【完結】君に届け 最終回 ネタバレ感想まとめ【ついに最終話】

スポンサーリンク

(別冊マーガレット12月号 集英社)

『君に届け』がついに完結。具体的には別冊マーガレット(集英社)2017年12月号において完結しました。作者は椎名軽穂。あしかけ12年ほど『君に届け』の連載が続いたらしい。少女漫画や恋愛漫画としては異例の長期連載。完結を記念してかAmazonのKindleや楽天koboなどでは『君に届け』の最初の数巻が期間限定で無料ダウンロードできました。

そこで今回は『君に届け』の最終話・最終回のネタバレ感想をざっくりレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

黒沼爽子と風早くんが大学生に…

結論から書いちゃうと、『君に届け』の最終回は蛇足っちゃ蛇足に近い内容。最終話以前に主人公の黒沼爽子と風早くんは大学に進学することが決定。黒沼爽子は都会の札幌の大学へ進学、一方、風早くんは地元の大学へ進学。二人は恋人同士ではあるもの、それぞれの道を歩む。

(別冊マーガレット12月号 集英社)

だから最終話では黒沼爽子が両親の元を離れる…みたいな場面が描かれます。「お父さんとお母さんから最初にもらったプレゼント…大事にしていきていきます」と後光がキラキラ。Twitter然り、最近の若者はアホばかりですが黒沼爽子は本当に良い子。女子は恋をすると変わると言いますが、近所のオバちゃんも「すっかり爽やかなお嬢さんになったね」と感慨深げ。

(別冊マーガレット12月号 集英社)

電車に乗って札幌に契約したアパートに行く直前、地元の駅のホームには吉田千鶴の姿。「友達になれて良かった。会ったらいつでも友達に戻れるんだからあたしたち」と涙ながらにハグ。高校時代に楽しかった記憶がよみがえる二人。

(別冊マーガレット12月号 集英社)

そして風早くんが遅れて登場。さり気なく吉田千鶴はフェードアウトし、黒沼爽子を見送る瞬間にはキス(画像は割愛)。永遠の別れではないと思いますが、風早くんは「だいすきだ!なにがあっても」とニッコリと黒沼爽子を送り出す。黒沼爽子は直前に渡された手紙を読んで更に号泣。

黒沼爽子と風早たちは様々に環境が変化していく中でも、二人の恋心だけは変わらず。友達関係も変わらず。そして数ヶ月後、再び地元に戻ってきた黒沼爽子は風早くんに抱きついて完結、という流れ。

スポンサーリンク

君に届け・最終話の感想評価・評判・口コミまとめ

以上、恋愛漫画『君に届け』の最終回・最終話のネタバレ感想でした。余韻が残ると言えば、余韻が残るような終わり方ですが、これだと先程も書いたように「蛇足」以上でも以下でもなかった内容。「これまでの流れ的にはそうなるだろうな…」としか言えない完結。

もう少し時間軸を数年後などに進めて、ある程度は成長させた二人を描いても良かったのかも知れない。大学には進学したけれども、結局高校生の範疇に留まってる印象。二人の恋物語の続きが気になる点では、大学生や社会人、夫婦編を描いても面白いかも知れない。高校生から読み始めた読者は今現在はアラサー。当然結婚してる方も多いはずですから、不妊治療で苦労してる黒沼爽子とか変に共感を呼ぶかも知れない(笑)

(別冊マーガレット12月号 集英社)

いずれ全巻まとめて考察したいと思いますが、『君に届け』の総合評価を一言でまとめると最終回の見開きページに代表されるように、いつの間にか黒沼爽子と風早くんの二人の恋愛ストーリーからかけ離れて、フワッとした青春マンガになってたのが残念でした。結果的にそれでも『君に届け』は売れてたから正解ではあるんでしょうが、あくまで「二人の恋物語」だけで十分だった気がする。中途半端に黒沼爽子のキャラが薄まっただけ。

とりあえず今回完結した『君に届け』ですが、最終30巻の発売は来年2018年3月あたりになるらしい。毎回思うんですが雑誌連載が完結したら、単行本や電子コミックを何故サクッと発売しないんでしょうか。はてさて。ファンがそこまで半年近くも待たされなければいけない理由が知りたいところ。

ちなみに「おすすめ恋愛漫画ランキング」、「おすすめ少女漫画ランキング」などもいずれ執筆できればいいなと考えています。