【2020】ハンターハンター最強ランキングTOP31 徹底考察まとめ【強さ議論 最新番付】【HUNTERxHUNTER】

少年ジャンプを代表する人気バトル漫画が『ハンターハンター(HUNTERxHUNTER)』。度重なる休載も相まって連載から既に20年以上が経過しておりますが、それでもなおハンターハンターは少年ジャンプで第一線級の人気を誇っております。

42f819dfefd3eebaa722cf0bd3eeb06e 359x370

(HUNTERxHUNTER22巻 冨樫義博/集英社)

そこで今回ドル漫では「ハンターハンターに登場するキャラクターの強さランキング」を徹底的に考察してみた。わりとド定番のネタではあるものの、改めて筆者ドルジが最新版の最強ランキングを考察したいと思います。

ツェズゲラ…ハンターハンター強さランク31位

d43d4b4a8676bff519dba01fbc823a0a

(HUNTERxHUNTER13巻 冨樫義博/集英社)

まず最初のハンターハンター強さランキング31位は「ツェズゲラ」。見た目はドラゴンボールのダーブラっぽい懸賞金ハンター。基本的に仲間のドッブルやバリーと共に集団で常に行動しているリーダー格のオッサン。

当初はグリードアイランドに入島するために主人公のゴンやキルアを審査する立場にあったものの、「確実な仕事の成功」にこだわる余りに戦闘力は気付くと退化。いつの間にか自慢だったオーラの強さでもゴンやキルアに追い抜かれてしまった。

オーラを活かした驚異的なジャンプを見せてゴンとキルアにドヤるものの、即座に自分より遥かに高くジャンプされてしまったのは悲しい思い出。しかも既にこの時点でゴンたちにとってツェズゲラは眼中にナシ。そのためツェズゲラは別名「ジャンプおじさん」と呼ばれることも。

ハンターハンターのツェズゲラは、さながらドラゴンボールのヤムチャ枠。最初は強キャラっぽく登場したものの、ストーリーが進むに連れて「弱キャラ」として定着してしまった感があります。口だけは威勢がいいタイプ。さながら中国韓国経済が崩壊etcなど主張しちゃうネトウヨの匂いも漂います。

ただし、もちろんツェズゲラさんは一応曲がりなりにも一つ星ハンター。そのため念能力の経験値や頭脳明晰っぷりはハンターとしての有能さを物語りますが、こと戦闘力の強さに関してはハンターハンターの中でも下位にランクされそう。

ゴレイヌ…ハンターハンター強さランク30位

7a39f87dc27973c3ec5499ae908c5b8c 408x370

(HUNTERxHUNTER16巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング30位は「ゴレイヌ」

ゴレイヌはグリードアイランド編で一時的にゴンたちの仲間に加入したオジさん。レイザーとのドッジボールバトルでは、ゴリラの「念獣」を2体生み出したことで有名。ご存知のように、意外と「生き物」を具現化するためには念のセンスやオーラ量が必要。

しかも自由自在にゴリラを動かすだけではなく、ゴレイヌはしかもゴリラと自分の位置を瞬間的に転換させることも可能。さながら瞬間移動。そのためゴレイヌの技は汎用性に優れ、実は相当な手練の念能力者とネット上では考察されることも。

またチームで動いていたツェズゲラと違って、ゴレイヌは完全に単独プレイヤー。グレードアイランドを一人で攻略する能力を考えると、頭脳以外にも単純な戦闘力の高さも裏打ちされます。そのためツェズゲラよりも強いとゴレイヌを評価してみました。

ただし、ゴレイヌの念能力は「だから何?」という域を超えない。確かに必殺技としては複雑な技量が求められるためゴレイヌの念能力者としての腕前は評価できますが、ゴリラの分身能力そのものはバトルや戦闘でそこまで活躍しないでしょう。

実際レイザーに瞬殺されており、ネット上にあふれてる「ゴレイヌ最強説」は少なくとも完全なるネタ。

キメラ=アント…ハンターハンター強さランク29位

続いてのハンターハンター強さランキング29位は「キメラ=アント」

キメラアントは「暗黒大陸」から流れ着いてきたという謎の生き物。キメラアントはモブキャラであっても、体表が非常に固い。そのためゴンの念パンチでも当初は致命的なダメージを与えられなかったほど。そこらへんのプロのハンターでも歯が立たないほど強い。

ただし、キメラ=アントは知能が低く、理性にも欠ける。最低限の人間の知性は残るものの、基本的に賢くないため強さの面でやや伸びしろに欠ける。五大厄災と比較しても危険度は低く、ハンターハンターの話が進むにつれて相対的に平凡化していくか。

もちろんキメラアントにはピンからキリまでいるため、各々のキャラクターの強さを一括りで評価するのは一概には難しいんですが、それでも全体的には平凡か。逆に言うと、ハンターハンターの最強ランキングでは「キメラアントを一つの大きな基準や標準木」として使用すると分かりやすくなるか。

ということで、今回のハンターハンター強さランキングでは「キメラアントには最低でも勝てそうな強さのキャラクターのみ」を選出してみたいと思います。例えば、トンパといった明らかに弱いキャラなどは除外します。

ゾルディック家執事…ハンターハンター強さランク28位

続いてのハンターハンター強さランキング28位は「ゾルディック家の執事たち」

5f3083f35c5ecb374ec92517651b0fa1 452x430

(ハンターハンター31巻 冨樫義博/集英社)

まずゾルディック家の執事と言えば「ゴトー」。ハンターハンター初期に登場したゼノ直属の執事長。ことあるごとにゴンたちと衝突したものの、キルア愛が止まらないゾルディック家の執事。コインをオーラで飛ばす念能力を使用。

eeb77cc88e6dcb0bdce880ada4e22d41 500x398

(ハンターハンター31巻 冨樫義博/集英社)

例えばシルバが最も信頼を置く直属の執事にはツボネとアマネがいました。ゾルディック家では各々別々に執事を抱えており、他にもイルミやミルキ、キキョウにもそれぞれの執事が存在しそう。

やはりゾルディック家は暗殺一家。ゾルディック家の執事とはいえ、常に戦闘力の強さを求められ、門番のムキムキマッチョの雑用係のオジサンも懐かしい思い出。なんとかキメラアントのモブ敵には勝てそうな強さは持ってるか。

前述のツェズゲラの言葉を借りるのであれば、ゾルディック家の執事は「戦闘における心構えが異なる」はず。少なくとも、戦いの場数は安全志向が強すぎるツェズゲラとは歴然たる違いがありそう。とはいえ、「ゾルディック家の執事が全員強いか?」と問われると微妙か。

例えば、ナニカに殺された女性執事を筆頭に「非戦闘員の執事」もゾルディック家ではそれなりに多いはず。もしシングルハンタークラス(ツェズゲラ)並に強い執事がゴロゴロいるとしたら、さすがにチートすぎる。むしろ大半のゾルディック家の執事の強さはツェズゲラ以下と考えるべきでしょう。

実際、ツボネの念能力にしても「乗り物」に変身するなど暗殺に特化したものではありませんでした。やはり強さランクでも自ずと限界は見られそうです。

d-manga.net

ハンター試験の試験官…ハンターハンター強さランク27位

1cfb697ee3e1e97a462b285f938003db

(ハンターハンター1巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング27位は「ハンター試験の試験官」

画像はハンターハンター1巻に登場したサトツ。ヒソカのトランプ攻撃をいとも簡単に防いだ場面。他にも美食ハンター・メンチも割と強いシングルハンターでした。年齢も拳で抵抗したがる21歳。若さの面でもツェズゲラより強い可能性がありそう。

ハンター試験は危険が伴うことが当然多い。そういった場面で他人を評価するには、相応の戦闘力や強さを伴ってないことには不可能。ハンター試験の試験官の強さはプロハンターの中でも実力上位ばかりと予想されます。

一方、「総合的な戦闘力」という点で考えると、我ながらやや過小評価しすぎましたが、ツェズゲラも決して弱くはないはず。豊富な経験値はバトル面でも優位に働くはず。ツェズゲラは腐ってもシングルハンター。功績ではモラウと同じ。

やはりハンター試験以上に危険なグリードアイランドを8割方攻略した強さは本物。そのためツェズゲラを少しディスった強さランクになりましたが、ここらへんのキャラの実力差は言っても大差ないかも知れない。

陰獣…ハンターハンター最強ランキング26位

続いてのハンターハンター強さランク26位は「陰獣」

陰獣は世界のマフィアを仕切る元締めの大ボス(十老頭)が抱える直属の実行部隊。十老頭がそれぞれ持ち寄った最強の武闘派の戦闘員10名によって構成されている武装集団。主に暗殺の命を担う。

しかしながら、陰獣はかなり仰々しく登場したものの、幻影旅団の噛ませ犬としてあっさり敗北したキャラクターとして有名。それでも走行中の自動車に飛び乗って攻撃を仕掛けるなど、やはり戦闘力は高そう。ウボォーギンの肉体に傷をつけるなどそれなりの手練。

とはいえ、「武闘派」と謳う割に殺傷能力に特化した念能力は少なかった印象。能力の詳細が判明する前に全員死亡したため推測の域を出ませんが、ナックルたちの強さより見劣りそう。一応、「マフィアお抱えの武闘派キャラ」という設定を好意的に解釈し、ハンター試験の教官よりは強いと考察してみた。

d-manga.net

ナックル…ハンターハンター強さランク25位

続いてのハンターハンター強さランキング25位は「ナックル」

ナックルはモラウ直属の部下。ゴリゴリのヤンキーの見た目を象徴するように肉弾戦が得意。意外とスピード主体の殴り合いでは、ゴンですら全く歯が立たないほど。また相手の動きを読み切る力にも長け、キメラアントのヂートゥ戦では最大限の強みを発揮。

ただし、ナックルのあくまで念能力・ポットクリンの種類は「具現化系」にあたる。

ポットクリンは最終的に成功すれば相手の念能力を完全に奪うものの、相手のオーラ量に依存するため強敵相手だと苦戦を強いられることもしばしば。殴り合いが前提の念能力のため、最終的に成功しないことも多そう。

またポットクリンは距離にも依存するため逃げられると辛い。もちろん敵の居場所を把握する能力は備わるものの、あまり相手を仕留めるという特徴はない。またナックルの性格も感情的でやや突発的な行動が目立つ。

そのためナックルを細かく評価していくと強さランクではマイナス面も目立つキャラ。

シュート…ハンターハンター強さランク24位

1c143e649fd4f1f28304f0c294205672 495x430

(ハンターハンター25巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング24位は「シュート」

シュートも同様にモラウ直属の部下。大量の拳を操作して攻撃するのが特徴。片腕がない状態でもキルアを肉弾戦で圧倒するなど、ハンターハンターのキャラの中でも基礎的な戦闘力が高いのも強み。

当初はナックルとは反して性格は臆病だったが、王直属護衛軍のモントゥトゥユピー戦でシュートは覚醒。大量に操作する拳の一つの上に乗ることで、シュートはさながら空中移動も自由自在に可能となった。

一方、念能力の「ホテルラフレシア」は一定ダメージを与えたら相手そのものを捕縛することが可能。ダメージが一部分であっても機能(目を攻撃すると視力を奪う)を奪えるため、サポート能力の面でナックルのそれより実は優れる。

シュートは戦ってる最中にリアルタイムで敵を弱体化させられるのに対し、ナックルは最終的に念能力を奪うまで敵を弱体化させることはできない。最終的に肉体そのものも捕縛できる点で、シュートの方が最強ランキングでは勝ると評価。

パーム(キメラver)…ハンターハンター強さランク23位

06641eb59c382b7c7c353e5799541a9b 376x430

(ハンターハンター28巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング23位は「パーム」

パームはノブの直属の部下。パームの念能力「暗黒の鬼婦神」は自身の髪の毛を身にまとって武装。攻撃力以外にも防御力を高めることも同時に可能。パームの肉弾戦の強さはキルアを圧倒し、オーラで固く防御してもダメージを食らうほど。

パームはもともと強化系。そのため他の3人と比べると、念能力と戦闘スタイルの相性が最も良い。逆にナックルの念能力は自身の能力を強化するものではないため、やはりナックルの強さはやや見劣りしそうです。

またパームは「千里眼」の念能力も併せ持つのも強み。ナックルはポットクリンを付けた相手の居場所しか把握できないものの、パームの千里眼の能力は自らの血を使うだけと制約は軽い。女性キャラですが無難に強く、念能力の汎用性にも優れる点も最強ランキングでは評価。

