからデカデカの実には「一度巨大化するとそれより小さいサイズには戻れない」みたいな制約でもあるのかも。

サンファンウルフは古代兵器プルトンか?

また、あえて「戦艦」というニュアンスを活かすんであれば、サンファンウルフは「何か巨大な武器に変身する悪魔の実」という可能性も残されてる。例えばシロシロの実が存在するなら、「フネフネの実」もあっていいか

ただ、やはり悪魔の実の能力者が海に触れるのは禁じ手。前述の場面は海底に足が着いてる状態だったかいいものの、さすがに船に変形できてもそのままブクブクと沈んで溺れそう。

実際、先程の画像を見ても黒ひげ海賊団の海賊船は「丸太のヤツ」のまま。シロシロの実を食べたカポネ・ベッジの肉体は巨大化してないなど、サンファンウルフの悪魔の実が「船に変身できる超人パラミシア系」という可能性も低いか。

ネット上では「古代兵器プルトンの正体がサンファンウルフ」と考察する人もいますが、この可能性も低そう。前述のように、サンファンウルフの年齢は99歳。でもポーネグリフに情報が記載されてる古代兵器プルトンは「空白の100年」の時代から存在。

また麦わらの一味のフランキーが燃やしてしまったものの、古代兵器プルトンには「設計図」が存在することから、サンファンウルフのような生物系でもないと考察されます。仮にサンファンウルフがプルトンであれば、海軍が血眼になって黒ひげ海賊団をぶっ潰してるはず。

ただ強いて言えば、赤髪のシャンクス五老星と極秘会談した理由が「黒ひげ・ティーチ」と仮定すれば、このサンファンウルフ(古代兵器プルトン)が天竜人イム様にとっても、シャンクスのような海賊にとっても脅威であることに違いはない

ちなみに【ワンピース考察】古代兵器プルトンの正体も参照。ドル漫ではサンファンウルフ以外の考察を展開しております。

最終的にカイドウを倒すのはサンファンウルフ?

現在、『ワンピース』のストーリーはワノ国編の真っ只中。しかも、同じく四皇のカイドウの正体が巨大な竜であることが発覚済み。サンファンウルフ並にめちゃんこデカい上に、巨大な炎のブレスも吐くなど早くも最強っぷりも発揮。

【最強】四皇強さランキングまとめもご参照。

そのため現時点では人間ごときが、果たしてカイドウを倒せるのか非常に疑問。

ルフィがギア4で強化されたとは言っても、あくまで敵が人間サイズや巨人族サイズであればの話。実際、ルフィはカイドウにダメージを与えることができず、逆に反撃を食らって大ダメージを負ってしまう始末。

ワンパンマン最強ランキング」でも同様の考察を展開してますが、いくら最強のピストル(短銃)であっても巨大な山を何発撃っても崩れないのと同義。身体のサイズが違えば、それだけ問答無用で威力が違ってくる。

だから既にドル漫では「ズニーシャが最終的にカイドウを倒す?」なども考察しておりますが、今後の状況次第では黒ひげ海賊団がワノ国にやって来て、最終的にサンファンウルフがカイドウを倒して、マリンフォード頂上戦争のように全て良い所を持っていく可能性もゼロではないか。

ちなみにサンファンウルフ以外のキャラクターについては【画像あり】黒ひげ海賊団メンバー一覧も参照。