【感想】刑事ゆがみが地味に面白かったw【ネタバレ漫画レビュー】

スポンサーリンク

『刑事ゆがみ』1巻から3巻のネタバレ感想をレビュー。作者は井浦秀夫。掲載誌はビッグコミックオリジナル。出版社は小学館。ジャンルは青年コミックのミステリー刑事漫画。『刑事ゆがみ』はAmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みができます。

最近、この『刑事ゆがみ』がフジテレビ系列で実写ドラマ化されたらしい。そこで今回は原作漫画が面白いのかつまらないのか徹底的に考察してみました。視聴率的にドラマ版の内容はどうなのかは知りませんが、結論から書くとマンガ版『刑事ゆがみ』は意外と面白かったので購入する時の参考に使って下さい。

刑事ゆがみのあらすじ内容・ストーリー解説

舞台は、うきよ警察署の刑事課強行犯係。殺人事件といった凶悪犯罪から、傷害事件や暴行事件など幅広い捜査を行っている係。他にも刑事課強行犯係は、女性や子供に対する性的犯罪なども担当しているらしい。そのため日々様々な事件が舞い込む。

『刑事ゆがみ』の主人公は弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)。このうきよ警察署強行犯係に配属されている巡査部長。巡査部長と聞くとなんだか偉い立場の役職に聞こえますが、階級としては下から三番目。あの『こち亀』の大真面目の大原部長と階級的には同じ。

(刑事ゆがみ1巻 小学館)

ただ弓神の性格はチャランポラン。事件の過程で女子大生の電話番号を大量に手に入れた時は思わずニマニマ。完全な変態オヤジ炸裂。同じ警察官の同僚や上司に対しても、セクハラまがいや下ネタもザラ。名は体を表すとはよく言ったもので、まさに「適当」な言動も目立つ。とても「まともな刑事」とは思えない。

(刑事ゆがみ3巻 小学館)

でも弓神の事件に対する嗅覚や勘はすさまじく鋭かった。推理力にも長けており、冷徹な考察力でささいな証言の矛盾も見抜いてしまう。

そして一度疑惑を抱くと最後まで捜査を続ける執念深さは周囲からはややもすると疎ましがられるが、弓神はこれまで数々の難事件を解決してきた。だから普段の言動がいい加減であっても、なんとか刑事という職業を続けることができてるのはそういう理由。

だから『刑事ゆがみ』のストーリーは主人公・弓神適当が数々の難事件を解決する…という内容になります。つまり漫画タイトルの意味は、そのまんま「刑事の弓神」のことを指しています。他にも「歪んだ日本社会」や「歪んだ事件・犯人像」といった意味も込められているはず。

ちなみに、弓神の実写ドラマ版のキャストは、浅野忠信が担当しているとのこと。久しぶりに浅野忠信を見たんですが、思いの外ハゲ散らかしていた笑いました。おそらく役作りは関係ないはず(笑)

ちなみにフジテレビ系列の実写ドラマ版『刑事ゆがみ』の内容ですが、マンガ版は現時点で全3巻しか発売されてない。そのためドラマ化するほどネタのストックがないので、ドラマ版はおそらく完全オリジナルのストーリーが描かれているはず。