【進撃の巨人】九つの巨人とは結局なんなの?【完全考察まとめ】

スポンサーリンク

別冊少年マガジンが誇る人気バトル漫画といえば、『進撃の巨人』。つい先日発売された21巻で明らかになったのが「九つの巨人(9つの巨人)」と呼ばれる存在。

そこで今回は「九つの巨人」について私ドルジ露瓶尊が徹底的に解説したいと思います。『進撃の巨人』を考察するときの参考に使ってください。

そもそも九つの巨人とはなんぞや?

そもそも9つの巨人とは一体どういう存在なのか?興味が無い方はスルー推奨。

進撃の巨人 21巻

かつてエルディア人の開祖であるユミルは「大地の悪魔」と契約した。そして大地の悪魔から「巨人の力」という強大な力を手に入れ、ユミルは世界を支配した。その後、ユミルは死後に自ら手に入れた巨人の力を九つの魂に分解し、9人のエルディアの子孫たちに分け与えた。

これこそが後に「九つの巨人」と呼ばれる能力。

その後、エルディア人の子孫たちは「九つの巨人」の力を使ってエルディア帝国を築く。ついには古代の大国マーレすらも滅ぼした。まさに名実ともにエルディア人たちは人類の頂点に立てたのも、この「九つの巨人」のチカラがあってこそ。

しかし1700年近くの時間が経過した時、エルディア帝国は弱体化。そこで100年前に「九つの巨人」の力を巡って巨人大戦が勃発。かつて栄華を誇りエルディアに虐げられたマーレ国は、その間隙を縫って9つのうち7つの巨人の力を手に入れて覇権奪回を図る。

結果、エルディア帝国のフリッツ王は残された2つの巨人の力を手に、パラディ島に逃げ込んだ。このパラディ島こそが『進撃の巨人』の序盤の物語の舞台であり、主人公・エレンやミカサたちが住んでいた場所だった。

そして世界は再びマーレが支配するようになり、一転してエルディア人の子孫たちは迫害される立場となる。ただしフリッツ王が未だに持つ「始祖の巨人」の力は、全ての巨人を操ることができるため非常に強力。

そこでマーレ国は残された巨人のチカラも奪おうと画策。「9つの巨人」の力はエルディア人の血を引くものしか使えないため、マーレ国はエルディア人のジークやライナーたちをパラディ島にスパイとして送り込む。

つまり『進撃の巨人』1話目に登場した超大型巨人の襲来は、まさにパラディ島外にあるマーレ国が仕掛けた直後のものだった。ただし厳密な歴史はフリッツ王は負けて逃げたのではなく、意図的にマーレ国が勝ったかのように見せかけただけなんですが、これ以上長々と世界観をネタバレしても本題からズレるので割愛。『進撃の巨人』のコミックを読んで下さい。

まさに「九つの巨人」のチカラは世界の覇権争いの鍵を握ると言っていい強大なチカラ。ということで長々と解説しましたが、今現在の所有者だれなのかも含めて「九つの巨人(9つの巨人)」について詳しく解説したいと思います。