【感想】僕たちがやりました 全9巻 ネタバレ考察まとめ【おすすめ面白い】

スポンサーリンク

『僕たちがやりました』全9巻のネタバレ感想をレビュー。作者は金城宗幸(原作)、荒木光(漫画)。掲載誌はヤングマガジン。出版社は講談社。連載期間は2015年から2017年まで続いた青春マンガの青年コミック。略称は「僕やり」など。

2017年7月からフジテレビ系列で実写ドラマ化もされるので、今更ですが『僕たちがやりました』が面白い作品かつまらないのか簡単に考察したいと思います。ドラマ版でも内容は大して変わらないと思うので、原作の漫画版を読んだことがない人もテキトーに参考にしてください。

最終回のオチなどはネタバレしてませんが、ストーリーは大まかにネタバレしてるので嫌いな方はスルー推奨。

「僕たちがやりました」のあらすじ物語・ストーリー内容

主人公は増渕トビオ(以下トビオ)。凡下高校に通うどこにでもいる男子高校生。

(僕たちがやりました1巻)

トビオのモットーは「そこそこ楽しく生きる」。友達の伊佐美やマル、何故か高校を卒業しても凡下高校にやってくる大金持ちのパイセン(小坂)と一緒に、スポッチャ最高の日々をダラダラと満喫していた。

例えば道路一歩挟んだ向かいにある、矢波高校のド不良生徒たちの横暴な振る舞いを見てもスルー。何故なら草食動物は食われないように身を潜めるしかないから。あくまで非暴力超服従の精神で触らぬ神に祟りなし。

(僕たちがやりました1巻)

そしてある日、トビオの友達・マルが矢波高校の市橋たちにフルボッコ。そのままダンボール詰めされてトビオたちに発見される。一体誰の仕業かと考えあぐねる間もなく、背後から「ギャハハハ!お届け物でーす!!」とせせら笑う矢波高校の生徒たちの姿。

そこでトビオはブチ切れた。「そこそこ楽しく生きる」というモットーをついに捨て、矢波高校の生徒たちに逆襲することを伊佐美やパイセンたちと誓い合う。大金持ちのパイセンが金の力をフルに使ってプラスチック○弾をゴニョゴニョして作って、夜中に矢波高校へ忍び込んでアチコチに仕掛けた。

もちろん実際に危害を加える意図はなく、単にビビらせるだけ。当然爆発の威力は知れてる。あくまで矢波高の不良たちの慌てふためく姿を見て楽しむだけの他愛ない復讐劇…になるはずだった。翌日、授業中に次々と爆発させていくもののパイセンが仕掛けた場所が悪かった。

(僕たちがやりました1巻)

プロパンガスに引火し、想像以上の大爆発。矢波高の生徒たちにも火が燃え移る。結果、矢波高校の不良生徒たちが合計10人も死亡してしまう。まさに前代未聞のテロ。裁判になれば当然死刑。トビオが愛してやまなかった「平凡な日常」がガラガラと音を立てて崩れ落ちていく。

果たしてトビオはかつての日常を取り戻すことはできるのか?警察の手から逃れることはできるのか?という内容のマンガになります。