【考察】不能犯が救いなさすぎて逆に面白いwww【おすすめ感想レビュー】

スポンサーリンク

『不能犯』のネタバレ感想をレビュー。作者は宮月新(原作)と神崎裕也(作画)。出版社は集英社。ジャンルは青年コミックのサスペンス漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みできます。

この『不能犯』が2018年に主演・松坂桃李と沢尻エリカで実写映画化されることが決定。そこで今回はマンガ版『不能犯』が面白いのかつまらないのか考察してみました。個人的に漫画以外の作品にあまり興味はないので、おそらく映画版「不能犯」のネタバレ感想はレビューはしない予定。

結論から書くと、あまりにオチが毎回救われなさすぎて逆に面白いwwwきっとムナクソ漫画が好きな方にはおすすめ。おそらく実写映画でもオチがヒドい内容になると思うので漫画に興味が無い方も是非ご覧ください。

漫画 不能犯のあらすじ登場人物

主人公は宇相吹正(うそぶきただし)という殺し屋。

この宇相吹正の武器は「思い込み」。いわば瞬間催眠とも呼べるそれを使うことで、相手は「自分は死ぬかもしれない」と思わせることで精神的ダメージを与えるというもの。ただ思い込みが恐ろしいのは精神的ダメージだけにとどまらない。

(不能犯3巻)

例えば「灯油」をぶっかけられたと思い込ませたオンナ(牧原)に対して、宇相吹正がジッポライターをポーンと放り投げる。当然着火したと思い込んだオンナは自らが火ダルマになった映像を想起する。

(不能犯3巻)

でも実際には「水」をぶっかけられただけなので、当然オンナは炎に包まれていない。ただ自分は炎に包まれてると完全に思い込んでるため、オンナの皮膚は現実が後追いしてくるように最後は…。つまり宇相吹正は完全犯罪をやって退ける「不能犯」だった。

(不能犯1巻)

主人公・宇相吹正は仕事で請け負ってるものの、むしろ自発的に動いてる節がある。そのため宇相吹正曰く、自らの行動原理を「人間は脆いと証明するため」と分析。実際かなり暗殺しまくってるんで既に答え・解は導き出せてるような気がしますが、口癖も「愚かだね人間は」。

(不能犯4巻)

この宇相吹と相対するのが、刑事の多田。瞬間催眠(思い込み)が一切効かない数少ない人間。また最愛の上司・夜目が宇相吹正殺されたこともあって執念深く追いかける。ただ当然、宇相吹が実行した証拠はどこにも存在しない。

宇相吹正という「不能犯」相手に警察は蛮行を止めることはできるのか!?宇相吹正の目的は何なのか!?といった内容のマンガ。

ちなみに実写映画版では多田刑事役は性別が逆転し、「別に」でおなじみの沢尻エリカが務めてます。性別が女性の方がより宇相吹との対比やギャップ感が強調されるからか。