スポンサーリンク

【ゴルフ漫画】ロボレーザービームが面白いけどパッとしない理由【ネタバレ感想】

『ロボレーザービーム(ROBOT×LASERBEAM)』のネタバレ感想をレビュー。作者は藤巻忠俊。掲載誌は少年ジャンプ。出版社は集英社。ジャンルは少年コミックのゴルフ漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みできます。

作者・藤巻忠俊は前作『黒子のバスケ』を連載直後に「ゴルフ漫画を連載したい」とおっしゃってましたが、まさに有言実行。まだ『ロボレーザービーム(ROBOT×LASERBEAM)』はコミックス1巻しか発売されてませんが、今回は「面白いかつまらないか」の考察記事をレビューしたいと思います。どこがどうおすすめなのか気になる方は是非。

【スポンサーリンク】

ロボレーザービームのあらすじ登場人物・ストーリー内容

主人公は鳩原呂羽人(はとはらろばと)。どこにでもいる男子高校生だったが、いつも無表情・無感情。それでいてバカ真面目でクソ几帳面。空気も読めないことから「ロボ」というアダ名で呼ばれていた。

このロボが通っていた英藍学園は珍しくゴルフ部があり、ロボの幼馴染・トモヤは入部済み。ロボは全くゴルフに興味はなかったが、ある日、トモヤがガラの悪いゴルファー志望の若者に絡まれる。そこで空気の読めない性格もあって、ロボは立ち上がる。

(ロボレーザービーム1巻)

一見すると不利にも思えば「バカ真面目でクソ几帳面」な性格は、ゴルファーとして必要な圧倒的な集中力の高さに変換。レーザーのような真っすぐのショットを打つ。普通ゴルフのショットはどうやっても曲がるもの。それだけロボのショットはすごかった。思わず不良ゴルファーたちは尻尾を巻いて逃げてしまう。

(ロボレーザービーム1巻)

そしてロボはゴルフの世界に足を踏み入れる。日本最高峰の高校生ゴルファー・三浦鷹山(みうらようざん)といったライバルたちと出会い、無機質な感情と心の中に「ゴルフ」という熱き血潮が流れ出す。

現代のパワーゴルフ主体のゴルフ界において、ロボの正確無比のショットは通用するのか!?『ロボレーザービーム』はそんな内容のゴルフ漫画になります。

【スポンサーリンク】

ゴルフ描写は上手いから意外と面白い

『ロボレーザービーム』の面白いところをサクッとあげつらっておくと、やはり「ゴルフ描写」が一つの見所としてあげられると思います。

(ロボレーザービーム1巻)

例えば主人公・鳩原呂羽人がショットを打つシーン。

(ロボレーザービーム1巻)

続いて三浦鷹山がショットを打つシーン。ボールの軌道など無難に上手く、しっかりゴルフ漫画として必要な要素は描けてる気がします。

(ロボレーザービーム1巻)

強いて批判するなら、ゴルフ描写は上手いものの若干バックの構図が多すぎる。リアルのゴルフ番組ではこういった光景を目にするものの、それは単なるレクチャービデオ。表情を描くことでキャラクターの感情が乗るわけですから、そういった漫画でしか描けない表現がもっと見たいところ。

三浦鷹山のショットの場面でもゴルフボールはコマからはみ出してもいいから全部描くべきだった。ボールそのものは歪んでる貯め、敢えてコマの中に全て収める必要性はなかったか。

ゴルフ好きじゃない主人公ってどうなん?

