【感想】ドクターストーンが面白いのか考察してみた【ネタバレ考察】

スポンサーリンク

『ドクターストーン(Dr.STONE)』のネタバレ感想をレビュー。作者は稲垣理一郎(原作)とBoichi(作画)。掲載誌は少年ジャンプ。出版社は集英社。ジャンルは少年コミック。AmazonのKindleや楽天koboなどでも『ドクターストーン(Dr.STONE)』の試し読み・立ち読みができます。

単巻ずつのネタバレ感想を書くのもいいんですが、最近はマンガネタバレブログが摘発されがち。そこで今回は「面白いかつまらないか」という視点でまとめて徹底的に考察記事を書きたいと思います。果たして『ドクターストーン(Dr.STONE)』はおすすめマンガなのか否か。

ただ個人的な感想としてはそこまで面白くないと想ってるので、基本的にダメ出しメインの考察レビュー。『ドクターストーン』が面白いと思ってる読者の方はスルー推奨。苦情は受け付けてま千空。

Dr.STONEのあらすじ登場人物・ストーリー内容

既に漫画『ドクターストーン』のあらすじは書いたんですが、簡単におさらい。主人公は男子高校生の千空(せんくう)と大樹(たいじゅ)。千空は理知的な天才科学少年、大樹は熱血漢の体力バカ。いつものように何でもない日常を過ごしていた。

ただある日、大樹が大好きなクラスメイト・杠(ゆずりは)という女の子に告白しようとしたときに異変が起きた。

(ドクターストーン1巻)

突如、空が光ったかと思うと、大樹の全身が石化してしまう。もちろん大樹が好きな杠は言うまでもなく、世界中の人間が石化。そして地球上から人類が消えてしまった。そこから膨大な月日が流れ、約3700年後。

(ドクターストーン1巻)

あることをキッカケに大樹は石化が解除された。また既に千空も石化から解き放たれていた。そして二人は誓い合う。この「ストーンワールド」で生き抜くことを。最愛の少女・杠のために数千年ごしの告白をすることを。

以上が『ドクターストーン』の簡単なあらすじ内容になります。続いては面白いポイント・おすすめポイントを考察したいと思います。