【画像あり】カキン王子と守護霊獣一覧まとめ【HUNTERxHUNTER】【生存死亡】

現在少年ジャンプで連載中のハンターハンターはやっぱり面白い漫画。そこで今回ドル漫ではハンターハンターに登場する「カキン王子14名と守護霊獣たち」について画像つきでまとめてみました。

当初カキン王子はモブキャラ全開だった気がしますが、意外と念能力を最初から習得している王子もいるなど、一気に存在感を強めてるキャラクターが増えた。今後暗黒大陸編に入るにあたって、カキン王子たちはハンターハンターで活躍すること間違いなし。

ちなみに守護霊獣が判明してないカキン王子もいますが、順番的はカキン王子の序列順(年齢順)。

そもそも守護霊獣とは?

まずカキン王子と守護霊獣の関係性に入る前に、そもそも「守護霊獣」を簡単におさらい。

守護霊獣とはカキン王子たちを守る「寄生型の念獣」のこと。カキン王家に代々伝わる壺中卵の儀(自らの血を一滴注ぎ、壺の中に手を入れる)を行うことで念獣が発現。ちなみに壺は初代カキン王が具現化したと言われます。

○守護霊獣のルール

この守護霊獣たちには独自のルールが存在。

例えば、守護霊獣同士で攻撃し合わないし、また守護霊獣が取り憑いたカキン王子たちを攻撃することもしない。ホイコーロ王曰く、守護霊獣は「後方支援に長けてる」らしく、あくまでカキン王子たちのサポートに徹するだけ。

でもこれを逆に考察すると、カキン王子たち以外の人間に関しては問答無用で攻撃すると解釈可能。守護霊獣は周囲の人間を攻撃することで、自分が取り憑く王子が有利に働くように画策することなどが考察されます。

またカキン王子は守護霊獣そのものを見ること不可能(王子が念能力者であっても視認不可)。つまり。カキン王子自らが守護霊獣に何か具体的な命令を下すこともできない。それ故にクラピカ曰く、「行動が読めない点が厄介」とのこと。

あくまでも念獣は自発的に行動する模様。

○守護霊獣の見た目の特徴

(ハンターハンター33巻)

宿主の力を借りて具現化される寄生型の念獣タイプため、カキン王子に取り付く守護霊獣たちの全てはカキン王子たちの性格や特徴が見た目に反映。

例えば、現在のカキン国王であるホイコーロの守護霊獣は画像のようなデザイン。能力の詳細は不明であるものの、おそらく子沢山から何となく予想はされますが、とりあえず「グロテスク」としか言いようがありません。カラー画像だとより醜悪(笑)

カキン継承戦では王子たちが殺し合うわけですが、最終的に遺体を棺桶に入れて一つの場所に集める。そして、最終的に生き残ったラストのカキン王子にパワーやオーラを全集中させて更に覚醒するらしい。

ということで本題。カキン王子たちの守護霊獣をチェックしてみましょう。一体どんな性格がデザインをしているのか。

第1カキン王子…ベンジャミンの守護霊獣【生存】

(ハンターハンター35巻)

まず、第1カキン王子の「ベンジャミン」の守護霊獣は、さながらエイリアンといった風貌。ムキムキの筋肉や鋭い爪などかなり攻撃的っぽい守護霊獣。羽らしきものも確認できるので飛行も可能か。

現時点で第1カキン王子の守護霊獣の詳細は不明。

○第1カキン王子・ベンジャミンの念能力は「継承」

(HUNTERxHUNTER373話 冨樫義博/集英社)

ただし、第1カキン王子・ベンジャミンの念能力は「ベンジャミン・バトン(星を継ぐ者)」と判明。まさかのダジャレ。

ベンジャミンに忠誠を誓った私設兵が死ぬと、その私設兵の念能力がベンジャミンに継承される。その度に手の平に☆マークが刻まれていく。そのため、どうやらベンジャミンが所有している念能力の全てが「元私設兵のもの」らしい。

○第1カキン王子は「武闘派マフィア」

(ハンターハンター35巻)

このベンジャミンの性格は独善的で直情的。

自らの信念を第一に動き、常にゴールには最短で向かう合理的かつ強欲。そしてカキン王国長兄ということも相まって、至ってプライドが高い。そのため些細な妥協は許さず、怒りに満ち溢れた表情ヤバすぎ。

カキン王子の序列は顕著で、とにかく第1王子・ベンジャミンの権力は絶大。そのため今回のカキン継承戦では「各王子たちを守る」という名目のもと、自らの私設兵たちを王室警護兵として派遣(実際にスパイ活動+破壊活動を同時に目論む)。

また、この私設兵自体からして強者揃いのため、ベンジャミンの実力は今までの『ハンターハンター』の中でもかなり強い部類に入るかも。実際、ベンジャミンはライオンを絞めころすほどの実力者だってんだからヤバスギぃぃぃ。

ただベンジャミンは他者からのアドバイスが理路整然と正しいと思えば、それが部下であるボディーガードの指摘であっても柔軟に受け入れる素地もある。ボディーガード・バルサミコ曰く、「まだまだ途上であるカキン王国を更なる大国に導けるのは剛柔相備わる彼唯一人」と絶賛。

そのため今回の「カキン王子継承戦」においては、ベンジャミンと後述する第4王子・ツェリードニヒがメインの軸となりストーリーを展開させていくことになりそう。

第2カキン王子…カミーラの守護霊獣【生存】

(HUNTERxHUNTER36巻 冨樫義博/集英社)

続いて、第2カキン王子の「カミーラ」の守護霊獣。このカミーラの守護霊獣は巨大なイソギンチャクのような風貌をしており、そこから毒かなにかを放出するのか。どうやら守護霊獣本体は頭頂部に鎮座している「何か」らしい。

一応、現段階で判明してる情報としては、第2カキン王子の守護霊獣は「操作系の強制型」ということ。何かしらの条件を満たすことで相手の行動を強制的に操ることができる守護霊獣らしい。

ちなみに、カミーラの一人称は「カミィ」。全ての物事が自分の思い通りに動かないことが嫌な典型的なワガママ娘。前述のベンジャミンに対しても臆せず面と向かって痛罵する胆力の持ち主。いや、単なる怖いもの知らずのアホか。

○第2カキン王子・カミーラの念能力は「自爆」

(HUNTERxHUNTER373話 冨樫義博/集英社)

でも、こう見えて実は第2カキン王子・カミーラは念の使い手。「100万回生きた猫(ネコノナマエ)」というカウンタータイプの能力者で、いわゆる「死後に強まる念」を応用した強力な必殺技。

ちなみに前者の名前は「ループものの絵本」で、後者は欅坂46のCDタイトルが由来。

このネコノナマエはカミーラの死後、自動的に発動して敵を握り潰す。この敵の体液やオーラ(命)と引き換えに、カミーラは蘇生を果たす。またカミーラは絶でオーラ0状態で敵と対峙することで、更に猫の強さは倍増。

カミーラの絶対的な自信があるからこそ成立する念能力であり、また敵を挑発する上で尊大な性格と振る舞いとの相性も抜群。ただし相手から攻撃されないと何もできないため、この念能力の仕組みを知られれば太刀打ちできないのが難。

第3カキン王子…チョウライの守護霊獣【生存】

(HUNTERxHUNTER36巻 冨樫義博/集英社)

続いて、第3カキン王子の「チョウライ」の守護霊獣

どこか真実の口のような雰囲気を漂わせるデザイン。当初はルーレットか何かを思わせましたが、この守護霊獣の口からは「具現化されたコイン」が落ちてくる。そして、コインの所有者が複数の条件を満たすことで、何かしらのことが複数発生する模様。

そのため第3カキン王子も「何も分からんと同義だな」と発言してるように、現段階ではかなり詳細がフワッとしてる守護霊獣。第5王子・ツベッパ曰く、チョウライの浪費家の性格が反映された守護霊獣か。

