【押見修造】血の轍 あらすじ内容・キャラクター登場人物まとめ【画像あり】

スポンサーリンク

『血の轍』の掲載誌はビッグコミックスペリオール。出版社は小学館。作者は押見修造。この押見修造は「惡の華」や「ぼくは麻理のなか」などで有名な漫画家。ジャンルはサスペンス漫画。読み方は「ちのわだち」。

AmazonのKindleや楽天koboなどで無料で試し読み・立ち読みができるんですが、今回は押見修造の『血の轍』のあらすじ内容・キャラクター登場人物一覧を画像付きで紹介したいと思います。『血の轍』のご購入時の参考にして下さい。

漫画「血の轍」の登場人物・キャラクターまとめ

まずは『血の轍』の登場人物やキャラクターを紹介したいと思います。

(血の轍1巻 押見修造 小学館)

最初は主人公の長部静一(おさべ・せいいち)。学校の行き帰りで友だちとふざけ合うような、どこにでもいる中学二年生の男の子。勉強も運動も特にできるわけでもない、まさに「平凡」という二文字が似合う思春期男子。

(血の轍1巻 押見修造 小学館)

静一は吹石という同級生の女の子が好きだった。教室にいる時は、ふとした瞬間にチラッと吹石を見やることもしばしば。一見すると冴えない静一だったもの、実は吹石と両想いの関係。根暗な押見修造作品としては珍しい設定。

(血の轍1巻 押見修造 小学館)

この静一の家には叔母さんと従兄弟のしげるがちょくちょく遊びに来た。

この叔母さんの性格は非常識までとは言えないものの、少しがさつ。神経質でウブな静一とは真反対。一方、従兄弟・しげるも遺伝子を引き継いだのか、たまにちょっとしたイザコザが静一と起きることもあったが、基本的に楽しい他愛もない日々を送っていた。

(血の轍1巻 押見修造 小学館)

この叔母さん家族たちを相手にしていたのが、静一のママ・静子(せいこ)。画像を見ても分かるように、あからさまに静一との距離感が近い。事あるごとに静一にハグをしたり、静子は毎朝コチョコチョをして起こすなど息子の静一を溺愛。

もう嫌な予感しかしないと思いますが、そう感じた方はまさにご明察。

(血の轍1巻 押見修造 小学館)

静子の溺愛っぷりは常軌を逸しており、ある時には静一のホッペにブチュッとキスをすることもあった。

続いては『血の轍』のあらすじや内容を解説したいと思いますが、展開の中心は母親の静子であることは言うまでもないでしょう。果たして静子はどういった波乱を巻き起こすのか?静一は静子の暴走を止めることはできるのか?

ちなみに、既に同名の小説やCDタイトルが販売されてるようですが、今作の押見修造の『血の轍』とはおそらく関係ありません。