【完結】腹ペコのマリー 全4巻 ネタバレ感想まとめ【おすすめ考察】

スポンサーリンク

『腹ペコのマリー』全4巻のネタバレ感想をレビュー。作者は田村隆平。かつて『べるぜバブ』を連載してた人。掲載誌は少年ジャンプ。出版社は集英社。ジャンルは少年コミック。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みができます。

この『腹ペコのマリー』はつい先日完結。具体的には少年ジャンプ46号で最終回を迎えたばかり。だからまだ最終巻は発売されていないものの、一足先に全4巻まとめて面白かったのかおすすめなのか考察したいと思います。

既に4巻というボリューム感から打ち切り臭満載ということは分かりますが、結論から書くと『腹ペコのマリー』は大して面白くなかったです。そのため批判的な感想しか書いてませんが、もしファンの方であれば基本的にスルー推奨。

腹ペコのマリーのあらすじ内容・登場人物キャラクター

主人公は美女木タイガ。道教のお寺の息子であり、カンフーの達人。美女木という苗字とは相反して、若干不良テイストが入ってる男子高校生。この美女木タイガは隣に住む鷺宮アンナに幼い頃から片思い中。ただ鷺宮アンナは教会の神父を父に持つ。そのためタイガの祖母とアンナの父は宗教観の違いからいつも反目しあっていた。

(腹ペコのマリー1巻 集英社)

でもタイガとアンナの当人たちは決して仲が悪いこともなく仲が良いこともなく、毎朝顔を合わせれば軽く挨拶する程度の関係が続いていた。

ただある日、鷺宮アンナが得体の知れない儀式を目の当たりにする美女木タイガ。アンナ曰く、フランス王朝の最期の王女であるマリー・テレーズ・シャルロットを呼び出すとのこと。そして、まさかのタイガは半ば強引に生け贄にされてしまう。

(腹ペコのマリー1巻 集英社)

そして美女木タイガは気付くと、まさかの体がマリー・テレーズ・シャルロットに変わってしまっていた。しかも空腹状態になると、今度は逆に美女木タイガの体に変身し、中身がマリー・テレーズ・シャルロットになってしまうという謎の属性付き。

(腹ペコのマリー1巻 集英社)

果たしてマリー・テレーズ・シャルロットは空腹を満たすことはできるのか?美女木タイガは元の体を取り戻すことはできるのか?愛しの鷺宮アンナと付き合うことはできるのか?

設定が色々と面倒くさい

結論から『腹ペコのマリー』を評価すると、設定がとにかく面倒くさい。