ちなみに、チョウライの私設兵には念能力者はおらず。念能力もカキン継承戦が始まってようやく知るほどであり、どうやら戦闘タイプのカキン王子ではない。雰囲気的にカキン王子継承戦で勝ち残るのは難しい気はしますが、見た目通り頭の回転が速いためどこまで健闘できるか。

第4カキン王子…ツェリードニヒの守護霊獣【生存】

(ハンターハンター35巻)

続いて、第4カキン王子の「ツェリードニヒ」の守護霊獣。筋骨隆々の四足歩行人面馬。足を見ると後ろ足はハイヒールに対して、前足は鋭い鉤爪。守護霊獣の顔を見ても分かるように、ツェリードニヒの「性癖」が露骨に現れている模様。

(HUNTERxHUNTER35巻)

しかも第4カキン王子・ツェリードニヒの守護霊獣の顔の中には、更に別の女性の顔があるなど、まさに悪趣味の塊。この口内にいる人間は、どうやら生首状態のクラピカの親友という考察も。

この第4カキン王子の守護霊獣の能力は「ツェリードニヒに嘘を付いた人間を異形のものに変える」こと。一度目はかすり傷を付けてマーキング。そして、この状態で嘘を付いた場合は傷が更に広範囲に広がり、二度目は「言葉で警告」を放つ。

それでもツェリードニヒに嘘を付いた場合は「何らかの異形」に変化させて、どうやら未来永劫奴隷のように扱う守護霊獣らしい。嘘付き女が嫌いという性格が見事に反映。他のカキン王子もそうですが、「仲間を増やす」というのが守護霊獣の大きな目的らしい。

○第4カキン王子・ツェリードニヒは念能力の天才

(HUNTERxHUNTER384話 冨樫義博/集英社)

そして、この第4カキン王子・ツェリードニヒは念能力の天才。念の系統はいわゆる超特質系。水見式で試すと水がボコボコに腐る。内包してるオーラ量もハンパなく、左の念獣も自然と発現されており、右の守護霊獣に負けず劣らず非常に禍々しい。

「オレが国王になったら先ず国民を使えるゴミと使えないゴミとに分ける」と発言してることからも、ツェリードニヒは自分以外は全ての人間をゴミクズとしか認識してない。だから守護霊獣の性格も含めて、色んな意味で戦闘能力がかなり高いと推察されます。

意外とベンジャミンと同様に肉弾戦にも長けてそうな細マッチョな上、果たしてクラピカは緋の眼を取り戻すことができるのか。きっと幻影旅団も絶滅させられる強さすら十分兼ね備えてるカキン王子。

詳しい詳細は【ハンタ考察】ツェリードニヒが最強すぎてヤバイwも参照。

第5カキン王子…ツベッパの守護霊獣【生存】

(HUNTERxHUNTER36巻 冨樫義博/集英社)

続いて、第5カキン王子の「ツベッパ」の守護霊獣。戦車とカエルを合体させたようなデザインですが、戦闘能力は高そうな低そうな何とも微妙な印象。

第5カキン王子の守護霊獣の能力は「体内で様々な薬品を生成」することができる。ただし、生成するための発動条件には「共同研究者が必要」になるらしく、ツベッパの科学者という職業が色濃く特性に反映されてる守護霊獣。

どう考えてもカキン継承戦では役に立たなそうなタイプですが、今後のストーリーでは副次的に貢献しそう。前述の第4カキン王子・ツェリードニヒで奴隷化させられたキャラを復活したり、ハンター協会員として派遣されてるセンリツの症状を改善させるなど。

ちなみに第5カキン王子・ツベッパは女性かと思いきや、性別は男性。また意外と野心も強く、ツェリードニヒに対して第1カキン王子などの粛清を持ちかけるほど割と残酷な一面も覗かせる。

第6カキン王子…タイソンの守護霊獣【生存】

(HUNTERxHUNTER36巻 冨樫義博/集英社)

続いて、第6カキン王子の「タイソン」の守護霊獣。ハート型の念獣が本体ではなく、どうやら周辺に漂っている虫(目玉ジャクシ)が守護霊獣の核らしい。クラピカ襲撃時にも地味にタイソンの守護霊獣たちが登場してるのでご確認あれ。

第6カキン王子の守護霊獣は「目玉ジャクシが付いた宿主に幸福を与える」ことができる能力。ただし、宿主は目玉ジャクシから一定程度のオーラを吸い取られ続け、また宿主も第6カキン王子から「タイソン教典を受け取った者」に限られる。

タイソン教典の信仰度によって幸福の度合いも変化するが、逆にタイソン教典唯一の「禁忌」を破ってしまうと厳しい罰が反動として下ってしまう。ちなみにタイソン教典は西野カナ…もといニシナカーナの歌詞のパクリとか。

おそらくLOVEを説いたタイソン教典で第6王子そのものも独占欲が強そうなので、きっと「第6カキン王子の前で女とイチャつく」とかそんなレベルの他愛もないルール違反か。

第7カキン王子…ルズールスの守護霊獣【生存】

(HUNTERxHUNTER36巻 冨樫義博/集英社)

続いて、第7カキン王子の「ルズールス」の守護霊獣。さながら太古にいたであろう生物を思わせるデザイン。

この第7カキン王子の守護霊獣は「ターゲットの欲望を具現化し、その欲望が満たされることでターゲットを操作できる能力」らしい。あくまでターゲットの行動が発動条件に必須のため「半強制型」にカテゴライズされた操作系。

現時点で、どこまでターゲットを操作できるのかなどの詳細は不明。ただし、「罠を張る」という発動条件が実はシビアのため、意外と強い守護霊獣の可能性も。

この第7カキン王子・ルズールスは元クラピカの仲間だったバショウとつるみ、カキン王子継承戦では第5王子・ツベッパに付こうと画策中。決して強くはなく志もないものの、意外と頭は回りそうなカキン王子。それでもカキン王子継承戦でどこまで結果を残せるかは不明。

第8カキン王子…サレサレの守護霊獣【死亡】

(HUNTERxHUNTER35巻)

続いて、第8カキン王子の「サレサレ」の守護霊獣。やたらと口から液体を吐き出しており、「口=言葉」というイメージから相手を騙したりする操作系の能力か?というドル漫の考察はやや当たり。

第8カキン王子の守護霊獣は「煙を吸い込んだ人間を操る」ことができる能力。いわゆるハーレムを目論んだ守護霊獣であり、ヤリチン王子の特性が如実に現れた守護霊獣。まさに守護性獣。

この煙を吸い込んだ人間は、第8王子に対する好感度が徐々にアップしていく。ただし、効果範囲は半径7メートルとまずまず広範囲だが、完全に支配するまでに私設兵で半日かかるなど、その分だけ即効性には欠ける。

しかしながら、一定程度の煙を吸い込んだ者の頭上には、第8カキン王子の守護霊獣の分身が発生。さながらウイルスを伝播するキャリア(保菌者)のように、どんどん第8カキン王子の煙は爆発的に拡散していく。

しかしながら第1王子の私設兵の念能力「プレデター(異邦人)」によって、第8カキン王子・サレサレは死亡済み。サレサレ自体が王位継承戦には全く興味がなく、おそらくホリエモンあたりをモチーフにしたのか。

第9カキン王子…ハルケンブルグの守護霊獣【生存】

(HUNTERxHUNTER382話 冨樫義博/集英社)

続いて、第9カキン王子のハルケンブルグ」の守護霊獣。さながら一ツ目鬼といった極悪風のデザイン。

ハルケンブルグそのものは至って、まともなエリート官僚といった人間(安倍総理の犯罪に手を貸す日本の官僚と違って)。そのため第9カキン王子は歯に衣着せぬ王宮批判を行うなど、バカげたカキン継承戦を止めるように父・ホイコーロ王に直談判を行う。

最終的に自死を選ぼうとするものの守護霊獣が弾丸を間近でストップして以降、ハルケンブルグの意志は固まる。もうカキン継承戦から逃れられないと判断し、敢えてカキン国王になることで平和を達成することを決意。

ハルケンブルグはツェリードニヒの実力を買っており、パット見の性格などには流されない確かな目を持ってる点からも、非常にポテンシャルの高さを感じさせるカキン王子。クラピカも清廉潔白な性格と能力の高さを買ってた点からも明白か。

実際、「意外なダークホースになりうる」というドル漫の考察は当たり。

○守護霊獣の中ではまさに最強のオーラを誇る?

(HUNTERxHUNTER36巻 冨樫義博/集英社)

実際、ハルケンブルグの守護霊獣はヤバイ。

「羽根のデザイン」が刻印された者同士(主に私設兵)がハルケンブルグの元に集まることで、ハルケンブルグのオーラ量が増える強化系の能力を持つ。そして、死者への祈りを捧げるといった統一的な言動を取れば、更にオーラの量が格段に跳ね上がるのも特徴。

膨大なオーラ量は船内全体を震わせるほどの鳴動を生むレベル。人望に篤いハルケンブルグのキャラクター性も相まって、カキン継承戦では第一王子ベンジャミンすら一撃で粉砕しそうなほどの強さを持つ。

そしてカキン継承戦で戦うと覚悟を決めちゃ直後に発動した、ハルケンブルグの念能力は「絶対不可避の操作系」。この膨大なオーラ量を使用して、あらゆる防御も貫く矢を放つ。そして、その矢に刺さったものは問答無用でハルケンブルグの私設兵の魂と入れ替わる。

第10カキン王子…カチョウの守護霊獣【死亡】

(HUNTERxHUNTER383話 冨樫義博/集英社)

続いて、第10カキン王子の「カチョウ」の守護霊獣

後述する第11カキン王子のフウゲツとは血の繋がった姉妹。本来は大の仲良しではあるものの、対面的には犬猿の仲を装う。何故ならカキン継承戦で何かが起きた場合、ボディーガードたちがフウゲツに集まりやすくするため、まさに「憎まれ役」を演じる健気な少女。

ボディーガードを担当してるセンリツはカチョウの狙いを見抜き、その後バックアップの体勢を取るが、最終的にフウゲツと船外に脱出しようと試みようとした結果に死亡。しかしながら、第10カキン王子・カチョウの守護霊獣は「死後に発動する念」だった。

カチョウの「2人セゾン(キミガイナイ)」と呼ばれる守護霊獣は「死後に自身の分身を作って相手を死ぬまで守る」という能力。ハンタ作中の解説を読む限りは、逆に第11王子・フウゲツが死亡していた場合、この分身は逆になっていた模様。

ただし、どちらも戦闘力に劣ったカキン王子のため、この守護霊獣が果たしてどこまで意味があるのかは…。

第11カキン王子…フウゲツの守護霊獣【生存】

(HUNTERxHUNTER36巻 冨樫義博/集英社)

続いて、第11カキン王子の「フウゲツ」の守護霊獣

第11カキン王子・フウゲツの守護霊獣は「ドア」。どこからともなく出没したドアを開けてトンネルの中を進んでいくと、第10王子・カチョウの場所まで届けてくれる。さながらワープホール的な守護霊獣の能力。

他のカキン王子と比べても霊獣感は少なく、おそらく「カキン王子自身で見ることができる唯一の守護霊獣」なのかも知れない。そのためフウゲツ本人はこの守護霊獣を何かしらの「魔法」だと思っている様子。

ただしフウゲツのオーラ量が少ないのか、一日に何度も発動はできない。おそらくフウゲツのオーラ量によって移動距離も左右しそう。まさに第10カキン王子の守護霊獣も含めて、まさに二人で一つの能力。

この第11カキン王子・カチョウは意外と分析力に長けており、今後地味にハンターハンターで活躍しそうなカキン王子。大好きなカチョウのために奮闘するんですが、フウゲツ本人が死亡の事実を知らないのが泣かせます。

第12カキン王子…モモゼの守護霊獣【死亡】

(HUNTERxHUNTER35巻)

続いて、第12カキン王子の「モモゼ」の守護霊獣。巨大なゆるキャラのような風貌。カキン継承戦が始まった直後、クラピカや第14王子たちを襲った念獣こそが、このモモゼの守護霊獣なので覚えてるハンタ読者も多そう。

第12カキン王子の守護霊獣は「操作系」の能力。「おヒマですか?」と尋ねて「ヒマ」と返答してしまうと、その相手の行動を制御できるようになるというもの。発動条件がゆるい割に、思いのほか強力な能力か。

ただし、モモゼは編み物好きの少女だけあって、体力的には守護霊獣の発動時間は長続きしない。やはりカキン王子の序列順によって、念獣(守護霊獣)の強さもそれなりに変わってきそう。

実際、既に第12カキン王子・モモゼたんは死亡済み。何故なら、護衛を担当していたハンゾウがショボすぎるから。一応、復讐は果たしたものの興味がある方は【ハンタ考察】ハンゾーの念能力&強さまとめも参照。

第13カキン王子…マラヤームの守護霊獣【生存】

(HUNTERxHUNTER36巻 冨樫義博/集英社)

続いて、第13カキン王子の「マラヤーム」の守護霊獣

前述のモモゼの実弟であり、現在はハンゾウとビスケがボディーガードを務めてるマザコンボーイ。そのためカキン王子継承戦では大きな影響は与えないかと思ったんんですが大間違い。

画像を見ても分かるように、第13カキン王子・マラヤームの霊獣は見た目通りに強そう。実際ハンゾウが対峙した時に臆するほど。マラヤームの精神状態に守護霊獣の見た目や強さは左右されており、特に姉モモゼが亡くなってからの守護霊獣のは更に凶悪化。

(HUNTERxHUNTER36巻 冨樫義博/集英社)

この第13カキン王子の守護霊獣の能力は「隔離」。どうやら部屋と廊下など「一定の空間を一時的に隔離」することができる。姉・モモゼが殺害されたことで「防衛本能」的な部分がより強まった能力かも知れない。

どこまで強いのか、他にもどういった攻撃方法があるのかは判明してませんが、この第13カキン王子の守護霊獣も意外と伏兵になりそう。

第14カキン王子…ワブルの守護霊獣【生存】

ラストの第14カキン王子の「ワブル」の守護霊獣は未だに不明。クラピカが護衛してるカキン王子ですが、女の子の赤ちゃん。どう考えても継承戦に参加できるはずがありませんが、果たしてワブルの守護霊獣がどう守ってくれるのかが楽しみ。

ちなみに一番最凶の課金王子は冨樫義博。そして、この冨樫義博の守護霊獣は「キュウサイ」らしいです。

カキン王子に取り憑く守護霊獣一覧まとめ

以上、ドル漫による『HUNTERxHUNTER(ハンターハンター)』のカキン王子と守護霊獣の一覧まとめでした。

おどろおどろしいデザインのものから、可愛らしいものまで幅広い守護霊獣が存在しましたが、全体的には守護霊獣は「攻撃的なデザイン」を思わせるものが多かった。そのため守護霊獣たちは「カキン王子周辺の人間を攻撃していく」と基本的に考えるべきというドル漫の指摘は当たり。

当初想像したよりもカキン王子たちは強く、今後のカキン継承戦は幻影旅団も含めて、非常に血なまぐさい展開に発展しそう。個人的にカキン王子は幻影旅団より強いかも?と考察しており、興味があれば【最強】ハンターハンター強さランキングまとめも参照。

また現在カキン継承と同時に幻影旅団はヒソカと鬼ごっこしてる最中であり、【ハンタ考察】ヒソカの船内の居場所まとめ【正体】サイレントマジョリティーの真犯人まとめなども徹底考察済みなのでどうぞ。