【漫画考察】ダンジョン飯って面白いよな?【おすすめ感想レビュー】

スポンサーリンク

『ダンジョン飯』のネタバレ感想をレビュー。作者は九井諒子。掲載誌はハルタ。出版社はKADOKAWA。ジャンルは青年コミックのグルメ漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みができます。

既に『ダンジョン飯』の発行部数は100万部を超えてるらしく、そこで今回は面白い漫画なのかつまらないマンガなのかを徹底的に考察してみました。もしまだ『ダンジョン飯』を購入するか迷っていれば、このおすすめ考察レビューを参考にして下さい。

ちなみに、少し前に楽天KOBO vs アマゾンKindleを比較しましたが、何故かこの『ダンジョン飯』の電子コミック版は楽天とAmazonで価格が違う。しかも価格差が130円と割りと大きい。作者や出版社の意向だと思いますが、楽天KOBOの場合は紙コミックと同価格帯で販売されてる。理由は不明??

そういえばアマゾンで思い出しましたが、最近AmazonFireTVStickの感想レビュー【おすすめ評価】も記事化してるので、もし興味があれば御覧ください。マンガもそうですが、アマゾンFireTVStickのようなネット動画も良質な暇潰しですよね。

ダンジョン飯のあらすじ内容ストーリー

まずは簡単に『ダンジョン飯』のあらすじや内容から解説したいと思います。

ある小さな村の小さな地下墓地に巨大なダンジョンが現れた。そして、謎の男が現れて言った。「自分は一千年前に滅びた黄金の国の王。しかし魔術師によって地下深くに囚われてしまった。もし魔術師を倒した者には全ての黄金や財宝を与えよう」。

この一言でダンジョン攻略のために、世界各地から冒険者や勇者、魔法使いといった様々なパーティーが集結した。

『ダンジョン飯』の主人公は、その中の一人であるライオス。このライオスは魔法使い・マルシル、鍵師のチルチャック、そして妹のファリンと共に行動していた(厳密には他にも何人かいるものの、ここでは敢えて割愛)。

(ダンジョン飯1巻 KADOKAWA)

しかしレッドドラゴンがいる最奥部まで進んだときには、完全な空腹。全く力も出ず万事休すの状態。そして妹・ファリンがレッドドラゴンに食べられてしまう。ただファリンも魔法使いだったため、最後の力を振り絞って兄・ライオスたちを魔法でダンジョンの外まで脱出させた。

ライオスはリーダーだった自らの責任を痛感し、一人で再びダンジョンに潜って妹・ファリンを助けようと目論む。ただ仲間のマルシルとチルチャックは「無茶」と自らも行くことを申し出る。ただ、これがまさに前途多難の始まりだった。

(ダンジョン飯1巻 KADOKAWA)

何故ならライオスは「ダンジョン内のモンスターを食べる」と言い出したから。ダンジョン内で立派に食物連鎖が成立している以上、人間もそこで自給自足生活を遅れるというのがライオスの主張。確かに空腹が原因でファリンがやられた以上、持参した食糧だけでやりくりするのは危険。

でもスライムとかを食うつもり?左の食事バランスガイドも今このタイミングで出す意味は?ライオスはパット見とは違って、完全にヤベェ奴だったwww

ただマルシルとファリンはかつて魔法学校の同窓生だったことなど、もう安請け合いした手前引くに引けない状態。ファリン奪還のためのダンジョン攻略が再び始まるものの、果たしてモンスターは美味しいのか?いや、そもそもまともに食べることができるのか?毒とかはないのか?

今まさにモンスター食べ歩きの旅が始まる…といった内容になります。だから『ダンジョン飯』のジャンルはファンタジーとグルメを足して2で割ったようなマンガになるのかも知れません。