ワンピース最新982話ネタバレ感想!ルフィと飛び六胞が相見える!最新983話予想

ワンピース最新982話のネタバレ感想をレビュー。

d-manga.net

ちなみにワンピース最新983話のネタバレ感想はレビュー済みなのでご参照下さい。

最新982話までの展開まとめ

まずはワンピース最新982話までのあらすじをおさらいしたいと思います。

鬼ヶ島のドクロドームに乗り込む麦わらの一味のルフィ。食べ物を粗末に扱う百獣海賊団と早くも交戦状態が勃発。

そして、ルフィたちの前に現れたのが裏切り者のスクラッチメン・アプー。音の広範囲な攻撃に苦戦するものの、一度はアプーと海賊同盟を結んだユースタス・キッドの怒りの一撃が炸裂。まさに最悪の世代たちがワノ国に結集。

それでも実力が拮抗してるのか勝敗は決せず。更に、そこに現れたのが百獣海賊団でも謎が多かったナンバーズのメンバー・八茶が登場。巨人族よりも巨体。体力の消耗を嫌がったルフィたちは交戦を避け、そのままカイドウの根城に向かう。

一方、ニコ・ロビンが入手した屋敷図を元にドクロドームに侵入する錦えもんやサンジたち。そこに現れたのが地図にはない遊郭。そこは飛び六胞のブラックマリアが経営する館だった。黒炭オロチ側の遊郭が狂死郎(傳ジロー)が担当し、カイドウ側の遊郭がブラックマリアが運営していたか。

そう考えると、傳ジローの強さは最低でもブラックマリア並みと予想できそう。

しかし、既にルフィたちの騒ぎに対応するためもぬけの殻だったが、唯一いたのがビッグマム。不運なことにチョッパーと遭遇。

そして、ワノ国の外ではビッグマム海賊団が到着していた。カイドウとの四皇同盟が未だに信じ難い様子でしたが、ルフィ打倒に一致団結。

d-manga.net

しかし、滝を再び登ろうとした場面で現れたのが元白ひげ海賊団のマルコだった。マルコに再び海に沈められたビッグマム海賊団を横目に、ネコマムシとイゾウと思しき人物がワノ国に到着。

果たして麦わらの一味の戦力は強化されるのか?

カン十郎がオロチに合流するも…

ということでワンピース最新982話のネタバレ感想をレビュー。

ドクロドーム内では黒炭オロチとカイドウが「光月の亡霊たちがみな消え失せた記念すべき日」と宴もたけなわで盛り上がる。

カイドウも黒炭カン十郎の正体を知らされ、思わずオロチへの忠誠心の深さに感心。「そこまで信頼の置ける男が【何も聞いてない】と言うんなら、ラフテルに繋がる手がかりは分からないだろう」と納得。

【】で強調するなどいかにもワンピースの伏線っぽい匂いもしますが、錦えもんたちもラフテルに関する情報は知ってなかったことからおそらく事実のはず。ただ直接聞かされてないものの、何らかのカタチで実は錦えもんたちは知っていたパターンなどはありそう。

そこで黒炭カン十郎が参上。味方と知らされずに襲ってきた百獣海賊団たちをフルボッコするなど、やはり実力的には十分。カン十郎の左手にはズタボロ状態の光月モモの助の姿。カン十郎に「おでんの従者」という面影はすっかりなし。

ボロ雑巾のモモの助はカン十郎の「悪魔の実で描いた偽者」とも一瞬考えたんですが、モモの助のセリフの吹き出しが確認できる。その発言内容も含めて、素直にカン十郎にフルボッコされたと考えるのが自然でしょう。カン十郎が再び裏切る可能性は低い気はします。

しかし、黒炭オロチはカン十郎から「作戦が失敗したこと」を知らされる。赤鞘九人男だけではなく、麦わらの一味やキッドたちが襲来してる事実を知り、さっきまではテンションあげあげだったものの、オロチはかつてのようにガタガタと震え出す。

ズタボロ状態のモモの助を引っ捕え、オロチは「光月家の生き残りの抹殺」を改めて誓う。

マルコは?傳ジローは?

一方、先週号でようやく再登場したマルコとネコマムシ。

電伝虫でイヌアラシたちと久しぶりの連絡を取りあって、ネコマムシは鬼ヶ島の最北西に向かってることを知る。そして、このままワノ国本国には向かわず、直接鬼ヶ島に向かうっぽい。

ワノ国に戻る可能性も考察しましたが、やはりここまで遅れてきてしまった以上はそこまでの余裕もないのでしょう。ネコマムシが連れてきたのは元白ひげ海賊団でもあるイゾウだと思うんですが、今週の最新982話ではまだ正体は明かされてません。

マリンフォード頂上戦争時の「袴のデザイン」が違うことからイゾウと違う説もありますが、おそらくイゾウのキャラ設定は当初そこまで重要キャラではなかったんだと思います。途中でワノ国出身者という設定が追加されたため違和感が残るだけ。

そして、傳ジローは飛び六胞のササキと遭遇。ササキは狂死郎としか認識せず、傳ジローにあっさりひっ捕らえられてしまう。オロチの側近という立場は今後も活かせそう。そう考えると、錦えもんの役に立たないっぷりがすごい。

d-manga.net

かなりあっさり捕縛されてるので違和感が残りますが、おそらくササキは何かしらの能力者でしょうから、傳ジローは海楼石の手錠をはめたはず。だからササキという名前(非トランプ)から味方説も考えましたが、光月家と繋がってる可能性は低いかも。

ルフィはついに飛び六胞と遭遇

続いてはルフィたちの動向。

既に抜け殻と化していたブラックマリアの遊郭。そこにはポツンと取り残されていたビッグマム(シャーロット・リンリン)がおり、チョッパーと偶然遭遇。「船長の首を差し出しな!」とチョッパーたちを猛烈に追いかけてくる。まさに地獄の鬼ごっこの開演。

当初はワノ国序盤の仲良し時代を思い出す可能性も考えましたが、特に前フリでもありませんでした。チョッパーたちは砲台で攻撃するなど、もはや引くに引けない状態。ただ自ら囮になることで錦えもんたちを先に行かせることに成功。

しかし、女性陣のナミたちはプロメテウスに発見され、チョッパーの貢献も虚しくビッグマムに追跡されそうな悪寒。ゼウスがどう動くのかも再び展開の鍵を握るか。

690cba4ad854286ab3eb3b2b1fb0f020 358x430

(ONE PIECE982話 尾田栄一郎/集英社)

そして、アプーやクイーンの元を離れたルフィは飛び六胞の「うるティ」と「ページワン」に遭遇。うるティは「何だ?てめー」と早くもバチバチの一触即発。果たして、飛び六胞の実力はいかに?カイドウにすらタメ口をきいちゃううるティちゃんはどこまで強いのか?

ワンピース最新983話の予想

以上、ワンピース最新982話のネタバレ感想でした。

カン十郎がようやく再登場。オロチの元にすぐ現れてなかったことなど怪しい部分満載でした。今週号でも「光月おでんから何も聞いてない」というカイドウのセリフ然り、カン十郎の胡散臭い描写もなくはない。

それでも傳ジローの存在もあわせて考えると、やはり敵は敵なのでしょう。さすがにこれ以上裏切りが連続しても、かえってカン十郎のキャラとしての魅力が失われそう。

強いて言えば、お庭番衆の福ロクジュの方がまだ裏切る可能性は高いか。福ロクジュは鬼ヶ島やワノ国内の情報を掌握する部隊にあるため、一気に形勢逆転できる鍵を握る。お庭番衆は元光月家のお抱え。「島内で不審な侍たちの目撃情報はない」という今週号の福ロクジュの証言もやや疑わしい。

現状、オロチやカイドウの全戦力は鬼ヶ島のみ」に集約されてる。それ故にルフィたちの攻略を難しくさせてるわけですが、逆に言うとワノ国本国ががら空き状態。例えば海軍、黒ひげ海賊団エドワード・ウィーブルといった第三勢力が来る伏線のような気もします。

ササキは今回関所のような場所を管理してることが発覚しましたが、ブラックマリア然り、飛び六胞は鬼ヶ島内に色んな陣地や権限が与えられてる模様。かつての外様大名や旗本のような位置付けか。それだけに飛び六胞が設立されたのが最近という証拠。

おそらく海軍のディエス・ドレークも何かしらの陣地を与えられてるはずですから、今後カイドウ打倒の基点となるのかも知れない。

来週号のワンピース最新983話の展開を予想しておくと、素直にルフィとうるティ達飛び六胞との戦いが始まりそう。実際問題どこまで強いのか判明するはず。ページワンは動物ゾオン系古代種の能力者でしたが、うるティも同様に古代種なのかなど興味深い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました