【2017】思わずヨダレ!絶対おすすめ人気グルメ漫画16選【ランキング】

スポンサーリンク

管理人・ドルジ露瓶尊はこれまで複数のブログで何千冊以上と漫画のレビューを書いてきました。2013年ぐらいにFC2ブログで漫画ブログを開設したので、決して古参ではありませんがそれでも色んなジャンルのマンガを読破してきました。我ながら自負があります

そこで今回は空腹時に読むと大変そうな「面白いおすすめグルメ漫画」をピックアップしたいと思います。

グルメ漫画は極論すると、キャラクターや登場人物がご飯を食べてるだけ。それでも何故か面白いんだから不思議なジャンル。グルメマンガは内容のお手軽さもあって、実写ドラマ化作品も増えている印象。そのためグルメマンガは地味に人気のジャンルと言えましょう。

是非腹ペコさんではない方も、一度もグルメマンガを読んだことがない方も購入時の参考にしてください。ちなみに一応ランキング記事とは謳っていますが、細かく優劣を付けるのは難しいので順位は割愛。

トリコ…おすすめグルメ漫画

まず最初のおすすめグルメ漫画は『トリコ』。少年ジャンプで連載されていただけあって、バトルマンガの要素をふんだんに取り入れたグルメマンガ。

主人公は美食屋・トリコ。世界中から様々な食材を集めるカリスマ。ただ食材とは言っても、ほとんどが強力なモンスターばかり。強いモンスターほど美味しい。ここがいかにも少年ジャンプ的解釈。そこでトリコは料理人・小松と共に様々な食材(モンスター)を捕獲していく、というストーリー。

やはり『トリコ』のおすすめポイントは王道のバトル展開。キャラクターのインフレ、必殺技の体得、美食會といった強敵の登場、そして圧倒的なバトル描写。そして能力の向上に「グルメ要素」を的確に織り交ぜるセンスの良さがおすすめ。これぞ唯一無二の「グルメバトル漫画」。

ただ『トリコ』は全41巻と巻数が多い。また後半から始まるグルメ界編以降は展開が大味になるので、もし大人買いするにしてもまずは20巻程度までに留めておくことをおすすめします。それでも面白いと感じたら『トリコ』の続きをそのまま購入する方が無難だと思います。

深夜食堂…おすすめグルメ漫画

続いてのおすすめグルメ漫画は『深夜食堂』

『深夜食堂』の舞台は、営業時間が深夜12時から朝7時までやってる食堂(通称:深夜食堂)。その食堂のマスターの語りを軸に食堂に集まってくるお客の様々な人間模様が描かれる。ビッグコミックオリジナルで連載中だけあって、内容が絶妙にホッコリとしんみりと渋め。

また『深夜食堂』は一話あたりのボリュームもわずか10ページほどのオムニバス形式。ただそれでも一話一話のストーリーの完成度は高い。グルメで例えると良質なつまみを食べているような感覚で、本当にダラダラと読ませてくれる所がおすすめ。

絵柄こそ下手っぽいですが、それが却って良い味に繋がってる。きっと読者のココロの小腹を優しく満たしてくれる、おすすめグルメ漫画と言えます。

花のズボラ飯…おすすめグルメ漫画

続いてのおすすめグルメ漫画は『花のズボラ飯』。主人公はダンナが単身赴任中の人妻・駒沢花。この花がとにかくズボラ女子、という内容。

やはり花のズボラっぷり全開のキャラクターがおすすめ。ダンナが家にいない主婦ってことからも分かりますが、いわゆる「ぼっち飯」がテーマのグルメ漫画。基本的に内容は、花が料理を作りながら独り言をしゃべってるだけ。

でも花がムダにテンションの高い。あまりに独り言が大きすぎるので、思わず隣人から「誰か来てるのかな」と勘違いされるほど。花のリアクションのバリエーションも豊富。パロディーなどを織り交ぜるなど、作者・水沢悦子独特のしょうもない痛いノリが詰まってる。見ていて飽きないキャラクター。

男女問わず、一人暮らしに「ありがちなノリ」が上手く表現されており、笑えるグルメマンガという点でおすすめ。

甘々と稲妻…おすすめグルメ漫画

続いてのおすすめグルメ漫画は『甘々と稲妻』。シングルファザーの高校教師・犬塚と娘・つむぎのストーリーがホッコリ泣けるグルメマンガ。既にアニメ化もされました。

特におすすめしたいポイントが娘・犬塚つむぎの表情と成長。つむぎの子供特有のコロコロと変わる表情が見所。料理を食べるとニンマリ笑顔に、思わず読者もニンマリ。母親を亡くした寂しさから見せる泣き顔には、思わず読者もつられて泣きそうになる。

厳密には同じ設定とは言えませんが、似たような小さい子供や親子関係を扱ったグルメ漫画だと『パパと親父のウチご飯』や『うどんの国の金色毛鞠』や『高杉さん家のお弁当』あたりがおすすめか。どれも毛並みが異なるグルメ漫画なのでテキトーに数巻無料で読むことをおすすめします。