スポンサーリンク

【ハンターハンター】クラピカの性別は女性?男性?【議論・論争完全決着】

少年ジャンプを代表するおすすめバトル漫画と言えば、やはり『HUNTERxHUNTER(ハンターハンター)』。HUNTERxHUNTERは休載と連載を繰り返しながらも、個性的なキャラや展開の面白さから安定して幅広い読者層に人気です。

(HUNTERxHUNTER32巻)

この『ハンターハンター』の人気キャラクターと言えば、クラピカ。つい先日、クラピカの全念能力まとめという記事も作りましたが、やはり見た目のカッコ良さとクールな性格が人気の要因。

ただ『HUNTERxHUNTER』連載の序盤から論争になりがちなのが、クラピカの性別。どうしてもルックスが中性的なため、未だにクラピカは男性なのか女性なのか議論が巻き起こることがあります。正直、個人的には不毛だなーと思いつつも、確かに疑問といえば疑問。

そこで今回はクラピカの性別に関して完全決着となる考察をしてみました。

【スポンサーリンク】

クラピカの性別は男性

さっそく結論から書いてしまうと「クラピカの性別は男(男性)」と結論付けることができます。ということで、ここからはクラピカの性別が何故男性なのか『ハンターハンター』内の画像を用いながら考察してみましょう。

例えば、クラピカの性別がもっとも読み取れる場面が、クラピカが因縁の相手である幻影旅団の団長・クロロを捉えた場面。

(HUNTERxHUNTER12巻)

この場面でクロロが「鎖野郎が女性だと思わなかった」と強がると、クラピカは即座に「私がそう言ったか?見た目に騙されぬことだな」と否定してる。つまり「鎖野郎が女性」という発言を否定したということは、クラピカの性別は「男性」。もし男性じゃないと仮定したら、わざわざクラピカが否定する必要がないから。

一応、クラピカはクロロを捉える直前に女装してる。あくまでこの女装を漠然と否定してるだけで、クラピカの性別そのものを否定してるわけではない、という反論も聞こえそう。

ただ女性だと仮定しても、やはりクラピカがわざわざカツラを取ってまでクロロの発言を否定する必要がない。そこで性別が女性でなおかつ女性用のカツラを着用していた場合、クラピカは本来ならどう発言すべきだったかを考えると分かりやすい。

もし女性のクラピカが「鎖野郎が女性だと思わなかった」というクロロの発言を聞いたら、おそらく「女性で悪かったか?」のように自身が女性であることを肯定する内容を話すはず。そもそも変装という意味での女装であれば、クラピカの性別が女性だったとしたら逆に「男装」をするはず。

以上の考察からやはりクラピカの性別は男ということ。

【スポンサーリンク】

クラピカが女性だったらビスケは興奮しないはず

そこでクラピカの性別が女性ではなく男性である事実を、更に補完しておきたいと思います。先程の『HUNTERxHUNTER』の画像は結構古かったので、最近の『HUNTERxHUNTER』から考察したいと思います。

例えば、ビスケット・クルーガー(以下ビスケ)の反応からクラピカの性別が分かるはず。

(HUNTERxHUNTER32巻)

クラピカが暗黒大陸編に差し掛かる前に、ビスケや師匠のイズナビ、ハンゾウを引き入れる場面がある。そこで面倒くさい反応を示すビスケに対して、クラピカは敢えて「君のように華奢で儚げな少女を」などホメゴロシという手段で手懐ける。

ビスケはただのゴリゴリババアやんけというツッコミはさておき、思わずビスケは頬を赤らめる。でも、もしクラピカが女性だったらここでビスケが照れるはずがない。何故ならかつてヒソカのモッコリに大興奮してた過去を思い出すと、ビスケは色仕掛けに弱そうなタイプということからも明らか。

つまり男性であるクラピカの異性的な要素に興奮したと考えられます。もしセンリツが同じようにビスケをなだめても効果はなかったでしょう。冒頭のクラピカの画像の「手」を改めて見てもゴツゴツ感が表現されてるため、やはりクラピカは何度も言うように男ということ。

以上、クラピカの性別に関する考察でした。