【ハンタ】冨樫義博の休載期間と回数まとめ【長期休載の歴史】

ハンターハンター(HUNTERxHUNTER)』といえば、少年ジャンプを代表するバトル漫画です。『ハンターハンター』の累計発行部数は脅威の7000万部超え。人気おすすめバトル漫画ランキングでも、常に『ハンターハンター』が上位に位置しているのもうなずけます。

ただ残念ながら、『ハンターハンター』はとにかく休載が多い漫画で知られています。もはや休載頻度が大杉漣。まさにおすぎとピーコ。特に出版社目線で考えると、『ハンターハンター』の休載は大損こいてるはず。

そこで今回ドル漫ではこれまで『ハンターハンター』が休載した期間と回数をまとめてみました。正直そんなもん知った所でどうなるんだって話ですが、お暇つぶしに作者冨樫義博の華麗なる休載遍歴をご覧ください。

HUNTERxHUNTERの休載期間は年単位

『ハンターハンター』の連載は1999年から開始したマンガですが、まだ初期の頃は作画は荒れながらも休載を何度か挟みながらも連載が続いていました。ただ2000年半ばぐらいから休載期間が更に長期化。

結論から書くと、『HUNTERxHUNTER』の休載期間は基本的に「年単位」という結果になっていました。『ハンターハンター』は当初から休載を繰り返していたものの、主に長期休載が始まった2006年以降の作者・冨樫義博のホリデーをまとめてみた。

  • 2006年2月~2007年10月…約1年8カ月
  • 2007年12月~2008年2月…約3カ月
  • 2008年5月~2008年9月…約6カ月
  • 2008年12月~2009年12月…約1年
  • 2010年6月~2011年8月…約1年1カ月
  • 2012年3月~2014年5月…約2年3カ月
  • 2014年9月~2016年4月…約1年8カ月
  • 2016年7月~2017年6月…約11ヶ月
  • 2017年9月~2018年1月…約4ヶ月
  • 2018年4月~

どっかのサイトからまるまる転載した情報になりますが、初っ端から『HUNTERXHUNTER』の休載期間がめちゃんこ長い。

2006年2月から本格的にハンターハンターの長期休載が始まって、次に連載が再開したのは2007年10月。休載期間がまさかの1年8ヶ月。さすがにここまで休載が続くと、誰もがハンターハンターの連載再開は諦めたことでしょう。筆者ドルジ露瓶尊もご多分にもれず。

再び2007年広範にハンターハンターの連載が無事再開するものの、数カ月も経たずに再び休載に突入。読者の心をもてあそぶやん。冨樫義博は持ち上げて落とす天才。しかしながら休載期間はそこまで長期化せず、数カ月後にはハンターハンターの連載が再開します。

○特に2008年以降から休載期間の長期化と頻度多発

ただその後、休載と連載再開を何度か繰り返した後の、2008年12月から再び『ハンターハンター』は長期休載の道に突入します。ここから作者・冨樫義博の休載が重篤化し、年単位の休載期間。

でも、一方で一度ハンターハンター連載が再開されると連載期間は半年ぐらいは続いてた。だからハンターハンターのストーリーもそれなりに進むので、ハンターハンター読者の多く何となく許せてた気がします。

しかしながら2012年ぐらいを境に連載が再開されても数ヶ月保つか保たないかにまで、作者・冨樫義博の漫画力が低下。2016年4月にハンターハンターの連載が再開した時は喜んだものの、わずか3ヶ月と保ちませんでした。

そして2016年以降は作者冨樫義博も頑張って、何度かハンターハンターの連載再開にこぎつけるものの連載は長続きせず。結果的に休載の長期化は避けられていますが、休載の頻度は結果的に増えるカタチになっております。

【理由考察】冨樫義博が休載してる原因は何なの?

じゃあ『ハンターハンター』の作者・冨樫義博は何故ここまで休載を続けるのか?

確実に判明している休載理由としては「冨樫義博の腰痛」になります。

少年ジャンプの末尾の作者コメントで言及していた記憶。やはり腰痛は一朝一夕で改善される病気ではない。冨樫義博の年齢なども考慮すれば、今後もハンターハンターの休載と連載が繰り返される可能性は高いでしょう。

他には連載を続ける「モチベーション」なども影響してることは想像にかたくない。週刊連載は時間がないため非常に大変。きっと作者冨樫義博はクオリティが高い原稿を描きたいなどの目的も休載理由としては予想されそう。

ハンターハンターのネームだけ書くという手法で休載期間を減らせないのか?

ただ、いい加減テキトーにネームだけ描いて、他の漫画家にペン入れさせる手法を取ればいいのになと思うんです。

別にアニメだって他の人間が描いてるんだから、同じようなノリでやってほしい。実際、ハンターハンターのフルカラー版などは作者冨樫義博が彩色してないんでしょうし、ここまで休載が続いてる現状を考えたら「読者ファースト」で考えを物事を柔軟に変えてほしいものです。