【鬼滅の刃考察】栗花落カナヲがついに死亡?能力強さやヤバい過去まとめ【花の呼吸】【つゆりかなお】

少年ジャンプで連載中の『鬼滅の刃』の勢いがアニメの放送が終了後も止まりません。

e4112d4eb0f93e76e5d47616b09f181b 500x260

(鬼滅の刃2巻 吾峠呼世晴/集英社)

そこで今回ドル漫では「栗花落カナヲ(つゆりかなお)」の正体と能力強さをフルカラー画像付きで徹底的に考察していこうと思います。

栗花落カナヲは主人公・竈門炭治郎たちと共に、実は序盤から登場してた重要キャラ。これまでの意外と知られてない過去や性格、栗花落カナヲの「悲しき結末」も考察してます。『鬼滅の刃』最終盤の展開も含まれてるのでネタバレ注意です。

栗花落カナヲとは胡蝶しのぶの継子

まずは栗花落カナヲの正体をおさらい。

d-manga.net

栗花落カナヲとは蟲柱・胡蝶しのぶの「継子(つぐこ)」。名前の読み方は「つゆりかなお」。誕生日は5月19日。年齢は16歳。出身地は東京府本所区(現在の墨田区向島)。身長は156cm。体重は46キロ。声優CVは上田麗奈。

栗花落カナヲはとにかく戦闘の素質があり、女性でありながら竈門炭治郎と比べても反射神経や身体能力で群を抜く。そのため胡蝶しのぶから絶対的な信頼を置かれてる鬼殺隊の隊員。日輪刀の色は桃色。カナヲの全集中の呼吸法は「花の呼吸(詳細は後述)」。

f681fd064b6a54bd86dafc027a933571 393x430

(鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社)

栗花落カナヲの性格は「指示待ち人間」。指示された命令は完璧に忠実にこなすものの、それ以外で「自分の意志」を表現することはない。竈門炭治郎に話しかけられても、それが胡蝶しのぶに指示されてなかったことを理由に完全に無視。

栗花落カナヲ曰く、「どうでもいいの。全部どうでもいいから自分で決められないの」とのこと。闇しか感じない。

520c5b0f33620e30e0e2ec84e8ac412d

(鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社)

もちろんこんな状態を続けると日常生活に支障をきたすため、栗花落カナヲは指示されたこと以外の行動はすべて「コイン(銅貨)の裏表」で決断する。まさに栗花落カナヲの心は「無」と言える謎多きキャラクターでした。

栗花落カナヲの過去とは?

でも、栗花落カナヲの心が無になった理由には「過去の出自」が関係してる。

81a617434b12ff459ae45c277edb51ce

(鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社)

結論から書くと、栗花落カナヲは「孤児」でした。

親からは殴られたり蹴られたり水攻めされる日々が続き、最終的には身売りされる。その後も空腹状態と誰にも頼れない寂しさと孤独にさいなまれる日々は変わらず、栗花落カナヲは頭の中でプツンとなにかが弾けた。それ以降、栗花落カナヲの心からは「あらゆる感情」が消えた。

45332a546030e62be42868234919b53d

(鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社)

しかし、そんな矢先に胡蝶カナエと胡蝶しのぶの姉妹と出会う。心優しき姉・カナエは「あなたのお名前は?」と話しかけ、お金で栗花落カナヲを買って「蝶屋敷」に引き取った。栗花落カナヲの誕生日も実は「胡蝶姉妹と出会った日」でした。

ただ孤児だった過去は凄惨だったのか、栗花落カナヲは指示されるまで空腹状態でも自ら食事も進んで食べることはなかった。これに胡蝶しのぶも「全然だめ。自分の頭で考えて行動できない子は危ない」と辛辣な評価を下す。当時はあまりカナヲを好きではなかったのか。

4a8a69c43a35ebe6e02316c82292edfa 450x430

(鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社)

それでも心優しい姉・胡蝶カナエは「きっかけさえあれば、人の心は花開くから大丈夫。いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」と大事に栗花落カナヲを育てる。栗花落カナヲの「銅貨で行動を決める方法」も元々は胡蝶カナエが発案だった。

16b3f1334a01f647975b2758e4aac0d7 351x430

(鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社)

この「好きな男の子」とは、後にカナヲが出会う竈門炭治郎のこと。「人の心が原動力だから。心はどこまでも強くなれる」と天真爛漫に手をぎゅっと握られると、栗花落カナヲは炭治郎に恋心を芽生える。まさに伏線の匂いもプンプンですが、答え合わせは最後に後述。

○胡蝶姉妹とカナヲの絆が泣かせる

だから栗花落カナヲと胡蝶姉妹の関係性は想像以上に固く結ばれてる。

d-manga.net

残念ながら、胡蝶姉妹は上弦の2・童磨によって殺されてしまう。数年前に花柱(?)だった胡蝶カナエは偶然相見えた時に倒され、無限城で姉の恨みを晴らさんとした胡蝶しのぶも返り討ちに合う。

それでも胡蝶しのぶは全身を毒状態と化して食われることで童磨を弱らせ、栗花落カナヲが最後はとどめを刺した。胡蝶しのぶからは「カナヲが頸を切ってとどめを刺して」と頼み込まれるなど、栗花落カナヲがいかに信頼されていたかが分かります。

それ故に、栗花落カナヲのショックはひとしお。姉・胡蝶カナエが死亡した時はまだ過去の経緯を引きずっていた、素直に涙を流すことはできなかった。妹・胡蝶しのぶに責められることはなかったが、だからこそ余計に辛かった。何もできなかった自らの無力さに自責の念が募るばかり。

c00ee653ac9ea609a5ccd9a079bc1bf1

(鬼滅の刃163話 吾峠呼世晴/集英社)

ただ童磨にとどめを刺したことに対して、あの世から胡蝶姉妹は「がんばったねカナヲ」と栗花落カナヲの頭を優しく撫でてあげる。もちろん二人の姿は見えない。本当に霊魂が存在したかは不明。それでも栗花落カナヲの自己評価が上がったことは間違いない。

4dc5d06681a45df47d53eb9787b4c7b2

(鬼滅の刃163話 吾峠呼世晴/集英社)

そこで栗花落カナヲはようやく初めて「大粒の涙」を流した。胡蝶姉妹の髪飾りを抱きしめながら思い描く光景は、胡蝶姉妹が「天国で両親と笑顔で仲良く暮らす姿」。両親も鬼に殺されており、本当に胡蝶一家は安息の日々を送っているのかも。

女子は自信を持てない人が多い模様。栗花落カナヲに対して「共感」を抱く鬼滅の刃読者は多いのかも知れない。

栗花落カナヲの強さは胡蝶超え?

ちなみに、カナヲの名前は姉・胡蝶カナエが命名したとされます。どちらかというと栗花落カナヲは姉・カナエの方が親密度はやや高かったか。でも考えてみると、竈門炭治郎に出会うまで意思表示できなかったカナヲが鬼殺隊に入ったのか?

実は、栗花落カナヲが鬼殺隊に入った理由は「人間として不器用すぎた」から。栗花落カナヲは家事などができなかったため、胡蝶姉妹に貢献するために「修羅の道」を歩んだ。天性の身体能力も手伝って、見様見真似で姉・カナエの花の呼吸(後述)を体得。

もちろん究極の指示待ち人間だった栗花落カナヲですが、カナエが殺されたことなども手伝って無意識的に「鬼を倒す」という目的に向かっていたそう。鬼殺隊に入るための選別試験も、実は胡蝶しのぶに黙っての参加でした。人の役に立つためには戦う方法以外になかった。

d-manga.net

そこで続いては栗花落カナヲの強さを考察。

453139f35ec99fd444303df41eca87a4

(鬼滅の刃157話 吾峠呼世晴/集英社)

結論から書くと、栗花落カナヲの強さは師匠の胡蝶しのぶよりも強いと評価するのは上弦の2・童磨。あくまで「かもしれない」程度の表現なので一概に言えないものの、少なくとも栗花落カナヲは純粋な身体能力や体幹の面で上回りそう。

2e66a2c38980a4e359d3e47a3ad082a3 500x379

(鬼滅の刃6巻 吾峠呼世晴/集英社)

とにかく栗花落カナヲは反射速度と動体視力が天下一品。当初は主人公・竈門炭治郎でも訓練で勝てることは難しく、更には「柱の人たちに近い匂い」と栗花落カナヲの強さを評価するほど。実力的には胡蝶しのぶや我妻善逸並か。