ただし、あくまで「キメラアント化されたバージョン」に限りそう。それ以前のパームの強さはおそらくナックル以下と平凡レベルか。キメラアントの能力が付加されてる点でも、パームの強さはもう少し上位ランクでも良いかも知れない。

d-manga.net

カストロ…ハンターハンター最強ランキング22位

f182d23d0da1a94415f06dd4fc3f455d 481x430

(ハンターハンター6巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング22位は「カストロ」

カストロとは天空闘技場で登場した「虎咬拳(ここうけん)」の使い手。虎咬拳は掌を虎の牙や爪に見立てて敵を裂く拳法。達人まで極めると大木を真っ二つする威力を持つとされます。実際、カストロはヒソカ相手に腕をもぎ取ったことも。

一方、カストロの念能力は「分身」。自らとそっくりのドッペルゲンガーを戦闘中に操作し、相手を撹乱させる技を使ってヒソカを苦しめる。ただし、最終的に「メモリ容量(オーラ)のムダ使い」とヒソカに揶揄されて敗北したキャラとして有名。

曲がりなりにもヒソカの腕を千切った功績は大きい。カストロの基礎的な戦闘力は高く、念能力の使い方の下手さは批判されつつも、曲がりなりにも分身能力が「必殺技として成立」。カストロのオーラ容量はそれなりに多いはず。

また「分身」の能力もドッペルゲンガーを犠牲として使えば、本体に攻撃させないことも可能。例えば、ナックルのポットクリンやゲンスルーのリトルフラワーも分身に攻撃させて回避させることも可能なのではないか?カストロの強さはハンターハンターの中でも意外と再評価できそう。

ヒソカがどちゃくそ強いことを踏まえると、相対的にカストロの強さも良い意味で際立ちそう。ナックルたちよりは強いと個人的に評価。

ゲンスルー(ボマー)…ハンターハンター強さランク21位

9a2ff41ab4488d656d164d5fb308918a 358x370

(HUNTERxHUNTER15巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング21位は「ボマーことゲンスルー」

ゲンスルーはグリードアイランドで登場した敵キャラ。当初は弱いキャラを装っていたものの、グリードアイランド内で効率的にカードを集めるための仮初め姿。裏ではボマーとしてプレイヤーを次々と暗殺していた男。常に行動を共にするサブやバラといった仲間も非常に強かった。

ゲンスルーの強さより見劣りしそうですが、サブはキルア並の身体能力に加えて、キルアを遥かに上回るオーラ量を蓄えていた。一方、バラもビスケ(少女風)の攻撃に耐えたほど。ゲンスルーも最終的にゴンに負けましたが、ゴンの捨て身による要素が強いためあまり参考にはならないか。

ゲンスルーの念能力「リトルフラワー」は手の平で掴んだものを爆破させ、相手の腕が吹っ飛ぶほどの威力がある。一方、オーラの性質を変化させ爆破させるだけではなく、同時にオーラで守る離れ業を行うなど圧倒的なオーラ量を誇るキャラ。

一方、変化系が苦手とされる放出系と具現化系のジャンルを幅広く使いこなすなど、念能力全般の扱いに長けてる or オーラ量の多さも強み。身体能力も高くて肉弾戦にも長ける上、戦闘経験値と戦況を把握する力も優秀そのもの。ツェズゲラ程度の強さでは逃げ惑うしかなかった。

ただし、「掴まないと攻撃できない」という点が微妙。

ゲンスルーよりフィジカルが強い敵キャラクターと戦った場合、素直に掴ませてくれるかはいささか疑問が残ります。ゴン戦を筆頭に掴ませないように回避することは可能な上、仮に掴まれてもそこだけオーラで防御すればいいだけ。

またキメラアントの分厚い皮をリトルフラワーで粉砕できるかも微妙。ゴン相手でもオーラをまとえば防がれてる時点でお察し。そもそもリトルフラワーを使う際に自身の手を防御する専用オーラを別で必要とするなど、カストロと同じように実はムダも多い必殺技。

改めて考察すると「ゲンスルーは当初ほどの鮮烈な強さはない」のかも知れません。

d-manga.net

キメラアント師団長…ハンターハンター強さランク20位

4714b2832bfb3be4fc5fee7f253c8922 500x273

(ハンターハンター21巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング20位は「キメラアント師団長」

キメラアント師団長や兵隊長とは、キメラアントの中でもボスクラスの幹部キャラクター。通常のキメラアントと違って会話能力があり、知性も人間並に高い。身体能力の高さはモブキメラアントの数倍から数十倍以上の強さを誇る。

とりわけモブのキメラアントと違って、「多彩な念能力」を更に持つのが特徴。

そのためキメラアント師団長クラスの強さは、幻影旅団ですら無傷で倒すのは難しいレベル。おそらくゲンスルーのリトルフラワーで瞬殺するのは到底難しく、ナックルたちもギリギリ勝てるか勝てないかのレベルか。ハンターハンターでは「キメラアント師団長を倒せて一人前」と言えそう。

幻影旅団相手にそこそこ健闘してたため強さランクはやや高めに設定しましたが、ナックルの強さと比べてもそこまで差はないか。

ハンゾー…ハンターハンター強さランク19位

続いてのハンターハンター強さランキング19位は「ハンゾー」

ハンゾーは忍者の末裔。ハンターハンターの主人公・ゴンたちと同じタイミングでプロハンターになったおハゲ。当初はゴンたちを肉弾戦で圧倒するなど、ハンゾーは強キャラとして印象が残ってるハンター読者も多そう。ゴンの年齢には人も殺してるとか。

ただし、ハンゾーの気になる念能力ですが、結果的には意外とショボかったことが判明。ハンターハンターの最新話までを読む限り、どうやらハンゾーは戦闘に特化した強い念能力は持ち合わせていなさそう。正直期待外れの感は否めない。

カキン王子継承戦ではチョンボも見せ、圧倒的な身体能力もすでに現在のゴンやキルアに抜かれてる気配もプンプン。ハンターハンターではしばらく登場してなかったためハードルが上がってたのも手伝って、ハンゾーには特筆すべき強さはないか。

それでもハンゾーは「ゲンスルーぐらいには勝てるだろう」という希望的観測でランクイン。

d-manga.net

モラウやノブ…ハンターハンター強さランク18位

続いてのハンターハンター強さランキング18位は「モラウ」と「ノブ」

モラウとノブはキメラアント編で当時ハンター協会会長の「ネテロの片腕」として参戦してきたキャラクター。初対面のキルアが畏怖したように、モラウとノブはそれなりに強い。キメラアントの師団長クラス相手には余裕で圧勝できる強さを誇る。

