スポンサーリンク

【鬼滅の刃】柱の最強9名一覧まとめ【画像あり】

少し前にバトル漫画「鬼滅の刃」が面白いという考察記事もレビューしましたが、この『鬼滅の刃』が連載されてる少年ジャンプの掲載順も割りと安定して上位に表示されることが多くなった印象。作者・吾峠呼世晴の絵柄こそ独特ではありますが、もしかすると30巻40巻程度まで連載が長期化する兆しも。

ということで今回はそんな『鬼滅の刃』の考察記事を作りたいと思います。具体的に言うと、柱(はしら)のメンバーを簡単にまとめてみました。『鬼滅の刃』を読む時の参考に、もしくは鬼滅の刃ファンのお暇つぶしにでもなればいいなと思ってます。

ちなみにいずれおすすめバトル漫画ランキングも作りたいと思います。

そもそも柱(はしら)とはなんぞや?

まずは簡単に「柱」についてサラッと解説したいと思います。

(鬼滅の刃6巻)

『鬼滅の刃』で重要な働きをするのが「鬼殺隊(きさつたい)」と呼ばれる鬼を倒す部隊。この鬼殺隊を率いるリーダーが産屋敷輝哉(うぶやしきかがや)。通称、お館様。どうやら盲目っぽいですが、それでも周囲を統率するカリスマ性。どうやら声に秘密があるのか。

この鬼殺隊には10ランクほど存在するんですが、その中でもトップクラスのランクを誇るの「柱」。なんやかんやで鬼は強いため鬼殺隊の大半のメンバーは簡単に倒されていくものの、この柱だけはまず負けない実力者ばかり。言ってしまえば、鬼殺隊のリーダー・産屋敷の直属の部下と表現しても良さそう。

今回の考察記事は、この柱9名を一人ずつ簡単に解説していく内容になります。柱の並びは順不同。特に意味はございません。

【スポンサーリンク】

蟲柱…胡蝶しのぶ

(鬼滅の刃5巻)

まずは蟲柱の胡蝶しのぶ。「蟲柱」ということから蟲を操るのかと思いきや、胡蝶しのぶの武器は「毒」。

柱の中では唯一鬼の首を斬って倒すことができないものの、一度鬼に毒を盛ることができれば…という柱。逆に切っ先に少しでも触れてしまうと、鬼にとっては即ち死を意味するため何気に一番厄介な柱かも知れない。

胡蝶しのぶは一見すると口調は穏やかで優しそうであるが、毒舌キャラ。しかし常に笑顔を保つ。この理由は鬼に倒された姉の遺志を継ぐため。でも反面として、常に鬼に対する憎悪が募っていく。このギャップに苦しむものの、主人公・竈門炭治郎の純真さに救われる。

胡蝶しのぶは割りと空気が読めないキャラであり、似たような性格の冨岡義勇と。

炎柱…煉獄杏寿郎

(鬼滅の刃6巻)

続いては炎柱の煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)。炎の呼吸の使い手。炎は基本中の基本。

常に爽やかな笑顔をたたえるものの、視点はどこを見てるか分からない。嘴平伊之助曰く、ギョロギョロ目ン玉。部下の面倒見が良いポジティブバカ。人の話は基本的に聞いてないっぽいが、行動原理はシンプルかつ明瞭に動く。そのため煉獄杏寿郎は状況判断が的確かつ早い。

とにかく天賦の才の恵まれた煉獄杏寿郎は剣士として圧倒的。体術、技術、武術、どれもが至高レベル。まさに攻撃力の高さは天下一品。母から教えられた「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務」という教えをモットーの生きている柱。しかし最後は鬼舞辻無惨が率いる上弦の月・参の鬼に倒されてしまいます。

つまり『鬼滅の刃』の最新話では、この炎柱は空席。

【スポンサーリンク】

音柱…宇髄天元

(鬼滅の刃6巻)

続いては音柱の宇髄天元(うずい・てんげん)。派手な宝石をジャラジャラと身に着けたり、顔(左目)には化粧を施すなどやたらと派手なことが好きな柱。でもスッピン姿はただのイケメン野郎。しかも宇髄天元には嫁が複数いるため、我妻善逸は勝手に目の敵にしてる。

(鬼滅の刃70話)

この宇髄天元は元忍び(忍者)。それだけあって隠密行動が得意っぽい。また柱の中ではとりわけスピードに特化したキャラクター。宇髄天元は鬼に対する憎しみは人一倍であり、産屋敷がねず子の入隊を提案した際にもキッパリ拒否の意思を示すほど。

霞柱…時透無一郎

(鬼滅の刃6巻)

続いては霞柱の時透無一郎(ときとう・むいちろう)。霞の呼吸の使い手。霞は風の呼吸から派生したものと言われているそう。

時透無一郎は基本的にボーっとしてる。誰かが話してる最中も「あの雲の形いいなぁ」など、目の前にあるものに思考が奪われがち。そもそも判断能力や思考力に長けていない様子。また極度に忘れっぽい性格から、時透無一郎は特に何かに対して執着することがない。

【スポンサーリンク】

岩柱…悲鳴嶼行冥

(鬼滅の刃6巻)

続いては岩柱の悲鳴嶼行冥(ひめいじま・ぎょうめい)。岩の呼吸の使い手。ちなみに「嶼」は「島嶼(とうしょ)」と変換すると出しやすい漢字。

悲鳴嶼は常に数珠をジャラジャラと拝み、哀れな対象を見ては涙を流す。ただ同情心の度合いは限度を超えていて、鬼化した竈門ねず子を見た時は「鬼に取り憑かれているのだ。早く哀れな子供を殺して解き放ってあげよう」と涙を流すなど、その涙からは何かを助ける気は微塵もない。

悲鳴嶼はやはり鬼に対する憎しみは人一倍であり、産屋敷のねず子入隊も当初は拒否の姿勢を示している。そのため行動原理もシンプルに「鬼の滅殺」をモットーに動いていることが分かる。悲鳴嶼の巨躯と岩の呼吸から推察するに、おそらくパタータイプの柱。

蛇柱…伊黒小芭内

(鬼滅の刃6巻)

続いては蛇柱の伊黒小芭内(いぐろ・おばない)。性格はまさにヘビのようにネチネチしてる。相手を詰問することがクセ。

ただし、柱だけあって体術はピカイチ。主人公・竈門炭治郎が一切反応できないほどスピードが早い。またネチネチした性格は攻撃方法にも現れ、伊黒小芭内は相手をジワジワといたぶるのが好きらしい。

【スポンサーリンク】

水柱…冨岡義勇

(鬼滅の刃6巻)

続いては水柱の冨岡義勇(とみおか・ぎゆう)。水の呼吸の使い手。水も基本中の基本。

『鬼滅の刃』の1話目から登場するなど、柱の中ではストーリー上で最も重要な働きをしてると思われるキャラクター。竈門兄妹の重要性をいち早く見抜き、妹・ねず子を鬼殺隊に入隊させるように動くなど功績は大きい。ただし、他の柱からは割りと嫌われているらしい(胡蝶しのぶ談)

この冨岡義勇の間合いに入った術は全て無(凪)と化す。鬼は自分が斬られたことにすら気付かないほど、冨岡義勇の前では全てが穏やかに倒れていく。基礎中の基礎の呼吸を身に着けているだけあって、柱の中でも実力はトップクラスか。

風柱…不死川実弥

(鬼滅の刃6巻)

続いては風柱の不死川実弥(しなずかわ・さねみ)。風の呼吸の使い手。

不死川の性格は粗雑であり、見た目さながら非常に好戦的。言葉遣いも乱暴そのもの。前述の伊黒小芭内と同様、柱の中では問題児。

ただ裏を返せば、鬼殺隊に必要な「鬼を排除」する姿勢に最も優れているとも解釈される。ちなみに産屋敷の前では至って理知的に振る舞うことも可能。不死川実弥はYDK(やればできる子)。

この不死川の能力や実力は今のところ不明ですが、顔や全身が傷だらけなことからそこまで柱の中では強くないとも解釈されます。実際、主人公・竈門炭治郎に一発顔面頭突きを食らってる。ただ全身の傷もも好意的に解釈するのであれば、それだけ鬼を憎むからこそ誰よりも数多く鬼と戦ってきた証というだけなのかも知れない。

【スポンサーリンク】

恋柱…甘露寺蜜璃

(鬼滅の刃6巻)

最後の柱は、恋柱の甘露寺蜜璃(かんろじ・みつり)。残念ながら画像だけだと伝わりませんが、『鬼滅の刃』内のぱいぱいでか美。また作者曰く、甘露寺の髪色は基本ピンク色。毛先にかけてやや緑色がかってるとのこと。

甘露寺は惚れっぽい性質で常にキュンキュンしてる乙女。いつも心の中で「やだ、この人、カッコいい」みたいに妄想を繰り広げている乙女。そのため口数は少なくモジモジとしているものの、たまに甘露寺はズバッと的確な指摘を繰り出すなど物事の本質を見抜く力には長けているのか。

あと甘露寺は笑い上戸なため、某漫画の野口さんのようにブフッブフッを我慢しがち。

以上、『鬼滅の刃』に登場する柱9名の簡単な解説・考察でした。