だから『ロボレーザービーム』はスポーツ漫画として面白くなる気配や雰囲気はあるんですが、結論から書くと「微妙」。実際、少年ジャンプの掲載順位的にも割りと早めに下位で定着しちゃってる感じです。

そこで『ロボレーザービーム』が何故つまらない…は言い過ぎか。あまり面白くなくパッとしないのか考察してみたいと思います。この理由も結論から書いてしまうと、主人公・鳩原呂羽人(ロボ)のキャラクター性が致命的にアウツ。

(ロボレーザービーム1巻)

このロボはとにかくヤル気がなく、ゴルフ部の先輩に誘われても「ゴルフの何が楽しいんですか?」「ボールを棒で打って転がして穴に入れることの何が楽しいの?」と言ってのけちゃうヤツ。まぁまぁ、まだ最初はルールを一切知らないわけですから、ゴルフの面白さに気付かないのはいいでしょう。

(ロボレーザービーム1巻)

ただキャラクターを悪い意味で突き詰めすぎて、三浦鷹山にヤル気を問われたロボは「(ゴルフを)やる気はありません」とまで言いのける。だからといってロボが「ゴルフをやりたくない理由」も特にない。一体何なんだ。

さすがにココまで来ちゃうと奇をてらいすぎ。何故ならゴルフ漫画であるにも関わらず、ゴルフ嫌いの主人公を読者が好きになれるのか?という話。例えば『ドラゴンボール』の孫悟空がバトルが嫌いな博愛主義者みたいなもん。『キャプテン翼』の大空翼が「ボールは他人」と言いのけちゃうようなもん。

それ故にロボは何事にも主体性や自発性に欠ける。だからトモヤという幼馴染キャラクターがロボの隣に居てストーリーを基本的に展開させる。でもこれは言ってしまうと、主人公・ロボだけではストーリーが展開しないから急遽設定しました以上の価値や意味を感じないキャラ。

つまりモブキャラ(トモヤ)の回し役がいないと成立しないキャラ設定の時点で、ロボは主人公としてアウツ。何故なら漫画に限らずだと思いますが、結局ストーリーの軸となって話を展開するキャラクターこそが主人公だから。要は個性的ではあるものの、ロボは魅力に欠ける。

『ロボレーザービーム』はスポーツ漫画である以上、もう少し素直なキャラ設定で良かった。

【スポンサーリンク】

「ROBOT×LASERBEAM」という漫画タイトルが分かりづらい

あと根本的に『ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)』という漫画タイトルが微妙。

パット見、このタイトルがゴルフ漫画であることが想起できる読者がどれだけいるのか。普通にSFマンガにしか思えない。自分はゴルフに詳しくないので具体的にアドバイスはできませんが、もっとゴルフ要素やゴルフ用語を取り入れた漫画タイトルにすべきだった。

まだ「レーザーゴルフ」や「ロボアルバトロス(ロボイーグル)」の方がマシ。漫画タイトルもどこで区切って省略すればいいのかも分からず、つまりは根本的に覚えづらいのも痛い。一応、主人公の名前は入ってるものの、それも圧倒的に気付きづらい。

【スポンサーリンク】

ロボレーザービームの総合評価・評判・口コミレビュー

以上、『ロボレーザービーム(ROBOT×LASERBEAM)』が面白いのかつまらないのかのネタバレ感想でした。作者・藤巻忠俊がゴルフ好きだけあって、正直クオリティー的なことだけを言うなら特段問題なし。ゴルフ好きの読者が読んでも納得か。連載が続けばまだクオリティーはアップしていくはず。

ただ漫画としては「うーん」。

主人公・鳩原呂羽人(ロボ)はもちろんキャラクターとしては立ってるものの、読者の「引き」という点ではイマイチ。50話目100話目 or スピンオフ漫画でこういったキャラが登場するのはアリだと思いますが、いかんせん主人公としては不適格。

三浦鷹山との因縁もなく、ドラマとしても弱い。一話目でしっかり表現すべきクダリが少なくて、やはり出だしがイマイチ。マンガ『ドクターストーン』など最近の少年ジャンプの新連載全般の傾向に言えますが、最初のスタートダッシュ(キャラ設定から世界観の設定)が失敗してる。この『ROBOT×LASERBEAM』もご多分に漏れず。

まだ青年コミックだと地道にゴルフ描写を積み重ねることでファンも獲得できそうですが、こと少年コミックだと辛いでしょう。そこに辿り着くまでもなく打ち切りされる可能性は高いか。現段階では『ROBOT×LASERBEAM』をおすすめスポーツ漫画ランキングに入れることはないかなぁ。