【鬼滅の刃】柱の最強9名一覧まとめ【画像あり】

スポンサーリンク

少し前にバトル漫画「鬼滅の刃」が面白いという考察記事もレビューしましたが、この『鬼滅の刃』が連載されてる少年ジャンプの掲載順も割りと安定して上位に表示されることが多くなった印象。作者・吾峠呼世晴の絵柄こそ独特ではありますが、もしかすると30巻40巻程度まで連載が長期化する兆しも。

ということで今回は『鬼滅の刃』の最強を誇る柱(はしら)のメンバー一覧を簡単に考察してみました。『鬼滅の刃』を読む時の参考に、もしくは鬼滅の刃ファンのお暇つぶしにでもなればいいなと思ってます。

ちなみにいずれおすすめバトル漫画ランキングも作りたいと思います。

そもそも柱(はしら)とはなんぞや?

まずは簡単に「柱」についてサラッと解説したいと思います。

(鬼滅の刃6巻)

『鬼滅の刃』で重要な働きをするのが「鬼殺隊(きさつたい)」と呼ばれる鬼を倒す部隊。この鬼殺隊を率いるリーダーが産屋敷輝哉(うぶやしきかがや)。通称、お館様。どうやら盲目っぽいですが、それでも周囲を統率するカリスマ性。どうやら声に秘密があるのか。

この鬼殺隊には10ランクほど存在するんですが、その中でもトップクラスのランクを誇るの「柱」。なんやかんやで鬼は強いため鬼殺隊の大半のメンバーは簡単に倒されていくものの、この柱だけはまず負けない実力者ばかり。言ってしまえば、鬼殺隊のリーダー・産屋敷の直属の部下と表現しても良さそう。

今回の考察記事は、この柱9名を一人ずつ簡単に解説していく内容になります。柱の並びは順不同。特に意味はございません。

蟲柱…胡蝶しのぶ

(鬼滅の刃5巻)

まずは蟲柱の胡蝶しのぶ。「蟲柱」ということから蟲を操るのかと思いきや、胡蝶しのぶの武器は「毒」。

だから柱の中では唯一鬼の首を斬って倒すことはできないものの、鬼に毒を盛ることで倒すことが可能。一見するとショボそうですが、刀の切っ先に毒を塗っておけば少しでもそこに触れてしまうと、鬼は即死してしまう。そのため胡蝶しのぶは何気に一番厄介な柱かも知れない。

この胡蝶しのぶは一見すると口調は穏やかで優しそうであるが、毒舌キャラ。しかし常に笑顔を保つ。この理由は、鬼に倒された姉の遺志を継ぐため。でも反面として、笑顔の反面鬼に対する憎悪は募っていくばかり。このギャップに苦しむものの、主人公・竈門炭治郎の純真さに救われる。

胡蝶しのぶは割りと空気が読めないキャラであり、似たような性格の冨岡義勇とはまさに水と油の関係。タッグを組むことも多い柱同士らしい。