【おすすめ考察】中間管理録トネガワが面白すぎてワロタwww【感想レビュー】

スポンサーリンク

『中間管理録トネガワ』のネタバレ感想をレビュー。作者は福本伸行(協力)、萩原天晴(原作)、橋本智広、三好智樹(漫画)。掲載誌は月刊ヤングマガジン。出版社は講談社。ジャンルは青年コミックのスピンオフギャグ漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みできます。

この『中間管理録トネガワ』はいわゆる『カイジシリーズ』のスピンオフマンガ。ただそれにも関わらず、世間に面白さに認知され始めて、2017年の「このマンガがすごい」男編1位に選ばれるという快挙を達成www

まさに「大出世」。『中間管理録トネガワ』の累計発行部数も4巻発売の時点で既に100万部超え。もしかしたら5巻発売済みの現時点では、累計発行部数は150万部ぐらいは到達してるかもしれないぐらいの勢い。

ということで今回は『中間管理録トネガワ』がどう面白いのか、どこがおすすめなのかを簡単に考察レビューを書いてみました。ネット書店で購入するときの参考に使ってください。

中間管理録トネガワのあらすじ・登場人物

主人公は利根川幸雄。カイジとの一戦で敗北し、その直後に焼き土下座という罰ゲームを強いられた金融業をなりわいとする帝愛グループの幹部のオジさん。まさに役職的にはTHE中間管理職。

(中間管理録トネガワ1巻)

この利根川幸雄の上司であり、帝愛グループの会長に君臨するのが兵藤和尊。賭けや読みに関しては天才的であり、そういった才覚をフルに活かしたことで経営的に大成功を収めたと思われます。

ただ故に、とてつもなく傲慢。唯我独尊。気分屋。そして刺激を常に求めている。「死のゲーム」という文字からも分かるように、どうやらカイジたちと一戦を交える前(限定ジャンケンや電撃鉄骨綱渡りetc)の状況らしい。それ故に常に利根川幸雄は兵藤に振り回されてしまう。

(中間管理録トネガワ1巻)

つまり利根川幸雄が予定していた「週末のゴルフがパァ」になってしまった。まさに中間管理職としての悲哀や苦悩、葛藤が利根川幸雄という男の目線を通してコミカルに描かれる。もし兵藤和尊も利根川がゴルフのことを考えているとはついぞ思わないでしょう。

当然、中間管理職である利根川の悩みのタネは上司(兵藤和尊)だけではない。言うまでもなく巨大な金融コンツェルンの幹部ですから、それだけ利根川は多くの部下を抱える。しかも帝愛グループの服装は「黒服+サングラスのみ」と決まってるので、部下を把握するだけでも大変。

そこで兵藤の命によって始まった例の新プロジェクト(ネタバレしませんが限定ジャンケンの作成過程などが描写されます)を進めるにあたって、部下たちに自己紹介をさせる。

(中間管理録トネガワ1巻)

ただ「左衛門三郎二郎」という、とんでもない人名の部下が登場。ただでさえ何十人という部下を覚えなきゃいけない状況。思わず利根川も「ぐっ!何ィーー!邪魔…!」と落胆してしまう。

まさに上からも下からも板挟み状態の中間管理職。果たして戦うサラリーマン・利根川幸雄に未来はあるのかッ!?