【完結まとめ】ザ・ファブル 最終回 ネタバレ感想レビュー!最終話の結末は?最後のラストは?面白い漫画?第一部はおすすめ?

2014年からヤングマガジン(講談社)で連載が始まった漫画が『ザ・ファブル』。作者はヤンキー漫画を連載していた南勝久。元V6の岡田准一で映画化されるなど、『ザ・ファブル』のコミックス累計発行部数は900万部を突破するほど人気に。

でも2019年に第一部となる内容が完結しました。第二部の『ザ・ファブル The second contact』は2021年7月から連載再開されるんですが、そこで今回ドル漫では「ザ・ファブル(第一部)の最終回・最終話」のネタバレ感想を画像付きでレビューしてみた。

記事の最後には『ザ・ファブル』は面白い漫画だったのか評価考察してます。第二部を読む上でも参考にしてみてください。

1a401e6d66c7c21d4bc20e17c7540377
【完結】監獄学園の最終回がイミフすぎて打ち切りへwww最後の結末は?最終28巻の描き下ろしもつまらない?【ネタバレ感想まとめ】【プリズンスクール】
【漫画】監獄学園(プリズンスクール)最終回ネタバレ感想まとめ!衝撃ラスト最終話を画像付きでレビュー!最後はやっぱり打ち切り?最終28巻までのあらすじ内容を徹底考察【評価評判口コミ】

最終回までのあらすじ内容まとめ

まずは『ザ・ファブル』の内容あらすじを簡単に解説しようと思います。

91e48aa3a271bfc32363f266a6ec66b2 379x430

(ザ・ファブル1巻 南勝久/講談社)

主人公は名もなき「最強の殺し屋」。

幼い頃から組織のボスによって殺しの訓練を受けていた男は、射撃であればどんな体勢でも一撃で相手を仕留めてしまうTHEヒットマン。依頼された暗殺は一度も失敗したことがない、まさに殺しの天才。裏社会では伝説的な暗殺者として名が轟いていた。

その一方、ターゲットになった人間はことごとく死亡するため、誰も男の顔や素性は知らなかった。そこで裏社会で付いたあだ名は「ファブル(Fable)」。日本語訳だと寓話を意味する言葉ですが、「ホンマにこんな奴存在するん?」という感じで非現実・非実在扱いされていた。

つまり、漫画タイトルの『ザ・ファブル』とは画像の主人公を指してる。一応、組織のあだ名もファブルという風にはなっています。

de8c98fe327cbd852529569296f05a43 287x430

(ザ・ファブル6巻 南勝久/講談社)

例えばヤクザが刃物で襲ってきても、片手間でフルボッコして後に婚約するミサキを助けるように指示を的確に出す。マーシャルアーツに関しても天賦の才を発揮し、動体視力、運動能力、どれをとってもずば抜けてる。頭もキレるため思考の瞬発力も高い。

f199b96f9e116eaf162bccdedaf4f9bb 500x398

(ザ・ファブル12巻 南勝久/講談社)

だから爆弾が仕掛けられていても瞬時でそれを見抜き、爆破を即座に回避するという曲芸もお茶の子さいさい。状況判断能力も図抜けており、ボスをして「最高傑作」と言わしめる殺しの逸材だった。

819e074cbb5749cea74f64011ccc16d5
【漫画】ベルセルクの未完結が確定!もし連載が続いてたら最終回はいつ頃?休載は実は少ない?【三浦建太郎死亡】【ラスト最終話結末】
【悲報】三浦建太郎が大動脈解離で死亡!ベルセルクの「未完結」が確定してしまう!もし連載が続いてたら最終回はいつ頃だった?休載は実は少ない?【ラスト結末最終話まとめ】

最強の暗殺者・ファブルが「一般ピーポー・佐藤明」として平和に暮らす物語?

