【画像あり】カキン王子と守護霊獣まとめ【HUNTERxHUNTER】

スポンサーリンク

この記事は『ハンターハンター(HUNTERxHUNTER)』のカキン王子14名と、その守護霊獣たちについてまとめたいと思います。順番的はカキン王子の序列順(年齢順)になります。だから序盤のカキン王子とクラピカが護衛してる最後の王子以外は適当にスルー推奨か。

ちなみに「守護霊獣との関係性」に重きを置いてる考察記事なので、カキン王子それぞれの詳細についてはそこまで掘り下げてませんのであしからず。また現時点の『ハンターハンター(HUNTERxHUNTER)』では守護霊獣が判明してないカキン王子もいます。

そもそも守護霊獣とは?

まずカキン王子と守護霊獣の関係性に入る前に、そもそも「守護霊獣」とは何なんだ?という基本的な部分からおさらいしたいと思います。

守護霊獣を簡単に説明すると、カキン王子たちを守る「寄生型の念獣」のこと。カキン王家に代々伝わる壺中卵の儀(自らの血を一滴注ぎ、壺の中に手を入れる)を行うことで念獣が発現。ちなみに壺は初代カキン王が具現化したと言われます。

この守護霊獣たちには独自のルールがある。

例えば守護霊獣同士でが攻撃し合わないし、守護霊獣が取り憑いたカキン王子たちを攻撃することもしない。ホイコーロ王曰く、守護霊獣は「後方支援に長けてる」らしく、あくまでカキン王子たちのサポートに徹するだけ。

でもこれを逆に言えば、カキン王子たち以外の人間に関しては問答無用で攻撃すると解釈可能。周囲の人間を攻撃することで、自分が取り憑く王子が有利に働くように画策すると考えられます。

またカキン王子は守護霊獣そのものを見ること不可能(王子が念能力者であっても視認不可)。つまりカキン王子自ら守護霊獣に何か具体的な命令を下すこともできない。それ故にクラピカ曰く、「行動が読めない点が厄介」とのこと。あくまでも念獣は自発的に行動する模様。

(ハンターハンター33巻)

ただ寄生型の念獣は宿主の力を借りて具現化されるため、今回の場合はカキン王子たちの性格や特徴が影響を及ぼしてる。例えば現カキン王であるホイコーロの守護霊獣は画像のようなデザイン。もうグロテスクとしか言いようがありません(笑)

じゃあ果たして、カキン王子たちの守護霊獣はどんな風貌をしているのか?…というのがこの考察記事のメインになります。先程も言いましたが、王子の序列順にまとめてます。