ただし、モラウとノブが選ばれた理由は「ネテロの補佐的な役割」が強かった。モラウは「大量の煙」でキメラアントたちを撹乱し、ノブは「空間転移(ワープ)」の念能力を使ってキメラアントたちを大量に捕獲して閉じ込める。そこでネテロがとどめを刺すというルーティーンが展開されました。

そのため逆に考えると、どっちの念能力も最終的に敵にとどめを刺すという「決め手や決定打」にはやや欠ける。あくまで「役に立つ」という点では強いものの、結局最後は何を使って倒すの?という光景はあまり見えてこない。

もちろんどっちもチート級の念能力を誇るため、オーラの総量では相当量を持ち合わせてる。ノブはワープ術を使えば攻撃としても使えるなど、ナックルたちより強いことは確定。それでも純粋に戦闘能力が高い敵と殴り合いで叩けば、おそらくモラウやノブも為す術もなく負けそう。

強いて言えば、ブルって前線から逃げてしまったメンタルが弱いノブよりも、モラウの兄貴の方が相対的には強そう。あそこまで露骨に戦意喪失されちゃうと、もはや強い弱い以前の話。またネテロの全盛期の半分以下の強さという点でもマイナス評価。

d-manga.net

ゴンやキルア…ハンターハンター強さランク17位

続いてのハンターハンター強さランキング17位は「ゴン」と「キルア」

ゴンは『ハンターハンター』の主人公。キルアもほぼ准主人公に近い扱いのキャラクター。2人はハンター試験で出会って以降のマブダチ。ゴンは最強のハンターであるジンの息子。キルアは暗殺一家・ゾルディック家のエリート息子。

ゴンは圧倒的なオーラ量を誇る。強化系という念系統と相性バッチリの念パンチで倒せないキャラはほとんどいない。キルアは暗殺術と身体能力の高さが武器。またオーラを電撃に変える念能力は汎用性抜群。

とりわけキルアはイルミの針を取った覚醒後の強さは本物。電撃を利用した高速移動はハンターハンターでも最速クラス。またゴンはネテロに「ハンターとしての資質」でキルアよりも評価されるなど、やはり主人公としての伸びしろはハンター最強クラス。

幾度の修行や場数を踏んだこともあって、当初よりは相当強くなってるはず。最終的にモラウなどよりも単純な殴り合いのバトルでは強くなってるか。敢えて二人をランク付けするのであれば、通常の状態だとキルアの方がゴンよりも強そう。

クラピカ…ハンターハンター強さランク16位

90af65860f685d2b7768b21efa549786 445x370

(HUNTERxHUNTER34巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング16位は「クラピカ」

クラピカは戦闘民族・クルタ族の生き残りの青年。幻影旅団に殲滅させられた仲間の「緋の眼」を探すため、主人公・ゴンたちと共にプロハンターになった。その後はマフィアの一味に加入し、その後は十二支んの誘いを受けてカキン継承戦に参加。

ちなみにクラピカの性別は男性です。

まずクラピカの強さは「クルタ族特有の身体能力の高さ」があげられます。幻影旅団もかつてクルタ族を殲滅したときを振り返って、「連中は強かった」と述懐してるほど。その象徴こそが「緋の眼」と呼ばれる目の色が赤くなる状態。

この緋の眼の発動時は自身の身体能力だけではなく、オーラの総量も大幅に増える。この状態で発動できる「エンペラータイム」では、クラピカは放出系や操作系など系統問わずあらゆる念が最大限使える。さながら簡易ゴンさん並に最強。

一方、エンペラータイム発動時は副作用として寿命が大幅に減るものの、こと目先のバトルにおいて特段のデメリットには働かない。また必殺技の豊富さも強み。相手から念能力を強制的に奪ったり、自動的にダメージを治癒させるなどあらゆる場面で活躍できる。

緋の眼の強さは素直にハンタ最強ランキングに反映していいはず。ちなみにモンスト版のクラピカもめちゃんこ強い。筆者は3体所持してます。

○クラピカの強みはあくまで旅団特化?

でもクラピカの弱点はあくまで仇敵である「幻影旅団」に特化させた念能力である点。

例えば、クラピカの念でもっとも強い「チェーンジェイル」が旅団以外には使えない。チェーンジェイルは相手をとらえて強制的に絶状態にし、しかもムチのように相手を攻撃することも可能。一方、それ以外のクラピカの必殺技は補助的な技が多い。

だからクラピカの緋の眼はチート的な強さをもつものの、その強さにはかなりムラが存在する。だから、このクラピカは強さランキングを作る上では割と賛否両論が起きやすいキャラ。幻影旅団相手にのみ強くても意味がない。

とはいえ、それでもクラピカの「緋の眼」状態の強さは捨てがたい。「スチールチェーン」ででも強制的に念能力を奪えるなど、幻影旅団相手以外にも割と汎用性は高い技は多い。クラピカの頭脳明晰っぷりも戦闘では有利に働く。

そのため現状だと「クラピカはゴンやキルアよりまだまだ強い」とハンタ最強ランキングでは評価。

d-manga.net

カイト…ハンターハンター強さランキング15位

bd7acc9ae8df7aff03d4460fd22ab0ea 290x430

(ハンターハンター19巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター最強ランキング15位は「カイト」

カイトは生物調査ハンター。動植物の生態に詳しく、幼少期のゴンを救出したこともある。そのためハンターハンターの主人公・ゴンをプロハンターに向かうキッカケを与えてくれたキャラクター。

カイトの念能力は「クレイジーピエロ」。謎のピエロを具現化させて、そのピエロが出した数字に応じて色んな武器を発現させる。2は大鎌、3はスティック状の武器、4は長銃のような武器を発現させる。

例えば、2の大鎌は「サイレントワルツ」という技しか使えないものの、威力は一撃必中。逆に考えると、他の武器では色んな多彩な技が出せそう。どのみちカイトは非常に殺傷能力が高い念能力を持っているものと予想されます。

ただし、カイトの念能力は「ランダム」で発動するのがマイナス。要するに「運要素」が強すぎる。自分の力量以上の敵と戦うときに「最適解」を運に任せるのはあまりにリスキー。極限状態の戦いにおいて、この念の発動条件はもはや致命的。

