スポンサーリンク

【感想】ドクターストーンが面白いのか考察してみた【ネタバレ考察】

『ドクターストーン(Dr.STONE)』のネタバレ感想をレビュー。作者は稲垣理一郎(原作)とBoichi(作画)。掲載誌は少年ジャンプ。出版社は集英社。ジャンルは少年コミック。AmazonのKindleや楽天koboなどでも『ドクターストーン(Dr.STONE)』の試し読み・立ち読みができます。

1巻2巻の単巻ずつのネタバレ感想を書くのもいいんですが、今回は「面白いかつまらないか」という視点で考察記事を書きたいと思います。果たして『ドクターストーン(Dr.STONE)』はおすすめマンガなのか否か。

基本的にダメ出しメインの考察レビューなので、既に面白いと思ってる方はスルー推奨。苦情は受け付けてま千空。

【スポンサーリンク】

Dr.STONEのあらすじ登場人物・ストーリー内容

既に漫画『ドクターストーン』のあらすじは書いたんですが、簡単におさらい。主人公は男子高校生の千空(せんくう)と大樹(たいじゅ)。千空は理知的な天才科学少年、大樹は熱血漢の体力バカ。いつものように何でもない日常を過ごしていた。

ただある日、大樹が大好きなクラスメイト・杠(ゆずりは)という女の子に告白しようとしたときに異変が起きた。

(ドクターストーン1巻)

突如、空が光ったかと思うと、大樹の全身が石化してしまう。もちろん大樹が好きな杠は言うまでもなく、世界中の人間が石化。そして地球上から人類が消えてしまった。そこから膨大な月日が流れ、約3700年後。

(ドクターストーン1巻)

あることをキッカケに大樹は石化が解除された。また既に千空も石化から解き放たれていた。そして二人は誓い合う。この「ストーンワールド」で生き抜くことを。最愛の少女・杠のために数千年ごしの告白をすることを。

Boichiの絵は上手くておすすめ

『ドクターストーン(Dr.STONE)』という漫画に特筆すべき点があるとしたら、やはり画。いずれ絵が上手い漫画家おすすめランキングも作りたいと思ってますが、作画・Boichiの絵はとにかく上手い。設定やあらすじを考えると視覚化するのは難しい世界観だと思いますが、しっかり「まとも」に体現されてると思います。

(ドクターストーン1巻)

例えば小鳥の羽が石化から解かれる瞬間だと、石の硬い部分と羽の柔らかい部分の描き分けが上手い。それ故にリアルに見えます。鳥の羽というチョイスも絶妙だったのかも知れません。

(ドクターストーン1巻)

ストーンワールドと化した地球に君臨するライオンはこんな描写。実際のライオンと比べると若干顔が小さいかなーとは思いますが、そこら辺は「数千年」という時間差があるので、そういう進化をした or 新種が生まれたと考えたら別に気になるほどではないか。

【スポンサーリンク】

ストーリーのゴールや目的が不明

そして本題。果たして『ドクターストーン』が面白い漫画なのか。でも結論から書いてしまうと、個人的には『ドクターストーン(Dr.STONE)』はさして面白いとは思えませんでした。もっと言えば、つまらない部類に入るかも。

何故なら『ドクターストーン』のストーリーの軸が見えない。漫画として物語として、結局何をどうすればゴールになるのかが分からない。

例えば現実的なアプローチに走るのか、フィクション満載のファンタジーに走るのか曖昧。前述のように具体的な科学知識を活かしたゆるいテイストのサバイバル漫画で行くならそれもアリだと思いますが中途半端にシリアス感も煽ってみたり、『ドクターストーン』の読み方が難しい。

そもそもキャラクターの目的からしてバラバラ。例えば天才・千空は「文明を一から作る」ことに対して、アホ・大樹は「杠を蘇らせてイチャコラする」こと。漫画の物語の根幹を考えたら、そこは統一しておかないとダメでしょう。

(ドクターストーン1巻)

しかも杠は杠で5話目か6話目かであっさり蘇る。じゃあ一話目の大層な前フリは何だったんだと言いたくなる。また作画・Boichiの画力を活かしたお色気展開もなし。原始の世界に舞い戻った以上、杠のあんな部分こんな部分をつい期待してしまいますが残念ながら無し。

【スポンサーリンク】

漫画タイトルの「ドクターストーン」について

漫画タイトルの『Dr.STONE』を、直訳すると「石博士(石医者)」みたいな意味になるはず。物語を読んでる限りは、この「ドクターストーンは千空」を差してると十中八九推察されます。だったらW主人公にした意味を見出だせない。千空をメインにするなら大樹が邪魔。

そもそも主人公の二人が簡単に復活できてる時点で、「石化から人間を蘇らせる」という目的は決してハードルが高くない。だから「医者」に限定する意味がなく、石人間の「治療」に限定してしまうと作品の広がりにも欠ける。

だからマンガ作中でも何度も登場しますが、漫画タイトルは素直に「ストーンワールド」で良かった。これなら「石化した世界の物語」であればストーリーは何でもオッケー。また「千空」たちをメインに据えるのであれば「ストーンボーイズ」。もし博士感を強調するのであれば、「サイエンス・ストーン」とかで十分。

『Dr.STONE』だと一般名詞をくっつけただけでは、何の引っ掛かりもない。例えば『Dr.スランプアラレちゃん』というマンガがありましたが、もし「アラレ」という主人公名が入ってなかったらあそこまで人気は出てなかった気がする。

既に「Dr」と省略してる以上、ここから更にマンガタイトルを省略するのが難しい。自分が提案した案だと「SW」や「SB」みたいに略せます。

【スポンサーリンク】

ドクターストーンの総合評価・評判・口コミまとめ

以上、『ドクターストーン(Dr.STONE)』が面白いかつまらないかの考察レビューでした。正直な感想を述べれば、一見すると期待できそうなんですがいざ読み始めると「あれ?」といったところ。

だから地味にツッコミどころも多いといえば多い。前述の石化された小鳥を見ても分かるように、人間だけではなく動物も石化されてる。それにも関わらず、何故3700年後の地球に動物が再び繁栄してるのか。3700年も石化してたくせに同時期に千空と大樹が復活するなど、中途半端に理屈っぽいだけで全体的にはご都合主義なのも気にかかる。

(ドクターストーン1巻)

ストーリーをもう少しネタバレしておくと、獅子王司という霊長類最強の高校生が復活。最初は千空たちと仲良く協調していたものの、「使えない老人たちを排除」するというイデオロギーのもと石化した人間たちを破壊していく。そのため大樹たちと反目。ただ時間軸を利用するなら、やはり同時期に復活させた意味があったのかという疑問。

例えば獅子王司はとっくに石化が解除されていて、既に帝国もどきの国を築き上げていた。そうすれば「15歳の千空と大樹たち vs 50歳になった獅子王司」みたいな展開も描写できてたはず。獅子王はケンカ最強な上、既に30年以上もストーンワールドで暮らし経験値も豊富。圧倒的に不利な中、蘇ったばかりの千空と大樹が助け合って打倒する。少年マンガの序盤の引きとしてはまずまず面白いのではないか。

せっかくの約4000年という空白期間を活かせてない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク