スポンサーリンク

【進撃の巨人】九つの巨人って結局なんなの?【9つの巨人まとめ】

『進撃の巨人』21巻で明らかになったのが「九つの巨人(9つの巨人)」と呼ばれる存在。そこで今回は「九つの巨人」について簡単に解説したいと思います。『進撃の巨人』を考察するときの参考に使ってください。

そもそも九つの巨人とはなんぞや?

かつて世界を統べたエルディア人たち。その開祖であるユミルが「大地の悪魔」と契約し、手に入れたのが巨人の力。ユミルは死後、自らの力を「九つの巨人」にエルディアの子孫たちに魂の形で分け与えた。

進撃の巨人 21巻

子孫たちは「九つの巨人」の力を使ってエルディア帝国を築き、ついには古代の大国マーレすらも滅ぼして、エルディア人たちは人類の頂点に立った。まさに「九つの巨人」のチカラなしにはなし得なかった。

しかし1700年近くの時間が過ぎ、エルディア帝国は弱体化。そこで「九つの巨人」の力を巡って巨人大戦が勃発。そこでマーレ国は9つのうち7つの巨人の力を手に入れた結果、エルディア帝国のフリッツ王は残り2つの巨人の力を手に、パラディ島に逃げ込んだ。このパラディ島が『進撃の巨人』の舞台となった。

そして世界は再びマーレが支配し、一転してエルディア人の子孫たちは迫害される立場となる。まさに「九つの巨人」のチカラは世界のバランスを握ると言っていい強大なチカラ。そこでマーレはジークやライナーたちをパラディ島に送り込んで、残りの巨人のチカラを奪おうとしてる。それが超大型巨人の襲来に繋がってる。

以上、長々と『進撃の巨人』の世界観を改めて説明しましたが、これまでの展開もふまえて今現在九つの巨人のチカラが誰に留まっているかも含めて解説したいと思います。ちなみに九つの巨人にランクはなかったはずなので順不同。

【スポンサーリンク】

超大型巨人

進撃の巨人 20巻

まずは超大型巨人。九つの巨人の中でも一番巨大。画像だと右足に主人公・エレンがぶら下がっていますが、コチラも巨人。つまり、どんだけデカイねんという話。

超大型巨人は『進撃の巨人』1巻から登場。主人公・エレンたち人類を最初に襲ってきた巨人ということで、まさに「進撃の巨人=超大型巨人」として鮮明な記憶に残ってる読者も少なくないか。

超大型巨人の特徴は体の大きさだけではなく、巨人化時に周囲に熱風を放つこと。場合によっては爆発に近い威力を発揮することも可能で、軽く街が吹き飛ぶレベル。意外と近接戦闘に弱いかと思いきや、いざとなれば爆風で防げるチート仕様。ただし消耗は他の九つの巨人よりも激しいため、長期戦には向いていない。

超大型巨人の所有者は、ベルトルト→アルミンに移動。画像の場面ではベルトルトが所有してるんですが、直後に瀕死のアルミンを生き返らせるためにも食べられてしまいます。

【スポンサーリンク】

鎧の巨人

進撃の巨人 11巻

続いては鎧の巨人。九つの巨人の中でも読者の印象に最も残っている巨人の一つ。前述の超大型巨人と同様に、壁をぶち破って最初に人類を襲ってきた巨人だから。

鎧の巨人は全身を硬質化することができ、まさにその名の通り「鎧をまとった」かのように固くなる。防御力はメタルキング並みであり、誰も攻撃はできない。しかも全身を硬質化したことで攻撃力もアップ。鎧の巨人のタックルは軽くバズーカ砲を超える。ただし同じく硬質化された巨人の攻撃を受けるとダメージは食らう。

鎧の巨人の所有者はライナー。現時点ではまだコミックでは明らかになっていないものの、『進撃の巨人』の最新話ではガビと呼ばれるキャラクターに所有権が移動した模様。

女型の巨人

進撃の巨人 8巻

続いては女型の巨人。その名の通り女性タイプの巨人なんですが、九つの巨人の中では一番肉弾戦に優れてそう。

無垢の巨人は可動域が少ないのか、動きが気持ち悪い。でも女型の巨人は人間と同じように動けるため、格闘センスに優れた人間に継承されると相性がピッタリなのかも知れない。女型の巨人の登場からようやく巨人にも「意思」があり、中に人間がいると完全に判明した。

女型の巨人を保持するのは、アニ。前述のライナーと同様に硬質化できるものの、あくまで部分的であり密度も薄い。ただ氷のように結晶で全身を覆うことができ、周囲からの攻撃に完全を防ぐことができる。

しかしながら大量の結晶で覆うため、自身も動けなくなる。半ば投降に近い選択は、もはや自滅行為に近い。現在は結晶化したままのアニが幽閉中。果たしてアニの仲間である前述のライナーが救うことができるのか?

