【感想】ひとり暮らしの小学生がほのぼのすぎて面白いw【漫画レビューまとめ】

スポンサーリンク

『ひとり暮らしの小学生』全3巻のネタバレ感想をレビュー。作者は松下幸市郎。掲載誌は不明ですが、出版社は宝島社から単行本が発行されています。Amazonの内容紹介では「このマンガがすごい!編集部がおくる最強WEBコミック! 」とあったので、そのサイト上で公開されていた漫画っぽい。現在までに累計300万PVを誇るそう。

『ひとり暮らしの小学生』のジャンルとしては、少年コミックの日常漫画4コマ漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも電子版の単行本は試し読み・立ち読みができます。最近になって『ひとり暮らしの小学生』のアニメも放映されているとのこと。多分それに合わせて1巻目は無料でダウンロードできます(おそらく期間限定)。

そこで今回は『ひとり暮らしの小学生』が面白い漫画なのか個人的な感想を徹底的にレビューしたいと思います。購入時の参考にして下さい。ただアニメはチェックしてないので、あくまでマンガコミック版になるのはご了承下さい。

ひとり暮らしの小学生のあらすじ内容・登場人物キャラ

『ひとり暮らしの小学生』の舞台は、神奈川県の江ノ島のとある小学校。そこで働く男性教師はかつて1980年代だった20年前に自分も生徒として在籍していた。ある日の授業中、集中力が切れた教え子に向かって小学生だった昔話(小学4年生時)を回想するカタチで物語が始まります。

(ひとり暮らしの小学生1巻 江ノ島の夏 宝島社)

ただ男性教師が今作は主人公ではなく、実際の主人公は鈴音リンという女の子の同級生。リンの両親は既に二人とも他界しており、一人で「鈴音食堂」という食堂を切り盛りしながら学校に通っていた。おそらく両親が経営していた食堂。まさに苦学生全開。

だから今の時代だとあり得ない気がしますが、『ひとり暮らしの小学生』の内容は1980年代の古き良き空気感を残しつつ、鈴音リンの日常をほのぼのと切り取った4コマ漫画になります。詳細は後述しますが、まさに漫画タイトル通りの内容。非常にまったりとした日常漫画になっております。