実際、ネフェルピトーに敗北してるのが良い証拠。もはや「弱い」と表現してもいい能力かも知れない。例えば、幻影旅団の団長・クロロが一定の制約はありつつも、多彩な念能力を自由自在に引き出せてることを踏まえると見劣りする。

身体能力の面でも他のハンターキャラと比べると決して強い部類には入らないため、せいぜいゴンやキルアより確実に強い程度のランクに落ち着きそう。

ビスケ…ハンターハンター強さランク14位

53831e9d4ba64406b20c77c0ed979119 342x370

(HUNTERxHUNTER18巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング14位は「ビスケット・クルーガー」。通称は「ビスケ」。

ビスケはグリードアイランドで初めて遭遇し、その後は主人公・ゴンやキルアの師匠的な役割を担うことが増えたキャラクター。普段のビスケは少女の姿なんですが、リアルの姿はマッスルBBA。まさに年相応の恩師と呼べそう。

そのためビスケの強さの秘密はとにかく「圧倒的な身体能力の高さ」にあります。もはや性別関係なく、フィジカルの強さは最強の部類。少なくとも、ビスケはハンターハンターに登場する女性キャラクターの中ではおそらく最強クラスと考察されます。

一方、ビスケの弱点は「念能力」。あくまで念能力は「本来の姿を隠す」ためだけに使われており、それ以外は治癒能力程度にとどまる。例えば本来のフィジカルの強さを高めるわけでもなく、ビスケには飛び道具的な必殺技もない。

むしろ元々ゴリラの肉体を念能力で少女の姿に変えてるわけですが、結果的に身体能力や戦闘力は弱体化してる始末。もちろん逆にゴンさんのように更にゴリラ化して身体能力を高めることもできそうですが、所詮ビスケは変化系。

変化系能力者の「肉体強化」が強化系能力者の「肉体強化」を上回るはずがない。やはり念能力のブーストがない点がマイナス要素。ビスケの強さは「純粋な戦闘力のみ」の評価となるため、意外と最強ランキングでは伸び悩むと考察してみる

とはいえ、まだゴンやキルアの強さが師匠であるビスケを超えることは難しいか。

レイザー…ハンターハンター強さランク13位

e91df6b795f2b9db83f2dc2fb9feef89 379x370

(HUNTERxHUNTER15巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング13位は「レイザー」

レイザーとは「グリードアイランド」を管理するフロアマスターの一人。ジンに半ば強引に誘われた元死刑囚。主にゲーム内では放出系のシステムを担当。ゲーム内に不法に侵入した幻影旅団相手に数百km数千kmはなれた島に弾き飛ばしたことも。

そのためレイザーの強みも「放出系念能力」。オーラ弾は軽く一発放っただけで小型船が大破するほどの威力。また放たれるオーラ弾の軌道は精度が高く、同時に操作系にも特化してることが伺えます。幻影旅団も「強ェなコイツ」と珍しく評価。

オーラ弾の速さはビスケやヒソカですら対応できないほど高速。またレイザーのフィジカルの強さは不明ですが、ガチムチの見た目を考えると確実に弱くはない。強烈なオーラを放出する際には、身体能力の高さもそれなりに必須と考察されます。

一方、レイザーは広大なグリードアイランドを維持管理するために、念能力は「大幅に制限」されてる状態のはず。少なくとも、オーラ量はバトル時において最大限発揮できないことは確実。

逆に考えるとフルに強さを発揮できればヤバそうですが、今後もレイザーはグリードアイランドを出ることはできないことを踏まえると、強さに自ずと限界が見られそう。またキメラアント戦前のゴンのオーラ量にビビってるのも微妙。キメラアント前後ではゴンの強さも歴然と違うはず。

それでも攻撃に特化した念能力を考えると、レイザーはビスケよりも強いか。

カキン王子…ハンターハンター強さランク12位

続いてのハンターハンター強さランキング12位は「カキン王子」

カキン王子は暗黒大陸編の直前から登場した新キャラクター。カキン王子は合計10名以上いるんですが、中でも上位の王子たちが非常に強い。ちなみに今更ですが、キメラアント編直前にカイトは生物調査してましたが、カキン王国からの依頼でしてました。

例えば第一王子のベンジャミンは、素の状態でライオンを絞め殺すほどの強さを持つ。しかもベンジャミンは多数の念能力を持つ部下を抱えてるんですが、その部下が死亡するとその技をまるまる継承できるなど、さながら幻影旅団のクロロ。

特に、最後の緋の眼を収集してる第四王子・ツェリードニヒは不気味なまでに念の天才。水見式の禍々しさではキメラアントのネフェルピトーを超えるほど。「鬼畜」という性格も踏まえると、余裕で幻影旅団を凌駕してきそうな匂いがプンプン。

ハルケンブルグは部下たちのオーラも掛け算的に合わさって、膨大なオーラ量を無意識的に生み出す技を持つなど、カキン王子たちの念能力は多彩。そのためハンターハンターではぽっと出のキャラではあるものの、強さランクでは割と上位に入りそう。

それでも戦闘経験値や場数の差を考えると、幻影旅団の強さよりは見劣りするか。個人的にはカキン王子の強さは幻影旅団を超えそうな匂いがしてくるんですが、カキン王子と幻影旅団との一戦など早くハンターハンターの連載再開が早く待ち望まれるところ。

d-manga.net

幻影旅団…ハンターハンター強さランク11位

続いてのハンターハンター強さランキング11位は「幻影旅団のメンバー

幻影旅団は世界中で盗みを繰り返す武闘派集団。前述のように、かつてクルタ族を殲滅したことも。幻影旅団はリーダーのクロロを中心として、メンバーは13名で構成されておりました。ただし、暗黒大陸編以降は何名かは既に死亡済み。

ハンターハンターの中ではかなりの強キャラとして描写され、幻影旅団は基本的に負け知らず。幻影旅団はサポート系の弱いメンバーもいるものの、ウボォーギン、フィンクス、フランクリン、フェイタンといった戦闘に特化した武闘派キャラのみを評価。

身体能力、暗殺能力、念能力それぞれにおいて最強クラスの実力を誇りながら、常に「相手にとどめを刺す」ことを容赦なく行えるのが強み。マフィア相手でも恐れなし。常に死線をくぐり抜ける日常生活こそが何より強者の証。

一方、キメラアントの師団長相手に勝ちこそしたものの、そこまで幻影旅団が圧倒してたイメージはなし。フェイタンも負傷するなど幻影旅団はむしろ苦戦してたことを踏まえると、少なくとも直属護衛軍のネフェルピトー相手にはほぼ確実に負けるはず。

またゾルディック家のシルバは「幻影旅団は相手にするな」とキルアに教え込んでましたがが、結果的にどうあれ幻影旅団相手に勝利してるということ。幻影旅団の強さはクロロを除いて、ゾルディック家より見劣りする可能性が高そう。

幻影旅団にはカルトやイルミも既に加入するなど、かつてほどスペシャリティ感もない。やはりハンターハンターに登場する並み居る異次元に強いキャラと比べると、やはり幻影旅団の強さは見劣りするのが現状でしょう。

カキン継承戦を読むとどうやらまた大暴れしてくれそうな雰囲気ですが、幻影旅団は決して弱くはないものの、実際どこまで強いかも疑問が残るか。ちなみに、幻影旅団の各々メンバーの強さは別考察記事もご参照。

d-manga.net

イルミ…ハンターハンター強さランク9位タイ

a8ed75ae1ed6ae379d368bb145aa00c5 364x370

(HUNTERxHUNTER31巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング9位タイは「イルミ」。前述のキルアの兄にして、暗殺一家・ゾルディック家の長男。また現在は幻影旅団にも加入済み。不気味なルックスと同様に、中身や性格も非常に不気味。

イルミは操作系念能力者の中ではトップクラスの強さを誇る。自らの見た目を変えたり、人を死ぬまで強制的に操ることも可能。イルミと比べると、幻影旅団のシャルナークの強さはかすみそう。オーラの禍々しさは数km単位にも及ぶ。

またイルミの狡猾かつ残虐な性格はバトルでも強みに働く。現在は幻影旅団に加入してるんですが、その中でも確実に上位の強さを誇るはず。実際、既に幻影旅団相手に何度も欺いてることを踏まえると、イルミは相当な手練。

キルアと対峙した時にイルミ相手に恐れをなしていた雰囲気があるため、まだまだイルミの方が強いことは確実。ヒソカの強さ判定でもイルミの強さは95点とほぼ満点に近かったのに対して、十二支んは最高でも85点程度だった。

まだまだバトル描写も少なく、ゴンの握力で片腕が折れるなど不安要素も残しますが、やはりイルミの最強っぷりが際立ちます。ちなみに十二支んメンバーのバトル描写は皆無に近いため、今回のハンタ強さランキングでは割愛しております。

d-manga.net

ゼノやシルバ…ハンターハンター強さランク9位タイ

続いてのハンターハンター強さランキング9位タイは「ゼノ」や「シルバ」。

ゼノとシルバはゾルディック家の家長。イルミやキルアの祖父(ゼノ)と父親(シルバ)。数々の暗殺で名を馳せてきた二人は、幻影旅団を筆頭に世界中のマフィアから仕事の依頼を貰うほど。まさに悪者も信頼する実績を兼ね備えた強さを持つ。

ゼノもシルバも念系統は「変化系」。一方、ゼノのドラゴンダイブを筆頭にどちらも「放出系」の攻撃も得意としており、攻撃の範囲も非常に広範囲。念能力者としての強さだけではなく、クロロ戦でのの圧倒的な体術も見事というほかない。

どちらも総合的な戦闘力が極めて高い。既に幻影旅団の一人も暗殺済み。シルバは苦戦したと語ったものの、自身の肉体に大きなキズは見られず。あくまでキルアを守るための助言に過ぎず、実際にどこまで苦戦したかは微妙か。

しかしながら、ゼノもシルバもツェズゲラと同様に「プロゆえに無理をしない」という性格も併せ持つ。やはりバトル漫画は「限界」を超える努力や犠牲を払ったキャラほど強くなる。そういう意味で突き抜けた強さはあまり期待できないか。

またゼノとシルバは幻影旅団のリーダー・クロロ一人相手に苦戦するなど、強さランクは「クロロ未満幻影旅団以上」と考察。イルミとどっちが強いか判定できる要素はまだ少ないため同率順位。

d-manga.net

ヒソカ…ハンターハンター強さランキング8位

続いてのハンターハンター強さランキング8位は「ヒソカ=モロウ」

ヒソカは正体不明の自称マジシャン。幻影旅団相手にケンカを売るなど、とにかく強い相手と戦うことが大好きのバトル狂。主人公・ゴンと共にプロハンターになった理由も「人を殺しても免責される」からが一つの理由。

ヒソカの念能力は「バンジーガム」と「デッキリテクスチャー」。たった2つの技しか持たないものの、奇抜な発想力と応用力で難敵を撃破。念も所詮はオーラが伸び縮みできるだけですが、相手にオーラをまとわらせると拘束することも可能。幻影旅団のマチですら剥がせないほど強力。

「シンプルイズベスト」は漫画の強さランクではマイナスには働かない。シンプルだからこそ念能力は非常に汎用性が高い。また天空闘技場のトップランカーであることからも、ヒソカの身体能力の高さはハンターハンターの中でも指折りの強さを誇る。

ヒソカは幻影旅団のメンバーが総掛かりで動いても痕跡すら掴ませないなど、奇抜な思想はこと戦闘においても有利に働く。最低でも幻影旅団の誰よりも強いことは確定的か。ゾルディック家の執事長であれば瞬殺できるほど強く、基本的に負け知らず。

既に結果的にクロロには敗北してますが、あくまで万全の準備を施されたから。ヒソカにとって条件的には不利だったことが影響。逆に言うと、「自ら苦境に立ちたがる」という性格や癖は強さランキングでマイナス要素。

またオーラの綱引きではレイザー相手に負けるなど、キメラアントの直属護衛軍に純粋な殴り合いでどこまで太刀打ちできるかもいささか疑問に残ります。

クロロ…ハンターハンター強さランク7位

続いてのハンターハンター強さランキング7位は「クロロ=ルシルフル」

クロロは全世界のマフィアが一目を置く幻影旅団のリーダーだけあって、頭一つ抜けて強い。登場する度に強くなっており、まさにクロロの底知れない強さを物語ってる。ハンターハンターの強さランキングでは間違いなく上位に位置するはず。