他にも叫ぶことで自身の体を無垢な体に食わせることができるなど、「九つの巨人」の中ではどこか女性的な献身性が宿っているのかも知れない。

【スポンサーリンク】

顎の巨人

進撃の巨人 16巻

続いては「顎の巨人」。九つの巨人の中でも、小さめの巨人。ただ、その分だけ敏捷性に優れており、森の中でも猿のように動き回ることが可能。攻撃力こそないが、敵を翻弄したり偵察することには優れているのか。

顎の巨人の所有者はユミル。ただユミルはマーレ側に罪人として捕まったこともあり、『進撃の巨人』の最新話ではガリアードというキャラクターに所有権が移動している模様。ちなみにどちらかといえば顎というよりデコっぽいと思ったのは自分だけ?

獣の巨人

進撃の巨人 16巻

続いては獣の巨人。画像のように見た目が猿なので、つい猿の巨人と間違えてしまうのは自分だけ?

見た目からも分かるように、手足が長く、手先も器用。つまりは野球のピッチャーや砲丸選手のように岩などを投擲することが可能。巨人が不得手とする長距離戦でも対応できる珍しいタイプの九つの巨人。

そして「獣の巨人」は見た目とは反して、九つの巨人の中では珍しく「しゃべる」ことが可能。理由はシンプル。獣の巨人が叫ぶだけで、エルディア人を無垢の巨人にすることができるから。先程の女型の巨人もそうですが、九つの巨人では意外と「叫び」が重要な能力らしい。

他にも無垢の巨人を操ることもできたり、大きさも17メートルサイズと割りと大きいなど、九つの巨人の中ではオールラウンダー的に最強。

獣の巨人の所有者はジーク。主人公・エレンの異母兄弟であり、グリシャの息子。グリシャなどエルディア人を裏切って、マーレ側に寝返って戦士長まで上り詰めた。ただし始祖の巨人のチカラ奪還に失敗したこともあってか、『進撃の巨人』の最新話ではコルトと呼ばれるキャラクターに所有権が移動している模様。

【スポンサーリンク】

車力の巨人

進撃の巨人 16巻

続いては「車力の巨人」。人間というより四足歩行で移動する動物に近いタイプの九つの巨人。

画像からもわかるように、背中に荷物を背負って運ぶのが特徴。戦争時では兵糧を運ぶために活用されていたのか。また車力の巨人もしゃべることが可能なため偵察のために働かされることもあったり、車力の巨人に乗ってそのまま移動することもある。「小さな巨人」並に俊敏性に優れており、主に九つの巨人ではサポートタイプの巨人か。

車力の巨人の所有者はピーク。

始祖の巨人

続いては「始祖の巨人」。

「九つの巨人」の中で一番重要な巨人かも知れない。マーレ国の人間からは「座標」や「叫び」と呼ばれ、ざっくり言うと無垢な巨人たちを操作できる。無垢な巨人に特定の対象を攻撃させたり、硬質化の能力を使って巨大な壁を建設することも可能。また同じエルディア人同士であれば「記憶の改竄」なども可能になる。

つまりフリッツ王がパラディ島に逃げ込んで、ウォールマリアやウォールローゼを建設した能力。そしてレイス家に代々受け継がれ、過去100年の間壁内を統治していたチカラと言えます。大量の無垢な巨人を操作できるため、九つの巨人の中でも最強。

進撃の巨人 16巻

ウーリ→フリーダ→グリシャと続き、現在の「始祖の巨人」はエレン内に受け継がれていると考えられます。画像はグリシャがフリーダから始祖の巨人を奪おうとしている場面。ただし始祖の巨人は「王族の血」を引いてないと使うことはできません。

『進撃の巨人』のストーリーの核は、この「始祖の巨人」のチカラを誰が奪うかが重要になってくる模様。

【スポンサーリンク】

進撃の巨人

進撃の巨人 22巻

ラストの九つの巨人は「進撃の巨人」。タイトルそのもの。主人公・エレンが所有している九つの巨人。画像は、フクロウと呼ばれたスパイ・クルーガー。そいつからエレンの父・グリシャに継承される場面。

進撃の巨人の主だった特徴は不明。ただ一定の硬質化ができたり、身体能力は九つの巨人の中でも高かったり、割りと欠点が少ないタイプの巨人。ただ前述のように主人公・エレンは「始祖の巨人」も所有している。これはどういうことなのか?

ネット上では「複数の巨人のチカラを使用できる能力」ではないかと言われていて、中には「九つの巨人を統一できる能力」という説も。確かに可能性としてはこれが一番高そうです。ただ獣と女型が一緒に発動したら、見た目的に偉いことになりそうですが(笑)

九つの巨人の最後の巨人は?

以上、九つの巨人の解説でした。でも、説明したのは合計8つ。あれ?9つめの巨人は?という話なんですが、残念ながら『進撃の巨人』の最新話を読む限りはまだ登場してない模様。いや既に登場してるが読者が気付いてないだけなのか。

自分はコミック派なので9つ目の巨人が登場したら、また加筆したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク