漫画「鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン」が面白いwww【ウェブコミック感想】

スポンサーリンク

『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン』1巻2巻のネタバレ感想をレビュー。作者は鴻池剛。掲載サイトは作者自身のサイトやTwitter。出版社はKADOKAWA。ジャンルは青年コミックの動物エッセイ漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも無料で試し読み・立ち読みができます。

何故レビューしようと考えたのか自分でも分かりませんが、作者・鴻池剛のTwitter(@TsuyoshiWood)のフォロワーが100万人近くもいる人気漫画家。Twitterはゴミウヨしかいないので自分はアカウントごと削除してしまいましたが、井上雄彦のフォロワー数が40万人、真島ヒロのフォロワー数が140万人ってことを考えるとすごい。

そこで今回は『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン』が面白いのかおすすめなのか徹底考察してみました。一応、作者・鴻池剛が無料でサイト上などで公開してるのものの、テキトーに参考にして下さい。ちなみにポンタというクレジットカードとは一切関係ありません。

ぽんたがとにかく自由すぎるニャアアア

結論から書いておくと、『鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン』はそこそこ面白かった。とにかく漫画タイトルにもあるように、猫のぽんたが自由すぎる。

(鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン1巻 KADOKAWA)

例えば飼い主・鴻池剛がぽんたを猫じゃらしで誘うと、ことごとくテーブルにぶつかる。「お前テーブルが見えてないのか」と思わずツッコミを入れたくなります。

(鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン1巻 KADOKAWA)

飼い主・鴻池剛も「お前それ痛くね~の?」と心配するほど。もはやテーブルにぶつかるゲーム。テーブルだけではなくガラス窓にぶつかったり、とにかくぽんたは奔放。

(鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン1巻 KADOKAWA)

作者・鴻池剛がインフルエンザにかかった時、頼りにできる友達がいないのでぽんたをじーっと見つめると作者を軽くスパァーンといなす。「てめぇごときが触っていいもんじゃねぇ!」とでも言いたげ。体は微動だにせず、手だけというのが笑う。

意外と猫パンチって強力。YouTubeなどにも猫の動画がアップされてますが、ものすごい高速パンチ。その後も作者・鴻池剛は何回もちょくちょく猫パンチをもらうんですが、「ばい菌は近寄るなということでしょうか」という心の叫びが切なすぎる。

(鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン1巻 KADOKAWA)

作者が自分の誕生日をささやかながらに祝っていると、ぽんたが壁の台に飛び乗る。作者も誕生日だからテンションが上がったのか付き合ってあげる。ただぽんたは華麗にジャンプしたかと思ったら、テーブルに華麗に降り立つ。「お前、初めて地球に降り立ったベジータか」というぐらいの堂々たる蹂躙っぷり。

(鴻池剛と猫のぽんたニャアアアン2巻 KADOKAWA)

ただ暴走王・ぽんたにも弱点があって、それが目を手で覆われると大人しくなる。作者も思わず「鳥か」とツッコミを入れる。手足の角度などが完全な服従の体勢。でもたまに意表を突いて噛み付いてくるらしく、地味にリスクが高いのは内緒。