もし栗花落カナヲがそのまま柱に選ばれていたとしたら、おそらく「花柱」と呼ばれていたに違いない。

花の呼吸の技一覧まとめ

続いては「花の呼吸」の必殺技一覧を考察していこうと思います。もともと花の呼吸は姉・胡蝶カナエが体得していた呼吸法。実質的には栗花落カナヲと胡蝶カナエの両方の技を兼ねてます。

cce328776663761d218cb8ed29216b13 500x306

(鬼滅の刃158話 吾峠呼世晴/集英社)

まずは花の呼吸・2ノ型「御影梅(みかげうめ)」。周囲を連続でランダムに切り込む技。

a2f500e6aa531c0f10ea2fb52d43954d

(鬼滅の刃143話 吾峠呼世晴/集英社)

続いては花の呼吸・4ノ型「紅花衣(べにばなごろも)」。強烈な一撃を放つ技。斬撃が紅花紬のように見えることが由来。

6118edc7294eef694a73d74f8b9da7fa

(鬼滅の刃158話 吾峠呼世晴/集英社)

続いては花の呼吸・5ノ型「徒の芍薬(あだのしゃくやく)」。特定の箇所に9連撃を与える技。芍薬の花びらのように見えることが由来。

5e9bf309c1a01e04967502974a8080fc 453x430

(鬼滅の刃158話 吾峠呼世晴/集英社)

続いては花の呼吸・6ノ型「渦桃(うずもも)」。回転しながら敵に切り込む技。

7aaff2392ee1a4b780430dc034970e8f

(鬼滅の刃162話 吾峠呼世晴/集英社)

続いては花の呼吸・終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」

大量の血液を眼球に集中させることで、動体視力を極限まで引き上げる技。それ故に眼球が真っ赤に染まる。ただでさえ動体視力に優れる栗花落カナヲにとって、ブーストされた動体視力は周囲の動きは極端に鈍く止まって見える。

しかしながら、終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」は眼球に対するダメージは凄まじく、失明してしまう可能性が高い。童磨戦では短時間の使用でしたが、栗花落カナヲは片目だけ失明してしまう。まさに「終わりの最終型」。

栗花落カナヲの名言一覧

続いては「栗花落カナヲの名言」を考察。当初はロボットのような性格でしたが、後に師匠・胡蝶しのぶの割とキツい性格を継承したのが毒舌も吐きます。やはり女性だけあって観察眼や洞察力に優れる模様。

117dfcbb966a2fcdcf95c642f640378f 406x430

(鬼滅の刃158話 吾峠呼世晴/集英社)

例えば、師匠・胡蝶しのぶが童磨に殺された場面。

それまで自分の意志など持たなかったカナヲですが、「暴れ回らなきゃ体がバラバラになってしまいそう。生まれて初めての感覚に眩暈がする。怒りを通り越してこれは憎悪だ。よくも殺したな私の肉親を」と初めて激情にかられる。

人間が本当に怒り狂うと言葉よりも、まず身体的な変化が現れる。そこらへんも上手く表現できてる名言でした。

a3b9352127545a108177eb40b78733e4 375x430

(鬼滅の刃157話 吾峠呼世晴/集英社)

続いての名言は「もう嘘ばっかり吐かなくていいから」。

童磨は栗花落カナヲ以上に感情の起伏に乏しい。人間時代に親が死んだ時も、仲間だった上弦の3・猗窩座が死亡した時も、更には自身に死期が迫った時ですら何の悲しみも抱かなかった。それにも関わらず、童磨は「悲しいフリ」で同情を誘う。

それに対して、栗花落カナヲは過去の自分と重ね合わせたのか、童磨の「嘘の涙」を見抜く。カナヲの表情もどこか「同情心」や「憐れみ」を抱いてるようにも見えます。しかし、栗花落カナヲの本領発揮はここから。

2771f9647effc5674c0e70faf1368710 423x430

(鬼滅の刃157話 吾峠呼世晴/集英社)

童磨を追い詰めるように出た名言が「貴方、何のために生まれてきたの?」。既にネット上では「ねぇ今どんな気持ち?」並に、相手を煽る際に使用されることも多い模様。

具体的には「貴方には嬉しいことも楽しいことも苦しいこともつらいことも、本当は空っぽでなにもないのに滑稽だね。ふふっ」という前段のセリフがあるわけですが、カナヲの指摘が図星だったため、直後に童磨も初めてブチ切れるのが笑います。

ただ栗花落カナヲは炭治郎との出会いで「凍った心」が溶けた。童磨も炭治郎のような優しい人間と出会ってれば、もしかすると何かが変わった可能性もありそうです。栗花落カナヲと童磨はある意味、対照的だけど同じだったのかも知れない。

【死亡】最期は炭治郎に殺されてしまう?

最後は「栗花落カナヲの現在」を考察。ここからは完全にネタバレ注意です。

前述のように上弦の2・童磨に最終的にとどめを刺した後、栗花落カナヲも鬼舞辻無惨戦に嘴平伊之助と共に参戦。珠世が開発した透明化の血鬼術を使って鬼舞辻無惨を翻弄するものの、最強の岩柱・悲鳴嶼行冥風柱・不死川実弥たちと共に返り討ちに合ってしまう。

それでも最終的に鬼舞辻無惨に太陽の光を浴びさせて倒す。しかしながら、無惨は最後のあがきで自身の細胞と血液を全て竈門炭治郎に注ぎ込む。結果、日の呼吸を体得した竈門炭治郎は太陽の光を克服した「最強の鬼」と化してしまう。

a2aa78502fc3c67d1f99960ae231d0ea 500x371

(鬼滅の刃202話 吾峠呼世晴/集英社)

そこで立ち上がったのが栗花落カナヲ。実は師匠の胡蝶しのぶから「鬼を人間に戻す薬」を前もって手渡されていた。「私の目を片方残してくれたのは、このためだったんだね。姉さん。」と胡蝶しのぶの想いを感じ取った栗花落カナヲの目には涙。

亡きしのぶの先見の明に改めて驚愕し、自分もようやく天国で再会できることに嬉しみを覚え、竈門炭治郎を救えることに感動を覚えたのか。まさに運命のバトンが栗花落カナヲに引き継がれる。

507edc5c002c6b08c80df6698beeca35 389x430

(鬼滅の刃202話 吾峠呼世晴/集英社)

まだ鬼化して間もない段階であれば炭治郎の攻撃をかい潜れると考えた栗花落カナヲは、花の呼吸・終の型「彼岸朱眼」を最期に発動。そして、炭治郎の背中に鬼を人間に戻す薬をぶっ刺すことに成功した。

○最期のカナヲの言葉も泣かせる

しかし、もちろん栗花落カナヲは鬼化炭治郎に勝てるはずもなく、反撃にあって死亡。涙を流した瞬間にはきっと死を覚悟してたに違いない。でもカナヲが最期に残した言葉は「炭治郎だめだよ。禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ」。

栗花落カナヲは炭治郎が好きだったはずなのに、あくまで炭治郎の未来だけ気にかけていた。伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の最期と違って、まだ年齢が幼かったせいか不憫な最期でした。

b68f773d44217a2c89c2fb3f5a778324

(鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社)

竈門炭治郎に対する恋心は、まさに栗花落カナヲにとっては「死亡フラグ」でした。炭治郎から渡された銅貨をキュッと握る仕草が、今となっては切なすぎます。誰にも秘められた恋心を誰にも知られることなく、栗花落カナヲは死亡したとしたら泣かせる。

『鬼滅の刃』はバトル描写が圧巻(特にアニメ版?)ですが、こういった要所要所のドラマで泣かせてくれるのが面白いと改めて思いました。

a1141ce626b20f3d4e281f48e6316bdc 275x430

(鬼滅の刃203話 吾峠呼世晴/集英社)

ただし、結果的に栗花落カナヲは生存してたことが判明。竈門炭治郎の精神は完全に無残に支配はされておらず、無意識的に致命傷を与えることを避けたものと思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    カナヲは死んでませんが

  2. 結果的にまだ栗花落カナヲは生存してましたね。修正しときました。

ドル漫@YouTubeチャンネルも運営してるので是非チェックしてね◀

タイトルとURLをコピーしました