フィジカルの強さはゾルディック家のゼノやシルバを同時に片手間でいなす体術の強さに加えて、ヒソカでも驚愕するほどの身体能力の高さを誇る。頭も非常に回る上、性格も至って冷酷。敵にとどめを刺すことに躊躇はなし。

クロロの念能力「スキルハンター」は相手の念を奪うことができ、まさに必殺技の総合デパート。また同時に操作系、具現化系、変化系など幅広い念能力を同時に使用できるだけの、圧倒的なオーラ量と念のセンスを持つのも強み。

個人的にヒソカの方が強い気もしますが、これまでの戦績を踏まえてクロロの方が強さランクでは上回ると評価。トータルバランスでは最強クラスのキャラクターであり、クロロが負ける姿は想像しにくい。

ただヒソカと同様に、ネフェルピトーなど最強クラスのキメラアントと比べると、クロロもどこまで強いかは確信まで持てない。ここまで来ると「圧倒的なオーラ量を活かした攻撃力の高い念能力」が物を言う。でもクロロもそういう純粋な強さはないか。

d-manga.net

王直属護衛軍…ハンターハンター強さランク6位

続いてのハンターハンター強さランキング6位は「王直属護衛軍」

王直属護衛軍とは「ネフェルピトー」「モントゥトゥユピー」「シャウアプフ」の合計3名で構成されている、王・メルエムに仕える最側近のキメラアント。身体能力はどのキメラアントよりも遥かに強く、攻撃・防御・スピードの全てで異常なほどに最強。

まさに生まれ持ってチートな強さを持つ。そこに驚異的な念能力も身に着けたことでハンターハンター読者は思わず震えたほど。王直属護衛軍を一体どうやって倒すのか、ハンターハンターの読者は誰もが全く読めなかったキャラクターでしょう。

中でもネフェルピトーが一番強いか。テレプシコーラを発動すれば、更に無限的に身体能力を向上させられる。王への忠誠心も真っ当。シャウアプフやモントゥトゥユピーはメンタル面で弱みがあり、キルアやモラウにやや後塵を拝する場面が見られる。

ネフェルピトーによってカイトが瞬殺されるなど、キメラ=アントの直属護衛軍に勝てる人間のキャラクターはほとんど限られそう。中途半端な操作系や変化系では、ネフェルピトーなどにはまったく太刀打ちできないでしょう。

ただ、おそらく後述するネテロの百式観音には負けるはず。既にゴンさんに敗北するなど、実際一部の人間に敗北済み。そのためいくら直属護衛軍とはいえども、最強クラスの念能力者相手では勝てないとドルジ露瓶尊は判断してみた。

ちなみに、ネフェルピトー、モントゥトゥユピー、シャウアプフの各々の強さランキングは別記事を参照。

d-manga.net

ネテロ…ハンターハンター強さランク4位タイ

続いてのハンターハンター強さランキング4位タイは「ネテロ」

ネテロは元ハンター協会の会長。年齢は110歳ですが、身体能力の強さも含めて未だに人類最強クラスを誇る。攻撃した側のキルアがダメージを負うほど。またネテロは最強クラスの念能力者。とりわけネテロが繰り出す「百式観音」がまさに最強

百式観音の攻撃は限りなく刹那に近いスピードで発動され、まさに絶対不可避。その乱打攻撃も地面を大きく陥没させるほど。攻撃はパターン化されてるものの、そのパターンは数千数万にも及び対戦中に解読することはまず不可。そもそも一撃でも食らえば常人なら瞬殺されるレベル。

百式観音の攻撃はキメラアントの王・メルエムにしてようやく対応できたレベル。ネテロの全盛期の強さを一度見てみたかったものの、全人類を探してもネテロに勝てる人間はまずいないでしょう。キメラアントの王直属護衛軍でも完敗必至か。

ただし、ネテロもあくまで人間。通常状態の防御の硬さなどでは、やはりキメラアントなどには劣る。暗黒大陸を攻略できずに帰った点など、ハンターハンターの中で「攻略不可避なほど無敵」とまでは言えないか。

d-manga.net

マハ…ハンターハンター強さランク4位タイ

12760fcef083a68973e61de12452af66 173x370

(HUNTERxHUNTER11巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング4位タイは「マハ」

マハはゾルディック家の最長老。一見すると、小型犬のような風貌のジジイ。ゼノの祖父。ネテロとほぼ同じ年のため、マハの年齢もおそらく110歳程度。ただ未だに詳細は不明の謎多きキャラクター。それでも「マハと戦って生き残ったのはネテロのみ」というゼノの発言を考えると、少なくともネテロと同じぐらい強い。

明らかにちっこくて強そうには見えないものの、ゾルディック家の強さランキングは「年功序列」に近いものがありそう。またハンターハンターが連載されてる少年ジャンプの「小さいキャラほど強い理論」を借りるなら、確かにマハは強くて間違いない。

マハの特徴的な目を見る限り、イルミの不気味な強さもおそらくマハ譲り。つまり、マハの強さはゾルディック家の中でも良くも悪くも異質。またネテロと同じく強化系。ネテロがあれだけ強かったことを踏まえると、マハの念能力の強さはシルバやゼノの比ではないか。

少なくとも、マハも王直属護衛軍よりは強そうです。ちなみにマハの名前の由来は「マハトマ・ガンジー」。

d-manga.net

ジン…ハンターハンター強さランク3位

続いてのハンターハンター強さランキングは3位は「ジン」

ジンは主人公・ゴンの父親。世界でも5本の指に入るほどの念能力の使い手とされます。極小のオーラを華麗に操るなどオーラの扱いに長けてる。他にも巨大な生物を従えたり、威圧で敵を圧倒するなど幅広い強さを持つ。レイザーなどを余裕で率いてるのも伊達じゃない。

○最強の念能力者だがバトル描写は少ない

でも、今の所は「ジンの圧倒的な強さ」が分かるバトル描写はなし。レオリオの念パンチをすぐさま体得できたから、一体なんなんだという話。さすがにメルエムを見た直後では、あくまでジンの強さも「人間レベルの域」を出てない気はします。

それでも人類最強の念能力者であればネテロと同様に、ジンの強さはネフェルピトーなど直属護衛軍レベルぐらいは少なくとも超えてそう。それでも強さランキング的にシンプルに強いゴンさんを超えることはないだろう…とドル漫では考察してみた。

d-manga.net

ゴンさん…ハンターハンター強さランク2位

5ee50e71751c45566779efbfc79892f4 285x370

(HUNTERxHUNTER29巻 冨樫義博/集英社)

続いてのハンターハンター強さランキング2位は「ゴンさん」

ゴンさんとは主人公・ゴンが前述の直属護衛軍のネフェルピトーに勝つために、ありったけの制約と誓約を自分自身に賭けて強化させた最強チートモードのこと。それゆえに強さランキングに入れることは迷いましたが、まさに現状のハンターハンターにおける人類最強キャラがゴンさん

その後、ゴンさんはネフェルピトーを瞬殺。ピトーも捨て身でチート強化を図るものの、それでもゴンさんはフルボッコにして粉砕。死ぬ直前のネフェルピトー曰く、「王メルエムにも届き得た」と表現。わざわざ嘘をつく状況下ではないため、その言葉はおそらく真実。

見た目的にビスケに触発された感はありますが、ゴンさんはまさに超純粋なスーパー強化系と推察されます。下手な小細工を使って勝てる強さではないため、バトルでは弱点なし。ゴンさんに勝つのは至難の業と素直に考えていいでしょう。

d-manga.net

メルエム…ハンターハンター最強ランク1位

ついにいよいよ最後の強さランク。

db279ec18db2777101b0b14b0dfbb1d4 430x342

(HUNTERxHUNTER29巻 冨樫義博/集英社)

栄えあるハンターハンター最強ランキング1位は「メルエム

メルエムはキメラ=アントの絶対的な王。もう産まれた瞬間から圧倒的な戦闘力を誇り、他の追随を許さないぐらい強い。もはや純粋な殴り合いの肉弾戦において、ネテロであれネフェルピトーであれ誰も勝てない。

その上、メルエムは相手を食べる度に更に強くなる念能力を持ち合わせるため、もはや強さの伸びしろは無限大。ネテロの自爆で瀕死状態に置かれるものの、ユピーなどの献身で更に強化。オーラ量も最強レベルに豊富なため、オーラ弾を放てば巨岩すら木っ端微塵。

またメルエムは頭の回転が非常に早く、天才的に頭脳明晰。圧倒的に強いからこそ常に冷静沈着。もはやメルエムには駆け引きすら通用しない。そして性格は残虐無道。最後のトドメを刺すのに躊躇なし。幻影旅団たちも真っ青なレベル。

まさにメルエムは「弱点ゼロ」の異次元の強さを誇る。メルエムを前にすれば誰もが赤子扱い。ハンターハンター屈指の「チートオブチート」の強さを誇り、もはや誰もが認めるハンターハンター史上最強のキャラクターでありましょう。

ただし、『ハンターハンター』の作者・冨樫義博は「ジンの方がメルエムより強い」と語っていたそう。確かにメルエムが最強なまま作品が終わるとも思えない。それでも現状ジンのバトルシーンが少ないため、今の所はメルエムが最強キャラと判断したいと思います。

コメント

  1. 匿名 より:

    まさに的を射た強さランキングですね。
    HUNTER×HUNTER最強ランキング決定版と言っても良さそう。
    ハンターハンターのキャラの個別の強さもしっかり考察されており勉強になりました。

    ただカキン王子や幻影旅団の強さも底が知れないため、
    早くHUNTER×HUNTERの連載が再開しないかな。
    また連載が再開されれば強さランクの順位も変わりそう。

  2. 匿名 より:

    ビスケの念系統は変化系ですが、果たしてガチの強敵と出会ったときにどこまで真価が発揮できるかですね。ビスケのこれまでの戦いを見るとそこまで強いキャラクターはいませんでしたから。仮に肉体の変化が戦闘力の強さに影響を与えるのであれば、逆にもっと化け物じみた肉体に変化することもできそう。そうするとノーマル状態のビスケより戦闘力がさらに強化されるなんてことも?

  3. 匿名 より:

    強さランク18位ツェズゲラ草
    そういえばハンターハンターにこんな雑魚キャラいましたね
    もはや強さランクに含めていいか疑問も

  4. ハンターハンターは最強に面白い漫画 より:

    ハンターハンター最強ランキング楽しんで読ませてもらいました!
    他の漫画の強さランクも含めてしっくり来ました。
    でもハンターハンターの場合、未だに能力や強さが判明してないキャラもまだまだいるなぁ~と。
    カキン王子たちも幻影旅団と比べてどこまで強いのか期待しかふくらまない。

  5. 匿名歯科医 より:

    記事でランキング付けるときは、1位から発表するのがセオリーですよ。

  6. 匿名より より:

    ユピーとプフの強さランクは?

  7. >ユピーとプフの強さランクは?
    「王直護衛軍」の中にユピーとプフはまとめてランクインさせてみました。
    一人ひとりのキャラクターの個別ランクを付けてほしい要望があればまた考えます。

    >記事でランキング付けるときは、1位から発表するのがセオリーですよ
    ハンターハンターの強さランキングに限った話でもありませんが、
    こういうランキング記事は下位から発表するのが普通ですよ。
    もし気になるならドル漫以外のサイトも読んでみるといいと思います。

    一刻も早くハンターの最強キャラを知りたいせっかちな方は
    「目次機能」などを使って確認できるようにはなってます。
    他の強さランキングでも是非試してみて下さい。

  8. ぴーや より:

    カイト
    ナックル
    シュート
    ゾルディック家の執事
    陰獣

    少なくともツェズゲラよりは強いかなと思うんですが、どうですか?

  9. ぴーや より:

    追加で、パームやカストロ、ハンター試験の試験官の一部もツェズゲラより強いのでは?

  10. 匿名 より:

    作者の方がジンとメルエムが戦ったらジンが勝つと言っていた気がします

  11. コメントどうもです。
    カイトやナックル、カストロたちも強さランクに入れておきました。
    言われてみると結構抜けてたハンターキャラも多かったですね^^;

  12. 情報どうもです。
    確かにメルエムが最強のまま終わるとは思えないですよね。
    ただどうやってジンが勝つのかも含めて分からない点も多いので、
    現時点ではまだメルエムを最強キャラとして選んでみました。

  13. 匿名 より:

    休校で暇だから助かる
    最高に面白かった

  14. 匿名 より:

    1つの順位に何人もキャラがいたり、9位タイなら統一してもいいのに分けてたりしたのがなんか雑だなと思った。

タイトルとURLをコピーしました