しかしながら時代が時代。

街中には監視カメラがそこら中に設置されるなど、いくら天才的な殺し屋でも「犯行現場」を撮影されてしまう可能性は排除できない。どれだけ相手にバレずに殺せたとしても、いずれファブルの正体がバレて、更には組織のボスに司直の手が及ぶとも限らない。

d3165311cb46b3faa7548734e3d33843 296x430

(ザ・ファブル1巻 南勝久/講談社)

そこでボスは【佐藤明(さとうアキラ)】という偽名をファブルに与えて、「約1年間誰も殺さずに《一般人》として平和に暮らせ」という指示を下す。組織のお得意先だった大阪の暴力団「真黒(まぐろ)組」に依頼し、佐藤アキラの生活を手助けさせる。

ただ佐藤は生粋の殺し屋だった。

9d4a256b907ddf0d8d5f7ad69efa5e65
【結末】食糧人類 最終7巻 ネタバレ感想まとめ【打ち切りラスト?】【最終話】
『食糧人類-Starving Anonymous-』の最終回・最終話のネタバレ感想をレビュー。作者は水谷健吾(原案)、蔵石ユウ(原作)、イナベカズ(作画)。掲載サイトはeヤングマガジン。出版社は講談社。ジャンルは青年コミックのサバイバル漫画

○妹役のヨウコと共に共同生活を送るが…

1e5cfceae261c41a2757c3d260c13953 418x430

(ザ・ファブル1巻 南勝久/講談社)

「どんな敵でも常に6秒以内に倒せと育った」と語るように、そこらへんのヤンキーに絡まれた際には、反射的にワンパンで倒してしまうなど殺し屋気質がどうしても抜けない。果たして佐藤は一般人になりきれるのか?という内容の漫画になっています。

他にも同じく組織に在籍するボス直系の女パートナーも【佐藤洋子(さとうヨウコ)】という「妹役」として同居生活を送ります。どっちも本名などは不明(正確には無い)ですが、作中では主人公が「佐藤」や「アキラ」、妹役の女が「ヨウコ」と便宜的に呼ばれてます。

f01cef22a07b0d1487050819b428d15a 305x430

(ザ・ファブル1巻 南勝久/講談社)

ヨウコの主な能力は瞬間記憶力。佐藤の運転手を務めるなど基本的にサポート役なんですが、こちらもなかなかぶっ飛んだ強さ。だから「平凡な日常生活」と「佐藤のヤバさ」のギャップ感が絶妙にコミカルに描かれた漫画になっております。

e783686850f0cbe3e81b16ed50ed4084
【完結まとめ】進撃の巨人の最終回がヒドいw最終34巻のネタバレ感想をレビュー!最後の結末は?最終話の加筆の評価は?ラスボスはエレン?マーレ編とは?アニメ曲がオチを予言?トウゾクカモメの伏線とは?【最終話までの内容あらすじ】
【漫画】進撃の巨人「最終回」ネタバレ感想まとめ!衝撃ラストを画像付きで徹底レビュー!最終34巻の加筆された内容は?エレンの最後は?正体は敵ラスボス?アニメ曲が最終話を予言?トウゾクカモメの伏線がヤバい!【評価評判あらすじ考察】

最後に立ちはだかるはラスボス・山岡

その後、一般人の「佐藤アキラ」として暮らすファブルは、デザイン会社オクトパスのアルバイトとして働き始める。そこで後に婚約するミサキと出会うんですが、アキラは殺し屋としての運命を背負うだけあって周りではさまざまな事件が勃発してしまう。

その過程で前述の暴力団「真黒組」のいざこざ(内部抗争)に最終的に巻き込まれる。

意外と人間関係が複雑なのでざっくり解説すると、真黒組の組長が「浜田」。佐藤アキラの生活を補佐する真黒組若頭が「海老原(えびはら)」。その更に下に幹部の「砂川」という男もいた。砂川は次期若頭候補だったんですが、真黒組の乗っ取りを画策する。

つまり、海老原たちの抹殺に動く。実力的に上の二人が消えたら、砂川が組長に自動的に選ばれるという算段。そこで白羽の矢が立ったのが、元殺し屋の「マツ」。現在はバー経営を営むナンデモ屋。「二郎」という毒殺専門の殺し屋を使って、真黒組組長の浜田を暗殺せしめる。

24bac2bf0184aada39e06196e9a918b8 343x430

(ザ・ファブル14巻 南勝久/講談社)

でも、実はマツの裏にいた殺し屋が「山岡(やまおか)」

574e43f52876ea6ec33973f2849d09cc
【完結】アイアムアヒーロー最終回が意味不明でひどいwww【最終話の予想考察まとめ】
『アイアムアヒーロー』といえば、2017年までビッグコミックスピリッツ(小学館)で連載されていたゾンビ漫画。作者は花沢健吾。大泉洋で実写映画化されたり、発行部数は数百万部は超えていたほど人気でした。特に『アイアムアヒーロー』の衝撃的な一巻ラ

○山岡は恐怖心を一切覚えないイカレポンチ

山岡はファブルこと佐藤アキラと同じく組織のメンバー。立場的にはボスと直々に会うことができる数少ない幹部。ただ脳の扁桃体に障害を抱えるせいで、恐怖心を覚えることが一切ないイカレポンチ。そのため常にスリルを求める快楽劇場型殺人者でもあった。

ef83dff8670252a21ef77872dd2671ef 423x430

(ザ・ファブル15巻 南勝久/講談社)

また若かりし頃は「殺し屋の殺し屋」だけあって、山岡の殺しの腕前は今もなお天下一品。山岡は気配を消す能力、格闘能力などは現役の暗殺者と引けを取らない。かつて瞬間記憶力を持つヨウコを組織に引き入れるため、火災を偽装してヨウコの両親を殺したことも。

まさに性格は残忍無比。

マツもかつて山岡に殺されかかったものの(画像参照)、命と引換えに軍門に下った経緯がある。砂川の依頼は結果的に裏で山岡が全て取り仕切っていた。当然、山岡が目論むは単に砂川を真黒組組長にするのではなく、「最高に面白いシナリオ」。

51e7182a6804e5be14d96298e1de4e05
【完結まとめ】鬼滅の刃の最終回がヒドすぎた?最終23巻ネタバレ感想レビュー!巻末コメントは?最後の描き下ろしは?青い彼岸花の秘密が最終話で判明?現代編の第二部は?結末は?
【結末】鬼滅の刃「最終回」のネタバレ感想をフルカラー画像付きで徹底レビューまとめ!最終話の巻末コメントは?最終23巻の描き下ろしは?青い彼岸花の秘密も完結後に判明?最後は現代編が始動?第二部はいつ?ジョジョやNARUTOをもろパクリだった?

山岡の暴走

そして、山岡はボスの最高傑作である佐藤アキラとの対戦を目論む。ファブルを一般人に戻そうとするなど、山岡は「最近のボスの経営理念」に強い違和感を覚える。組織のこれ以上成長が見込めないと判断した快楽主義の山岡は、組織の理より自分の欲望を優先させる。

その一方、佐藤兄妹には関わるなというボスの命令は絶対。意外と約束は守る山岡さん。そこで山岡は自分からは佐藤アキラに接触することはせず(そもそも素性を調べることすらできなかった)、アキラ自らが山岡サイドに向かってくるように誘導する。

その手段として、後の婚約者となるミサキを拉致る。しかし偶然、ミサキの拉致現場に佐藤アキラが出くわした。

cff96b7aa9dfaffd97c893ef1334be75 449x430

(ザ・ファブル18巻 南勝久/講談社)

佐藤アキラは山岡の狙いを即座に察知し、何も知らない「ひ弱な一般人」を装って山岡の潜伏場所の倉庫まであえておびき寄せられることとする。

山岡は佐藤の顔をジッと観察するものの、山岡をして「ひ弱な一般人」以上の何かを読み取ることはできなかった。気配を殺す達人の山岡ですら、佐藤の微々たる気配や殺気を見抜けない。『ハンターハンター』の念能力で言えば、佐藤はさながら絶の達人。

cc7aa4fe0b44a8e2315f4749db5bcb6d
【ネタバレ感想】銀魂の最終回がヒドすぎてワロタwww【完結・結末】【ラスト最終話まとめ】
【ガチ完結】銀魂の「最終回」を画像付きでネタバレ感想をレビュー!銀魂の最後の最終話はやっぱりヒドかった?まさかの打ち切りオチ?銀魂ラストは衝撃の結末で感動の嵐?銀魂の最終回の口コミ評判評価も丸わかり!

山岡は最期の死に際に「佐藤の記憶」に残りたい

ただ既にこの場には山岡と因縁深いヨウコも集まっているなど、まさに一触即発の状態。血なまぐさい展開しか待っていなかった。

70fbeb3b5deddcec099f75e753d9e344 319x430

(ザ・ファブル18巻 南勝久/講談社)

山岡はミサキを嬲って佐藤アキラを呼び出そうと試みるものの、既に背後には「佐藤アキラの姿」があった。感情が死んだ山岡でも、思わず呆気にとられてしまう。その後、山岡直属の部下であるユーカリたちをフルボッコ無双するなど、佐藤アキラは最高傑作っぷりを披露する。

2c75a9960634e82bb01cac11529bef86
【完結】約束のネバーランド 最終回 ネタバレ感想レビュー!最後の結末は打ち切り?イザベラやラートリーは?ごほうびの謎は?巻末コメントは?ラストがひどい?【最終話まとめ】
【ネタバレ感想】約束のネバーランドの最終回がひどすぎた?最終話は打ち切りエンド?イザベラ、ピーター・ラートリーの最後は?ご褒美の謎は?完結ラストの巻末コメントは誰が反応してる?【口コミ評価評判まとめ】

○アキラはアザミととっさの連携を取るものの…

一方、実は山岡直属の部下・アザミには「山岡を拘束しろ」というボスの命令が下っていた。読唇術で佐藤とコミュニケーションを取ってとっさに連携を図るが、山岡をスンデのところで逃してしまう。もちろん山岡は「最高のシナリオ」を完成させることは諦めない。

3d0fc073b963f8fafd3c34bd7782053b 500x380

(ザ・ファブル21巻 南勝久/講談社)

恐怖を失った山岡が最後に目論むのは「佐藤アキラ(ファブル)の記憶に残る」ということ。感情の起伏が一切ないが故に、山岡は「自らのドラマティックな死」を常に追い求めていた。つまり、どうせなら最後は佐藤アキラと戦って華々しく散りたかった。

67fd9e9a836679a5b4d8d0f5625710cb
【漫画】亜人 最終回 ネタバレ感想まとめ!最後の結末は?佐藤のラストは死亡?作者の巻末コメントは?亜人の正体とは?完結までのあらすじ内容レビュー!【ひどい最終話考察】
【完結】亜人「最終回」ネタバレ感想を画像付きでレビューまとめ!衝撃ラストはどんな結末?最終話で佐藤は死亡した?作者の巻末コメントは?結局亜人の正体とは?【あらすじ内容考察】

最終決戦でも佐藤は圧倒

その後、山岡は次々と佐藤アキラをおびき寄せるために関係者を暗殺していく。山岡の暴走にしびれを切らしたボスから「山岡暗殺の許可」がついに出る。果たして佐藤vs山岡の最終決戦はどうなる?というのが『ザ・ファブル』の最終盤のざっくりした展開になります。

他にも色んな経緯や思惑があるんですが、佐藤アキラと山岡は再び倉庫で相見える。山岡は「佐藤アキラが俺を殺りにくる。俺はただ返り討ちにするだけ」と豪語。アザミとユーカリにとって山岡は父親代わりの存在。アキラと3対1の殺し合いが勃発する。

1f3421ebda90cf845a2cd7aeae996667 500x385

(ザ・ファブル最終22巻 南勝久/講談社)

ただアキラは山岡とユーカリを同時に相手するものの、余裕で二人を圧倒する。防戦一方の山岡の腕がしびれる。しかもアキラは遠巻きから狙うアザミの拳銃から身を守るため、山岡をその死角に移動させながら常に「盾」にして戦う離れ業を見せる。

その後アキラはユーカリの銃を奪って、山岡の両足を撃ち抜いて動きを完全に封じ込める。

cd596ba3c73b4c0c88f26ea6a48ab483 500x369

(ザ・ファブル最終22巻 南勝久/講談社)

山岡を心配するアザミは一瞬油断を見せるが、その間にアキラはビリヤード台の下の死角で、既にユーカリを失神させていた。

ad5c32624c7c562c4e70f9b2c5c52c7a 379x430

(ザ・ファブル最終22巻 南勝久/講談社)

その後、残ったアザミとの戦いが勃発するものの、アキラがやはり圧倒。アキラは拳銃を握った腕をアザミに掴まれるものの、一瞬で変則的な持ち方に変えて発砲。それを避けようと手を離したアザミに対して、立て続けに蹴りを見舞わせる。

8540b3a3a2492eb9bba3f660150d82ac
【ネタバレ感想】闇金ウシジマくん 最終回がヒドいらしいwww【ラスト考察】
2004年に連載が開始した『闇金ウシジマくん』がついに完結。最終回に至るまでの連載期間は足掛け15年。途中でウシジマくんは実写映画化されるなど、かなり人気の長編漫画だったと評価して良さそう。ちなみに『闇金ウシジマくん』の作者は真鍋昌平。掲載

ラストの結末は佐藤とミサキが婚約するが…

アザミを蹴りで圧倒している間に、山岡を殺すための銃弾を込めるなど佐藤アキラの手際の良さは圧巻だった。まさに「殺しの美しい方程式」が一方的に解かれていく。

a0885f7698d7afa172d8b3be37587cf5 296x430

(ザ・ファブル最終22巻 南勝久/講談社)

ただ最終的に山岡に止めを刺したのは、真黒組の5代目組長となっていた海老原。ユーカリがダーツの矢を手の甲にぶっ刺して抵抗するものの、海老原は動じず。背中に「真黒組のメンツ」を背負っていた海老原は、覚悟の弾丸を山岡の心臓に撃ち込む。

その後、裏で待機していたボスが登場。海老原は不服そうだったが、お互いが「組織の中の膿」を出したということでしぶしぶ手打ち。前組長の浜田を暗殺した二郎も、その裏でヨウコたちが結果的に殺してしまったため、真黒組としては結果的にケジメが付いた形となっていた。

○【最終回】佐藤アキラは「人助け」の道を歩む?

ボスと海老原はトップ同士で「これからの仕事」について会談。その中で「佐藤明と佐藤洋子」の二人は組織を抜ける運びとなる。アキラ曰く、「時代が変わる。組織はやり方を変えるようだ」とのこと。殺し屋稼業は廃業となり、アザミとユーカリも【一般人】となった。

75366f0dbeb2360d43031b8078611a73 436x430

(ザ・ファブル最終22巻 南勝久/講談社)

そして、アキラはまさかのミサキと婚約を果たす。オクトパス社内で唐突に「俺はミサキちゃんが好きだ」と告白し、ミサキにエンゲージリングを渡す。戸籍を持っていないからか入籍はしないものの、ミサキはドギマギしながら快諾した。

ここらへんのクダリはいろいろ笑えます。

その後、佐藤アキラとヨウコが向かった先は「全国放浪の旅」。佐藤兄妹はまさかの人助けの旅に出る。ムダにポテンシャルに溢れた圧倒的な身体能力を使って、アキラは誰かを助けたいそう。以上が最終回の内容になります。同時にここが『ザ・ファブル』第二部の出発点ともなります。

https%3A%2F%2Fd manga
429 Too Many Requests

【ネタバレ評価評判】ザ・ファブル 最終22巻は面白い?おすすめ?

以上、『ザ・ファブル』の最終回のネタバレ感想であり、そして第二部までのおさらいになります。最後は面白い漫画だったのかどうか考察しようと思います。

結論から評価すると、『ザ・ファブル』は面白い漫画だったと思います。特に男だったら好きな漫画のはず。画像だけ見ると動きに乏しいんですが、不思議にドラマティック。

主人公・佐藤アキラの【飄々としたキャラクター】と【圧倒的な無敵感】のギャップが面白い。バリバリの殺し屋かつ感情の起伏はほとんどないものの、ほんのり存在する正義感が徐々に芽生えていく過程が読者としても共感を覚えやすい。

ストーリーは基本的には「何気ない日常」が描かれるものの、常にどこか「不穏な要素」が潜んでる。それが読み進めてるうちに一気に爆発する瞬間があって、まさに緊張と緩和。途中で妹・ヨウコを中心に発生するプチイベントが発生も、良い意味でダラダラと読めてしまう。

○ザ・ファブルは飽きさせない漫画

今回の記事ではあっさり説明してますが、実はその過程で敵味方が激しく入り乱れているので【複雑な人間関係】も醍醐味だったりします。逆に実写映画版『ファブル』の内容は微妙。2時間という時間の尺の関係上仕方ない面もありますが、そういう面白さはありません。

ceeae1d2522366990f350d3f498f91a6 494x430

(ザ・ファブル17巻 南勝久/講談社)

またキャラクターのセリフ回しも絶妙。めちゃくちゃ過激なことを言ってるわけではないんですが、要所要所のセリフはピリッとセンスがあって引き込まれる。暗殺シーンも「いかにも少年バトル漫画的な動きのある絵」ではないものの、どこか映像的で見やすい。

だから『ザ・ファブル』という漫画は「飽きさせない漫画」と評価するのが一番適切かも知れない。

一般的に人気漫画も二部作以降は内容が失速しがちですが、作者・南勝久の前作『ナニワトモアレ』シリーズでは二部の方が長期連載だった。そのため『ザ・ファブル』も二部の内容もそれなりに期待できそう。いずれ二部が完結したらレビューします。

コメント

ドル漫@YouTubeチャンネルも運営してるので是非チェックしてね◀

タイトルとURLをコピーしました