【鬼滅の刃】上弦の鬼メンバー一覧&強さランクまとめ【十二鬼月】

現在、少年ジャンプで連載中のおすすめバトル漫画『鬼滅の刃』に登場する敵キャラクターが「上弦の鬼(じょうげんのおに)」。正確には「十二鬼月」と呼ばれる鬼の中でも、更に上位に位置する強敵グループ。

上弦の鬼は100年以上も現メンバーが固定されるなど、上弦の鬼はほぼ敗北知らずの強敵。今までは上弦の鬼に関する情報はほとんど登場してきませんでしたが、ようやく合計6名ほど全メンバーが発覚。

(鬼滅の刃98話 吾峠呼世晴/集英社)

そこで今回もドル漫が「上弦の鬼」について現在分かってる範囲内で全メンバーを紹介したいと思います。

ちなみに『鬼滅の刃』では「上弦の壱」や「上弦の伍」と表記されてるものの、今回の記事では「上弦の1」や「上弦の5」など算用数字で分かりやすく表記しております。また数字が低いほど強さのランクが上がります。

上弦の6…妓夫太郎(ぎゅうたろう)と堕姫(だき)

まずは上弦の6から紹介したいと思います。

(鬼滅の刃86話 吾峠呼世晴/集英社)

まず上弦の6は「妓夫太郎(ぎゅうたろう)」。売春街で生まれ育った不憫な男。醜い容姿も相まって幼少期から苛烈なイジメを受けて育ち、社会全体に対する憎悪を募らせる。まさに中身も屈折した人間だった。

ただ、妓夫太郎には唯一の希望があった。

それが「妹・堕姫(人間時代の名前は梅)」。しかし育った環境が環境だけに二人は不憫な最期を遂げ…ようとした時に、現在は上弦の2である童磨によって拾われ、その後は妓夫太郎と堕姫は鬼(上弦の6)としての道を歩む。

『鬼滅の刃』の時間軸は大正時代だったので、妓夫太郎が上弦の月に入ったのは江戸時代頃と推察されます。

○あくまで上弦の6の本体は妓夫太郎のみ?

つまり、上弦の6は実質的に二人で構成されてるメンバー。

普段は堕姫が花魁として活動しており、その中に妓夫太郎が潜んでいる状態。そして、いざという時に妓夫太郎が飛び出て二人で戦う。戦闘スタイルは人馬一体ならぬ「兄妹一体」。まさに二人は一心同体となって戦うのが特徴。

妓夫太郎の武器は2本の巨大ガマと、そこに塗られた毒物。極度にすぼまったお腹が変幻自在に動き、敵の攻撃を避けたり、また強烈な回転力を生み出して攻撃力を高める。妹・堕姫は自在に操る着物の帯による鋭い攻撃が強烈。

でも結果的に主人公・炭治郎たちに敗北し、現在上弦の6は空席状態。上弦の鬼を支配する鬼舞辻無惨曰く、堕姫が弱いため妓夫太郎の足が引っ張られたと分析。まさに「人間時代の兄妹愛」があったからこそ負けた。

上弦の5…玉壺(ぎょっこ)【鬼キャラクター】

(鬼滅の刃98話 吾峠呼世晴/集英社)

続いて上弦の5は「玉壺(ぎょっこ)」。玉壺はやや毒舌ではありながらも、どこか馴れ馴れしい人懐っこさもあるキャラ。余計なことを喋って墓穴を掘るパターンのキャラクターか。性格はややM体質。

玉壺は名前の通り、普段は「ツボ」の中に入っている謎のキャラ。そして会話時やバトル時など必要に応じて、ランプの精のように出てくるスタイル。どうやって移動しているのかは不明でしたが、ツボそのものが瞬間移動する模様。

玉壺の見た目の特徴としては、目の位置。上弦の鬼のメンバーは「目玉に数字」が彫り込まれてる。ただ画像を確認する限りは、玉壺は左右にではなく上下に目の玉が付いてるのが特徴。また口も二つあるなど、まさに玉壺は異形の中でも異形の上弦の鬼。

玉壺はどうやら「情報収集能力」や「探知探索能力」に長けている様子。そこを含めての上弦の5という評価かは知りませんが、鬼舞辻無惨に首を落とされても死なないなど玉壺は相応の強さをちゃんと兼ね備えてる。

○玉壺は「鬼や人間を練り上げる能力」を持つ上弦の鬼

玉壺の正体は、どうやら鬼や人間を「合体」させることができる能力を持つらしい。それらを「芸術作品」と自負していることからも、玉壺は「芸術家」として自らを誇示。人間時代は売れない芸術家だったのか。

ただし、明らかに気持ち悪い異形のものばかり作っていることからも、美的センスが独特。例えば玉壺が襲ってきたにも関わらず、鋼鐵塚という刀鍛冶が華麗にスルー。懸命に刀を研ぐ姿を見て「芸術家として負けている気がする」と謎の対抗心を剥き出しにしたことも。

他にも、この壷からは「針を発射する金魚」「毒液に塗れた魚」を無数に召喚することもできるらしく、さながら『ドラえもん』の四次元ポケット的なノリか。壷そのものが瞬間移動するため、そこらへんのスピード重視のキャラでは対抗できないの厄介。

○玉壺本体は屈強な半魚人

(鬼滅の刃120話 吾峠呼世晴/集英社)

どちらかといえば玉壺は本体が戦うタイプではないか…と当初ドル漫では予想してましたが、玉壺の本体は「屈強な半魚人」

まさかのゴリゴリに殴り合うタイプの上弦の鬼。玉壺の全身の強靭なバネからもたらされる動きは、しなやかにして高速。あたり一面に縦横無尽かつ自由自在に動き回る。

また玉壺の拳に触れたものは、すべて醜い(愛くるしい)生魚に変わる必殺技も持つ。あらゆる物体や生物の能力や意志を奪い、自身の手下として扱えることが強み。この半魚人の能力を使って人間たちを肉団子にしていたのか。

あらゆる面で上弦の6の妓夫太郎を上回りそうですが、最終的には柱の時透無一郎によって倒されて死亡済み。

上弦の4…半天狗(はんてんぐ)【鬼キャラクター】

(鬼滅の刃98話 吾峠呼世晴/集英社)

上弦の4は「半天狗(はんてんぐ)」。『鬼滅の刃』では珍しく、名前が正常に読みやすいキャラクター。

半天狗の見た目は完全な老人。鼻も天狗のようには長くはないため、どちらかと言えば「ぬらりひょん」的な相貌。戦う前から「恐ろしい」と涙するなど明らかに強そうには思えないものの、130年ぶりに鬼舞辻無惨に呼ばれた情報などを勘案するとやはり上弦の鬼の常連っぽい。

そのため半天狗はやはり強いはず。後述する猗窩座とランク的にはほぼ変わらないことも合わせると、身体能力以外の「必殺技」や「武器」が奇抜かつ強力なものなのではないか?というドル漫の予想は当たり。

もはや半天狗そのものは一切戦わない。じゃあ、一体どうやって上弦の月まで上り詰めたのか?どうやって半天狗は戦うのか?

○「自分を守る分身鬼」を具現化する能力を持つ上弦の鬼

(鬼滅の刃106話 吾峠呼世晴/集英社)

半天狗の能力は「新たな鬼を具現化する」こと。

画像のキャラクターはそれぞれ「積怒(せきど)」と「可楽(からく)」。積怒の性格は怒りっぽく、可楽は楽天家っぽいなど名前通りの性格。普段は玉壺がひとまとめにグチャグチャに凝縮している様子。

一人ひとりがめちゃんこに強い上に、あくまで分身のため首を切っても死なない。

積怒が持つ錫杖を地面に叩きつけて鳴らす音は、まさに轟音。周囲の人間はもれなく意識が飛ぶほど。また可楽が持つヤツデの葉っぱは柱・時透無一郎を軽く吹き飛ばすほど。中には空を飛ぶ能力の鬼もおり、それぞれ持つ武器もバラバラ。

(鬼滅の刃116話 吾峠呼世晴/集英社)

そして、「喜怒哀楽」の分裂鬼が最終的に合体した最終形態がこちら。

どの分裂体よりフィジカルは強く、巨大な石の龍を操作するなど、チビキャラほど強くなるというバトル漫画の王道を行く鬼。柱メンバーの甘露寺蜜里と壮絶な戦いを繰り広げてトドメを刺すレベルにまで追い詰めるなど、上弦の6を遥かに上回る強さがある。

いっそ積怒などの分身鬼を上弦の月に選べばいいやんと思ってしまいますが、あくまで行動原理は「半天狗を守る」こと。半天狗がピンチに陥るから強くなれ、また半天狗が存在しない限りは消滅してしまう。

○半天狗本体は心臓サイズ並に小さい

(鬼滅の刃126話 吾峠呼世晴/集英社)

半天狗の本体は「拳ひとつ分」ぐらいの非常に小さいサイズ。積怒たちを召喚している間だけ小さくなる?性格は臆病者であり、自身が生み出した分身の影に常に隠れており、時折、半天狗はその肉体の中に隠れることもある。

半天狗本体の特徴としては、舌に「怯」という文字が刻み込まれている。この「怯」が象徴してるように、自身を「善良な弱き被害者」と位置付けており、元々人間だった時代は全盲を装っていた小物の犯罪者。

とにかく手癖が悪く、極度の虚言癖。反省の色がない。そのため一度も罪に向き合うことなく、鬼化した後も「自分ほど可愛そうな存在もいない」と開き直り続けた。この現実逃避こそが最強のボディーガードを産む。

ただ半天狗本体は戦わないものの、首が硬すぎて切れないなどそれなりに防御力は強く、上弦の月クラスの分身を大量に作る能力が「上弦の月・6」というランクの強さに反映されたカタチか。しかし、最終的には主人公・竈門炭治郎に倒される。

上弦の3…猗窩座(あかざ)【鬼キャラクター】

(鬼滅の刃8巻 吾峠呼世晴/集英社)

続いては上弦の3の「猗窩座(あかざ)」。漢字が超絶的に難しいため変換するのに一苦労しましたが最終的に追い詰められそうになるものの、柱の中でもトップクラスに強い煉獄杏寿郎を終始圧倒していた上弦の鬼。

猗窩座は「術式」なる必殺技を展開し、主に肉弾戦を得意とする上限の鬼。

例えば、猗窩座な圧倒的なスピードと加速は「虚空を拳で打つ」だけで遠距離攻撃できる。自らを鍛錬するのが大好きである一方、猗窩座は弱き存在である人間が大嫌い。当然、自分よりも劣る人間に舐められるのは苦痛そのもの。

そのため自分を挑発した主人公・炭治郎を強く憎む。

また後述する上弦の2・童磨とも相性が悪い。何故なら童磨は馴れ馴れしくひょうひょうと接してくるから。「相手にされてない感」に屈辱感を感じるのかも。意外と猗窩座はメンタル面での弱さも見せる上弦の月かも知れない。

上弦の2…童磨(どうま)【鬼キャラクター】

(鬼滅の刃98話 吾峠呼世晴/集英社)

続いては上弦の2の「童磨(どうま)」。前述のように猗窩座に対して馴れ馴れしく接してくるヤツ。童磨は常にひょうひょうとしているからこそ、本気を出したときとのギャップ感が生まれる。

当然、猗窩座は大嫌いなんで普通なら触れさせなければいいものの、それすら許さないほど童磨は気配を察知させず隠密に動いてる証拠。猗窩座に攻撃されても瞬時に再生するなど、上弦の2と3の間には結構な実力差がありそう。

童磨は「自分が負けることはない」という確信を持つからこそ、大人が稚児に接するそれと同じようなノリで猗窩座に接してる。童磨曰く、まさに単なる「戯れ」にしか過ぎない。想像する以上に、上弦の2と3の間には「越えられない壁」がありそう。

○童磨は上限の鬼のリクルーター役?

(鬼滅の刃96話 吾峠呼世晴/集英社)

童磨は前述の上弦の6の「妓夫太郎」を引き入れた張本人でもある。そのため上弦の月ではリクルーターの役割を担っているのかも知れない。もしかすると他の上弦メンバーの鬼も童磨が連れてきたのか?

画像当時の童磨は上弦の6だったことから、割とトントン拍子で上限の鬼のランクを駆け上がってる模様。仮に童磨が上弦の3を猗窩座を追い抜いたと仮定すると、その因縁が二人の仲の悪さに繋がっているのかも知れない。

…というドル漫の予想は当たり。

どうやら上限の鬼同士は「血戦」で勝利すればランクを入れ替えることが可能。上弦の鬼は一度も倒されていないと解説しましたが、あくまで人間の柱に負けた経験がないだけで、鬼舞辻無惨の判断によって「メンバー間の入れ替わり」そのものは存在。

実際、童磨は後から猗窩座を追い抜いた過去があるらしく、そのことが二人の上弦の鬼の不和の原因でした。ひょうひょうとしたキャラクターから考察すると、童磨は非常に天才タイプの上弦の鬼である可能性は高そうです。

○2つの扇を武器に戦う万世極楽教の教祖

(鬼滅の刃141話 吾峠呼世晴/集英社)

童磨の武器は「扇(おうぎ)」。両刀ならぬ両扇。

これまでの上弦の鬼は特殊な武器や自らのフィジカルの強さを誇示するように肉弾戦で勝負してきましたが、意外とセオリーな戦闘方法を取っている様子。それ故にヤバそうな匂いはプンプン。

何故ならフィジカルの強さに加えて、鬼殺隊や柱のような戦闘技術も加われば、単純に人間が勝てる気がしない。扇は開けば切っ先で鋭く切ることができるし、また盾として防御することも可能。扇は閉じれば、そのまま棍棒のように殴打できるなど使い勝手も抜群の武器。

ちなみに、この童磨は「万世極楽教」と呼ばれるカルト宗教の教祖。人間時代から教祖だったのか、鬼と化してから設立したのかは不明ですが、独特の服装も万世極楽教が関係してたらしい。

もしかすると扇以外の武器にも、宗教に関連した特殊な能力を持っている可能性もありそうなキャラクター。

上弦の1…黒死牟(こくしぼう)【鬼キャラクター】

(鬼滅の刃98話 吾峠呼世晴/集英社)

続いて上弦の1は「黒死牟(こくしぼう)」

前述の童磨よりも数字的に強いため、おそらく弱点が少なく何でもオールマイティーにこなす上弦の鬼とドル漫では考察してみる。実際、他の上弦の鬼にすら気配を察知させないなど、童磨を含めた他の上弦の鬼とは「超えられない壁」がありそう。

初登場時の黒死牟のパット見は「鬼感」がほとんど皆無であるため、元柱メンバーといった可能性もドル漫では考察してみました。だから黒死牟は結構イケメンなのかなーと思いきや、筆者の見込みは全く外れておりました。

○上弦の鬼の中でも強さとキモさは天下一品

(鬼滅の刃99話 吾峠呼世晴/集英社)

黒死牟の顔面がこちら。想像以上にキモすぎてワロタ。一体、目玉が何個あるんだよ。雰囲気は人間っぽいからこそ余計にキショすぎる。

ただ黒死牟はルールや序列に厳格。何故なら従属関係の乱れが、結果的に鬼舞辻無惨の不利益に繋がる可能性が高いから。そのため上弦の3・猗窩座の横暴な振る舞いに対してはつくづく嫌悪感を抱いてる。

上弦の月を含めた全鬼を支配するボスキャラが「鬼舞辻無惨」さま

(鬼滅の刃1巻 吾峠呼世晴/集英社)

ちなみに上弦の鬼たちの頂点に立つのが「鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)」

鬼舞辻無惨は自分の血を分け与えることで人間を鬼化し、前述の上限の鬼のメンバーを強化させることも可能。世にはびこる鬼の全ての「鬼の親玉」。逆に言うと、鬼舞辻無惨が死亡すれば世の鬼も全て消滅してしまう。

鬼舞辻無惨の強さは最強。上弦の鬼のメンバーは誰一人として逆らうことはできないレベル。おそらく唯一鬼舞辻無惨を倒せるのは「太陽の光のみ」とされてる。まさに『鬼滅の刃』におけるラスボスキャラ。

○鬼舞辻無惨は産屋敷一族から生まれた、最初にして最強の鬼

(鬼滅の刃8巻 吾峠呼世晴/集英社)

鬼舞辻無惨は普段は人間として生活を送っており、その姿は子供であったり女性であったり、子持ちのお父さんであったり様々。ただし、鬼舞辻無惨そのものは変化を極端に嫌っており、「変化とは劣化そのもの」と考えている。

この鬼舞辻無惨は柱メンバーを統率する産屋敷輝哉との因縁がある。最初は産屋敷だけが鬼舞辻を追っているのかと思いきや、お互いがお互いの居場所を探り合っている様子。この理由はシンプル。

どうやら鬼舞辻無惨は「1000年前に生まれた産屋敷家の人間だった」らしい。家族から鬼が出たことで産屋敷一族は呪われてしまったものの、とある有名な神主曰く、鬼舞辻無惨を駆逐しようとすれば一族は絶えないとのこと。

そのため産屋敷一族と鬼舞辻無惨は「お互いの存亡を掛けた骨肉の争い」を繰り広げている。

ちなみに【鬼滅の刃】最強ランキングまとめ【鬼滅の刃】柱メンバー一覧まとめも既にドル漫では考察済み。上弦の鬼の強さランクは既に確定してるようなもんですが、もし興味がある方はご参照ください。

コメント

  1. 匿名 より:

    「ドル漫の予想は当たり。」とか
    態々サイト強調しなくていいから