【2017】アスリートも胸熱!おすすめ人気スポーツ漫画13選【ランキング】

スポンサーリンク

管理人・ドルジ露瓶尊はおそらく世の中で一番多くの漫画をレビューした男。それだけ様々なジャンルのマンガを読み込んできました。

例えば『キャプテン翼』に代表されるように、現在プロで活躍してるアスリートが影響を受けたスポーツ漫画も世の中には多い。もしかすると将来世界的に活躍するであろうスポーツ少年少女たちも、既に何らかのスポーツマンガの影響を受けている可能性も。それだけスポーツ漫画が秘めてる潜在的なパワーは偉大。

そこで今回はきっとプロスポーツ選手やアスリートも胸アツであろう「おすすめスポーツ漫画」をピックアップしたいと思います。ちなみに一応ランキング記事ですが、どれもおすすめなんで細かい順位付けは難しいので割愛してます。

ダイヤのエース(ダイヤのA)シリーズ…おすすめスポーツ漫画

まず最初のおすすめスポーツ漫画は『ダイヤのエース(ダイヤのA)』シリーズ。ちなみに「ダイアのエース」ではありません。少年マガジンで連載中の人気野球漫画。

舞台は青道高校の野球部。主人公は新一年生の沢村栄純。ボールのリリースポイントが見えないムービングボールを得意とするピッチャー志望。そして、もう一人の主人公は降谷暁。同じくピッチャー志望の新一年生。果たして青道高校は甲子園優勝を目指すことはできるのか?

『ダイヤのA』のおすすめポイントは、とにかく迫力ある野球描写に尽きます。

構図も実際のプロ野球の試合(カメラレンズ)を通したそれ。まさに一瞬を切り取った「ダイナミズム」。バッティングシーン、ピッチングシーンといった王道の「見せゴマ」に魅せられる。まさに野球漫画の本髄・お手本の描写にあふれてて、スポーツ漫画好きにおすすめしないわけにはいかないか。

ウメハラFIGHTING GAMERS…おすすめスポーツ漫画

続いてのおすすめスポーツマンガは『ウメハラFIGHTING GAMERS』

舞台は格闘ゲームが一世風靡し始めた1990年代の日本。主人公は天才ゲーマー少年・大貫晋也(ヌキ)。まさに向かう所敵なし状態。しかし、ヌキの自信は無惨にも打ち砕かれてしまう。何故ならそんなヌキの前に、のちに日本初のプロ格闘ゲーマーとなる梅原大吾(ウメハラ)が現れたから。

『ウメハラFIGHTING GAMERS』は主にヌキの目線を通してウメハラとの凄絶な死闘と、ウメハラの圧倒的な底知れなさが描写されます。いわゆる「eスポーツ」を扱ったスポーツマンガ。

『ウメハラFIGHTING GAMERS』のおすすめポイントは、やはり梅原大吾のキャラクター。実際どんな方かは知りませんが、良い意味でふざけ倒したキャラクター。ヌキに何度も追い詰められそうになるものの、淡々とそれを駆逐していく様はもはや清々しい(笑)

格闘ゲームは地味に思えますが、一瞬のコンマ数秒の入力が勝敗を分ける。まさにスポーツのそれに近い熱い駆け引きがある。特に梅原大吾といったトップクラスになると、本当にプロスポーツ選手並の精度が求められる。

またストリートファイターやヴァンパイアセイヴァーといった実際に登場するキャラクターを使ったバトルも、懐かしさを誘うだけの要素に留まらず、しっかり絵的に派手だから引き込まれる。

正直スポーツ漫画にカテゴライズするか迷いましたが、近年はアジア大会において「eスポーツ(ゲームバトル)」が追加されるなど十分資格はあるのかなと思ったのでおすすめしてみた。