【ワンピース】ソルベ王国とは?【考察まとめ】

【解説】ソルベ王国はバーソロミュー・くまが治めていた国

ソルベ王国とは、王下七武海メンバーバーソロミュー・くまがかつて王様として収めていた国家。逆に言えば、現在ソルベ王国が一体誰が国を治めているかは不明。現在ソルベ王国は世界会議に加盟するなど、どうやら比較的規模が大きい国家ではあるらしい。

このソルベ王国の王太后にはコニーという老婆がおり、王太后という立場から考えると実質的な国家運営からは退いている雰囲気ですが、世界会議には参加している様子。そのためソルベ王国の内情がどうなっているか、ますます気になる所。

ソルベ王国の場所は不明ですが、おそらくバーソロミュー・くまが生まれた場所そのものか、そこ付近に位置していることは間違いないか。ワンピースの世界地理なども参照。

○ソルベ王国で重要なことは「ボニーとくまの関係性」

何故、ソルベ王国が現在ワンピースで注目されているかと言うと、あるキャラクターの関係性にあります。

それが「ジュエリー・ボニーとバーソロミュー・くまの関係性」。

バーソロミュー・くまは前述の通り、ソルベ王国の元国王。現在は天竜人の元で奴隷として非人道的な扱いを受けている最中。一方、ジュエリー・ボニーは前述のソルベ王国の王太后・コニーになりすまして、聖地マリージョアに潜入中。そして、どうやらバーソロミュー・くまを救いたがっている様子。

でもジュエリー・ボニーの悪魔の実は年齢を操作するだけ。じゃあ、何故ボニーはソルベ王国の王太后になりすませるのか?

そこで考察すると、おそらくボニーもソルベ王国の関係者である可能性が高い。さらにボニーとコニーという名前の関連性を考察すれば、王太后コニーの孫娘…さらに言えば、くまの娘である可能性が高い。血が繋がってるからこそ年齢が変化しても見分けがつかない。

そのため最悪の世代の中でもボニーは重要キャラとして活躍しそう。どうして天竜人がくまを敵視するのかも含めて、ソルベ王国は今後クローズアップされる可能性は高いとドル漫では見ております。

現在、ワンピースワノ国編に突入したばかりですが、いずれソルベ王国の過去や謎が解明されていくに違いない。ソルベ王国の過去が明らかになる形で、バーソロミュー・くまやジュエリー・ボニーの悲しい過去も同時に明らかにされていくことでしょう。