【2017】魔法以外もすごい!おすすめファンタジー漫画12選【人気ランキング】

スポンサーリンク

管理人・ドルジ露瓶尊はこれまで何千冊以上の漫画をレビューしてきました。2013年ぐらいにFC2ブログで漫画ブログを開設したので、決して古参ではありませんが情報量的にはトップクラスでありましょう。

そこで今回はそんな自分がおすすめしたい「ファンタジー漫画」をピックアップしたいと思います。ファンタジーと言えば、やはり魔法。だから魔法描写をベースに評価しつつも、意外とそれ以外のおすすめポイントも多い。是非ファンタジー漫画好きな方は参考に使ってください。

ちなみに一応ランキング記事ですが、細かく優劣を付けるのは難しいので漠然と下へ行くほどおすすめファンタジー漫画だと思ってください。

テガミバチ

最初のおすすめファンタジー漫画は『テガミバチ』。ジャンプスクエアで連載してた割りと人気作品。『テガミバチ』の累計発行部数は600万部700万部を超える人気ファンタジー漫画。1巻あたり数十万部以上の売上。

『テガミバチ』の主人公はラグ・シーイング。テガミと呼ばれる郵便物を運ぶテガミバチ(BEE)。このテガミには文字だけではなく、人々の思いやココロが込められていた。しかし世界は夜が明けることはなく、鎧虫(ガイチュー)と呼ばれる人々の心を食らうモンスターがあふれていた。果たしてラグ・シーイングは人々に「テガミ」を配達することはできるのか?

『テガミバチ』のおすすめポイントは、幻想的な世界観とバトル要素が巧みに組み合わさってる点。

ラグ・シーイングといったテガミバチは「心弾銃」と呼ばれる武器を使う。自分のこころを弾丸に込めて使う。キャラによって「赤針」など個性的。いわば必殺技。まさに少年読者向けのバトル描写が展開される。

一方で、小さい星型が煌めき合う独特の世界観は幻想的であり、いかんも女子ウケしそう。キャラクターの見た目も、どちらかと言えば可愛らしさが勝る絵柄。割りと幅広い読者にターゲットにできる潜在力の高さはありそう。

どうしても独特の単語や地域名が多いものの、ストーリーも序盤はオムニバス形式が多いと思うので、途中で付いていけなかったら or 合わなかったらいつでも止めることが可能。また全20巻というボリューム感も含めて意外と買いやすいはず。

良くも悪くもオリジナリティーにあふれてるので多少クセはあるかなーとは思いますが、それでも『テガミバチ』をおすすめファンタジー漫画に含める価値はあるはずです。

とんがり帽子のアトリエ…おすすめファンタジー漫画

最後のおすすめファンタジーは『とんがり帽子のアトリエ』。2016年からモーニング・ツーで連載が始まったばかりのマンガ。

主人公はココ。仕立て屋の娘で魔法に憧れていた。しかし魔法は魔法使いしか扱えず、何故か誰も魔法をかける瞬間を見たことがなかった。ある日、ココの家に魔法使い・キーフリーが現れる。好奇心に勝るココは、思わずキーフリーが魔法をかける場面を覗いてしまう。

するとキーフリーは魔法のインクが入ったペンで魔法陣を描いていた。つまり魔法は「かける」ものではなく「描く」ものだった。そして、ひょんなことからココはキーフリーの弟子となり、魔法使いの道に歩むこととなる。二人の出会いは運命か必然か。

とんがり帽子のアトリエ1巻

『とんがり帽子のアトリエ』のおすすめポイントは、やはり作者・白浜鴎の圧倒的画力。

東京芸術大学出身だけあって割りと超絶的。でも模写する力が高いだけではなく、コマ割りや構図の使い方がセンスにあふれてる。例えば「浮遊する魔法」を一つとっても、今まで見たことあるようなかった描写に魅せられる

またココのキャラクターも面白い。ちょっとした喜びを表現する仕草の一つ一つに「無邪気な少女」を体現されてて、何とも愛おしい。このココが様々な困難に立ち向かっていくわけですが、思わず後押ししたくなる共感性に繋がってる。今後の期待も込めて個人的におすすめしたいファンタジー漫画だと思います。