【スピンオフ漫画】金田一37歳の事件簿の新連載が始まるw【感想】

『金田一37歳の事件簿』1話目のネタバレ感想をレビュー。作者はさとうふみや、天樹征丸。掲載誌はイブニング。出版社は講談社。AmazonのKindleや楽天koboなどで、いずれ無料で試し読み・立ち読みができます。

漫画タイトルからも分かるように、今回取り上げる『金田一37歳の事件簿』はあの金田一少年の事件簿シリーズのスピンオフ。イブニング8号で連載が始まったらしいので、今回はサクッと1話目のあらすじを解説したいと思います。果たしてどんな内容のマンガなのか?

金田一37歳の事件簿 あらすじ内容まとめ

主人公は言わずと知れた金田一一(きんだいち・はじめ)

一見すると怠け者の男子高校生ではあったが、数々の難事件に遭遇してはズバッと名推理を展開して犯人を言い当ててきた。それもそのはず金田一の祖父は、有名な名探偵・金田一耕助だったから。

(金田一37歳の事件簿1話 さとうふみや・天樹征丸/講談社)

でも、そんな金田一少年も既に37歳のオッサン。すっかり金田一少年から「金田一中年」になっていたというのが今作の大まかなストーリーと考えていいと思います。現在の金田一は音羽ブラックというPR会社の主任をやっていた。

ただ高校時代と変わらず、金田一はうだつが上がらない。そのため女性社員の一部からは「キンダニ」と陰口を叩かれることもしばしば。う~ん、どこかで聞いたようなアダ名なのは気のせい。

(金田一37歳の事件簿1話 さとうふみや・天樹征丸/講談社)

でも新入社員の葉山まりんだけは「金田一主任~」と気さくに接してくれる、まさに可愛い後輩だった。ちなみに金田一は既に七瀬美雪と結婚している様子。

PR会社とはイベントを企画運営するような会社。様々な企業から依頼を受けて、自社や自社製品の宣伝活動を行うらしい。割と漠然とした業者のため、漠然と理解しておけばいいと思います。

そして、今回金田一は伊豆沖にある孤島リゾートに関するオープニングイベントの企画を担当することとなる。だが、しかし、である。

(金田一37歳の事件簿1話 さとうふみや・天樹征丸/講談社)

何故なら、その孤島とはどうやら「歌島」にあるリゾートだった。歌島とは多分忘れてる読者も多そうなので解説しておくと、金田一少年シリーズで一番最初に起きた事件の「オペラ座館殺人事件」が発生した場所。

まさに因縁の場所。もう嫌な予感しかしない。もう事件を解明したくない金田一は、唯一気が許せる女性部下・葉山まりんと向かう。果たして金田一中年に待ち受けているものとは!?…といった内容の漫画になります。

金田一37歳の事件簿 ざっくりした感想と評価レビュー

以上、私ドルジ露瓶尊のざっくりしたあらすじ感想でした。

まだ一話目の連載が始まったばかりなので「面白いかおすすめか」を評価するのは難しいんですが、内容的には本家と同じく「シリアスなミステリー漫画」に仕上がりそうな雰囲気だと思います。

金田一スピンオフ漫画「犯人たちの事件簿」が面白いという考察記事を私ドルジ露瓶尊は既にレビューなんですが、コチラはかなりギャグテイスト全開の内容のスピンオフでした。そのため今回の『金田一37歳の事件簿』も、やはり金田一が37歳に老いただけに七瀬美雪たちとのくだらない日常系マンガでも描写されると期待してた。

でも良くも悪くも、本家の金田一と同じく「事件に遭遇して事件を解決する」という案の定の展開になりそう。特に金田一は37歳の中年になったものの「オッサン感」がないのも、そこに拍車をかけてる気がします。制服からスーツスタイルに変わっただけやん?

だから個人的にそこまで期待したほど「スピンオフ感」には乏しく、37歳になったからこそ描けない何かがあるか?を問われると正直答えに窮します。そのため既にネット上では「堂本剛による実写化を狙っただけ」とも噂されていますが、確かにそれ以上でもそれ以下でもないマンガかも。

またいずれコミックが配信されれば、『金田一37歳の事件簿』が面白いのかつまらないのか体系的に私ドルジ露瓶尊が考察したいと思います。面白くなるかならないかの気配だけで言うと、正直しんどいかも…というのが個人的な感想。