漫画「亜人」の登場人物キャラクターと実写版キャスト一覧まとめ【画像あり】

スポンサーリンク

おすすめバトル漫画で思いつくマンガはごまんとあると思います。その中でも地味に面白いおすすめバトル漫画といえば、『亜人』。不死身の体を持った謎の亜人たちを軸に、かなり壮絶なアクションバトルが展開される内容。『亜人』は実際に人気で2017年9月30日に実写映画も公開されました。

そこで今回は『亜人』のキャラクター登場人物を簡単に解説したいと思います。また実写映画も公開されるということで実写版キャストも含めて、漫画『亜人』の登場人物たちを網羅的に紹介していきます。もし漫画・実写映画に興味がある方は参考にして下さい。

登場人物・永井圭(キャスト・佐藤健)

まず最初の登場人物キャラクターは、主人公の永井圭(ながいけい)。妹・永井慧理子の病気を治すために医学部進学を目指す、いわゆるエリート高校生。

頭脳明晰ではあるもののどこか感情の起伏には乏しく、他人を気にかける場面は少ない。そのため友達を見捨てたことがある兄・永井圭に対して、妹からは「冷たい人」と思われている。しかし永井圭本人はあくまで「立派な人間になるために合理的に努力している」だけという立場で意に介さず。

(亜人1巻 講談社)

永井圭はいつものように通学中に勉強しながら歩いていると、つい赤信号に気付かずそのままトラックに轢かれてしまう。ただ普通であれば即死ではあるものの、永井圭の体は徐々に再生されていく。

今まで不思議な予兆は感じていた永井圭だったが、そこで初めて自分が亜人だと自覚。しかしながら世間は亜人を敵視しており、もし捕獲されれば研究対象・捕獲対象されてしまうため、そこから永井圭の逃亡生活が始まる。

永井圭は「IBM(通称「黒い幽霊」)」を発動することが可能。永井圭は亜人の中でも特に能力が高く、黒い幽霊を複数体以上操ることが可能。また大量にIBM粒子を放出することができるため、亜人同士の戦いにおいて目眩ましとして使うこともできる。

(亜人10巻 講談社)

永井圭は亜人・佐藤との戦いにおいて当初は及び腰ではあった。何故なら合理的に判断すれば、どうあがいても佐藤には勝てない上、自らの命を狙う人間を救出するメリットがないから。

ただ一方で本音では「佐藤を倒す必要性」を感情的に理解しており、そのハザマで永井圭は揺れ動きながら激情的に自らを鼓舞したこともある。母・永井律曰く、「私ほど合理的ではない。感情的だった父親にも似てる」とのこと。

永井圭は自身が亜人であることが発覚して以降、様々な事件や事故に巻き込まれているが、本人曰く「自分が亜人だった自体を恨んだことは一度だってない」と戸崎優との会話で振り返る。


この永井圭を演じるキャストが佐藤健(さとうたける)。オンナ泣かせの若手俳優さん。画像は実写映画版『亜人』の予告動画から黒いIBMを放出してる場面。佐藤健は実写映画版『るろうに剣心』でも主演を演じてましたが、今回の映画版『亜人』でもCGを多用したアクションバトルが満載とのこと。

登場人物・永井慧理子(キャスト・浜辺美波)

続いての『亜人』の登場人物は永井慧理子(ながいえりこ)。前述のキャラクター・永井圭の妹。

(亜人10巻 講談社)

永井慧理子は幼い頃から病弱体質であり、基本的にずっと入院してる。そのため兄・永井圭は妹の慧理子の病気を治すために9歳の頃に医者を目指す。つまり妹の病気は小学校に上がるか上がらないか頃に発症したと考えられます。ちなみに何の病気かは『亜人』内では明らかにされていません。

永井慧理子は海斗と呼ばれる兄・永井圭の友達とも仲が良かった。しかし自身の病気が発覚して以降、永井圭は妹と自身の将来のために海斗との友達関係を切った。あくまで「妹の病気を治すため」という前提があるものの、それ以降、永井慧理子は兄を「冷たい人間」として距離を置くようになる。

ただ画像左の母親・永井律は「圭は自分の置かれた状況で自分にとって大切なものを取捨選択し、その中で自分のできることに全力で尽くせる。そんな人間を【冷たい】の一言で断罪すべきではないわ」と叱りつける。永井律は永井圭以上に合理的な人間ではあるが、中身はイケメンすぎるぐらいイケメンである。


永井慧理子というキャラクターを演じるキャストが浜辺美波。ぽっと出の女優さんなのか、自分はよく知りません。佐藤健の毒牙にかからなければいいですが…。ちなみに漫画版『亜人』ではほとんど登場しないキャラクターのため、実写映画版ではどうなってるかは不明。