ワンピース最新943話 ネタバレ感想まとめ| SMILEと百獣海賊団

ワンピース最新943話のネタバレ感想をレビュー。

d-manga.net

ワンピース最新943話までのあらすじまとめ

まずはワンピース最新943話までの展開をおさらい。

トの康の正体が、かつて白舞を統治したワノ国大名の一人・霜月康イエと判明。白舞は鎖国国家・ワノ国唯一の漁港を持つなど、高い軍事力を誇っていたとか。

一方、康イエの人望は厚く、若かりし頃の光月おでんも康イエの元に出入りするなど関係は深かった。しかし、カイドウ統治後は康イエも追われ、トの康としてえびす町で細々と隠れて暮らしていた。

ただルフィや光月モモの助、赤鞘九人男がカイドウ打倒を目論んでいることを知ると、康イエは協力。黒炭オロチに捕縛されて自ら犠牲になることで、一度発覚した計画を立て直すことに成功した。

目の前で処刑される父・トの康の姿を見て、娘のトコは「お父ちゃんが死んじゃったよ」と笑うばかり。そこでゾロは「SMILE(人造悪魔の実)が原因」であることを光月日和から聞かされる。

果たしてワンピース943話では人造悪魔の実(SMILE)の正体が明らかになるのか?トコや光月日和の運命は?

d-manga.net

人造悪魔の実は9割が失敗作

ということでワンピース最新943話のネタバレ感想。

トの康(康イエ)処刑後、かつて慕っていた住民たちなどは泣き叫ぶどころか、爆笑するばかり。娘のトコであっても同じ。黒炭オロチは「そうだ皆の衆、笑ってあの世へ送ってやれ。これがワノ国」と爆笑。

離れた場所でその光景を見ていたルフィは、「死んで笑われていい奴なんている筈がねぇ」とキッパリ。ヒョウ五郎も「おそらくSMILEの影響」と推理。そして、しのぶがSMILEの詳細を語り出す。

人造悪魔の実は食べたところで能力が開花するのは1割。残りの9割は副作用とリスクだけが継承される。その副作用の中にカナヅチになること以外に、「表情を失う」というリスクがあった。

f5c9f4902a154e23d7c0b1e6025bc4c1 500x390

(ONE PIECE943話 尾田栄一郎/集英社)

そこでカイドウやドフラミンゴ、シーザーは皮肉を込めて、人造悪魔の実を「SMILE」と名付けた。改めて言うまでもないですが、わっるい顔してます。さすがに今後この3名が仲間に入る可能性はやはり低いか。

cef16ed1d8fc4de185c3ab1a9014e838

(ONE PIECE80巻 尾田栄一郎/集英社)

だから百獣海賊団のプレジャーズたちも「実は失敗作のメンバー」だった。改めてワンピースを読み直してみると、ミンク族たちに電撃攻撃を受けた際、「ギャハハ」と笑ってる。本来は苦悶の表情を浮かべたかったに違いない。

d-manga.net

SMILEの失敗作を食べさせられたえびす町の町民

でも、ここまでの情報であればワノ国の住民たちが表情を奪われる理由が不明。カイドウがワノ国の住民にSMILEを与えるとも考えにくい。

ただ、そこで黒炭オロチが暗躍。辛気臭いおこぼれ町の住民たちに「SMILEの失敗作」を分け与えた。ワノ国は一部の国民を除いて貧困にあえいでる。おこぼれ町の住民は不自然に思いながらも、空腹に耐えきれず食べた。

結果、「涙がたえないおこぼれ町」から「笑いがたえないえびす町」が生まれた。当初SMILEの成分にワノ国住民の表情が必要だったのかと考察しましたがハズレ。まさに見せかけの笑顔。

光月日和も「だから笑う人たちも責めないでください」と涙をこぼす。

d-manga.net

ただ失われたのは、あくまで表情だけ。内に秘めた悲しみや怒りの感情が消えるわけではない。娘・トコは死体(?)となったトの康の元に向かう。しかし、黒炭オロチに当然にして発見される。

まさに万事休すの場面でゾロ(ゾロ十郎)とサンジ(サン五郎)が登場。二人は2年ぶりの再会とのこと。果たして最新944話で二人はトの康の仇を取ることはできるのか?

ワンピース最新944話の展開予想

ということでワンピース最新944話の展開予想。

943話の流れを考えると、おそらくゾロとサンジがそのまま黒炭オロチと戦うことになりそう。最近は場面転換が起きると予想しがちでしたが、さすがに今の勢いのままの展開が起きそう。

一方で、同場面では飛び六胞ディエス・ドレークバジル・ホーキンスなどもいたので、素直に黒炭オロチと戦闘が勃発するかは不明。オロチはそのまま城に戻って、飛び六胞たちとのバトルが起きるか。

674125abbf7418777f32661072ae8558 500x210

(ONE PIECE943話 尾田栄一郎/集英社)

しかし、光月日和は「あなたまで死なないでぇ」と叫ぶものの、いや既にお前死んでたやん…と誰もがツッコミを入れたはず。自分が生き返った方法をトの康にしてやればいいのに。

だから光月日和は自分でも知らない内に復活したのか、はたまた自分だけにしか能力の効果は発揮しないのか。ここらへんは狐のお面も関係してきそうですが、はてさて。

あと黒炭オロチも何故鉄砲を使うのかも不明。普通にヤマタノオロチに変身すればいいのに。それこそ怒り狂ってれば自然と悪魔の実を発動しても良さそうですが、意外と戦闘力が弱いのか。

ee1354a520db824467534ea71f076aaa

(ONE PIECE943話 尾田栄一郎/集英社)

他にも地味に気になったのが「真ん中の男」。

d-manga.net

一瞬、髪型的に白ひげ海賊団のイゾウを彷彿としたんですが、画像のコマにいるのは赤鞘九人男のメンバーばかり。そのため画像の男はお菊と考察されるため、やはり性別が男性の可能性が高そう。

それにしてもシルエットで隠すなど、河松傅ジローの正体をまだまだ引っ張るなーと。当時と現在の髪型が変わってるキャラが多いので、やはり傅ジローの髪型も現在もこの限りではないのか。

この赤鞘九人男を光月おでんに引き入れたのがトの康(康イエ)だったので、普通にこのまま死亡するのかは不明。やはり強者だった大名が鉄砲ごときで本当に死亡するのかという疑問も。