ワンピース最新940話 ネタバレ感想| 反逆の火種

『ワンピース』最新940話のネタバレ感想をレビュー。ワノ国編の続き。

d-manga.net

ワンピース最新940話までのおさらい

赤鞘九人男の正体が改めて判明。光月日和はしばらくゾロと行動を共にする模様。一方、花の都では次々と光月家の仲間が捕縛され、その中にはハートの海賊団のベポ達も。

そして、兎丼・囚人採掘場では花のヒョウ五郎がついに覚醒。かつてワノ国を収めたヤクザの大親分だった過去を彷彿とさせるほど大暴れ。

果たしてワンピース940話ではどうなるのか?

d-manga.net

【最新940話】ローが離脱し、3名の謎のフラレキャラが登場

ということで『ワンピース』最新940話のネタバレ感想をレビュー。

既にワンピース公式サイトに公開されていましたが、最悪の世代のトラファルガー・ローが麦わらの一味から離脱。しのぶがベポをディスったせいで、ローはご立腹。

百獣海賊団メンバーはトランプに関連するキャラクターばかりなので、ハートの海賊団も最終的にカイドウ側に寝返る伏線の可能性もまだ残されてはいるか。

そして、えびす町には小紫(光月日和)にふられた3名の悪人が都落ち。悪徳僧侶の「びん豪」、材木屋の「凡ゴウ」、放火魔の「ブン業」。完全なモブ脇役かと思ったら、意外と活躍するのかコイツら。

どうやらトの康が新しい家をあてがってるとのこと。何という人の良さ。

ただ、「昨日死んだ絶世の美女花魁・小紫」と紹介されるなど、相変わらず光月日和との関連性は謎に満ちたまま。普通、小紫の死体が消えたらもっと大騒ぎになるやろ?

ということは、やはり光月日和の能力はドッペルゲンガー的な何かなのか?

【最新940話】トの康が良い感じのキャラクターに成長

そして、麦わらの一味とカン十郎たちが密談している最中、突如やってきたトの康が今後活躍しそうな雰囲気。

トの康は「今からウソでしたと言っても味方が信じるだけ。しかし、あっしは逆さ三日月を彫るってのは知らなかった。あたらしらも決戦に参加させてもらいますよ」と語る。

つまり、決戦の日には何があっても突入すべきと暗に伝えてるカタチ。

一方、しのぶやカン十郎たちは相変わらず、トの康の存在を覚えてない様子。「もしやかつて偉い方であったなら聞くも失礼」となんだか意味深な伏線発言。

だから、トの康は赤鞘九人男を超える存在(より光月おでんに近い幹部?)の可能性も残されてるか。

そして、改めてトの康が「ト子の父親」であることが判明。かつて花の都に売られたものの、ト子は父親・トの康に仕送りを送っているそう。

えびす町のとあるBBA曰く、「トの康は顔も体もふざけてるけど、あの人は昔からみんなに愛されていた【仏】だよ」とトの康のいい人エピソードを語る。

でも、この「仏」もまた意味深。トの康の悪魔の実や能力を物語っている可能性も。

d-manga.net

【最新940話】ヒョウ五郎、覇気を語る

続いて兎丼の囚人採掘場。

花のヒョウ五郎がルフィに覇気の使い方を伝授。ワノ国では覇気を「流桜(りゅうおう)」と呼んでおり、体内の覇気を流れるように使用することが命名。

ヒョウ五郎曰く、「不必要な場所の覇気を拳に流す」ことで、かつて戦桃丸シルバーズ・レイリーが使用した覇気の応用技が使えるとのこと。

つまり、ワンピースにおける覇気は「オーラ」のような立ち位置に変遷しており、ハンターハンターの「念」のような特性を帯びてきたか。

d-manga.net

例えば、カイドウの必殺技「雷鳴八卦」も体内の覇気を外に放出することで攻撃力を高めているのかも。あの黒い電撃の正体も実はカイドウの覇気だった。

その後、大相撲インフェルノが一段落。そこにカリブーの体内に潜り込んだ雷ぞうがやってくる。ヒョウ五郎は赤鞘九人男と再会し、いよいよ黒炭オロチを倒すことを決意。

(ONE PIECE940話 尾田栄一郎/集英社)

実は囚人採掘場はオロチに反逆した元ヤクザの親分たちが多数収容されていた。その中に河松の姿もどうやらあった。河松だけではなく、花のヒョウ五郎もどうやらお互い見知った関係だった模様。

【ワンピース】最新941話の展開予想

ということで最後は次の「ワンピース最新941話」の展開を軽めに予想。

ワノ国のヤクザたちはかなり個性的。兜を被った武将タイプから、葉っぱをくわえたバンカラ風のキャラ。どこか白ひげ海賊団のイゾウ風のヤツも確認でき、イゾウはヤクザの息子だった?

というか、いつになったらマルコはワノ国にやってくるんや?

だから今後ワノ国の登場人物はもっと増えそう。とりあえず、いつになるかは不明ですが、今後、カリブーの悪魔の実を使って大量にまとめて脱獄するのでしょう。さながらカポネ・ベッジのシロシロの実。

そして、ビッグマム(シャーロット・リンリン)も兎丼・囚人採掘場にいよいよ近付いてるようなので、この混乱に乗じて大量の親分たちが脱獄するのか。

とはいえ、黒炭オロチを倒すのも一筋縄ではいかないでしょう。

何故なら、そもそも親分たちは全員投獄されたのかって話。ヒョウ五郎たちを含めてヤクザの親分衆もあくまで「敗残兵」。こいつらが本当に強ければ、ワノ国はカイドウに植民地支配されてないでしょうから。

そこで福ロクジュたちの本領も発揮されるか。

d-manga.net