【亜人】佐藤のヤバ怖すぎる名言集【名シーンまとめ】

スポンサーリンク

つい先日、映画『亜人』が公開されました。不死身の亜人たちが壮絶な戦いを繰り広げるアクション満載の内容。主演は佐藤健と綾野剛というイケメン(?)役者ということもあってか、割りと興行収入は好調らしい(多分)。

この『亜人』は実は漫画が原作。現在もグッドアフタヌーン(講談社)で連載中のおすすめバトル漫画。作者は桜井画門。漫画好きなら既に知られている人気漫画です。

(亜人9巻 講談社)

この『亜人』の中で特に異彩を放つキャラクターと言えば、佐藤(さとう)。実写映画版『亜人』の主役キャストは佐藤健とややこしいですが、かなり言動がクレイジーなオッサン。

例えば画像のシーンであれば、主人公・永井圭に対して断頭を試みようと、芝刈り機を背負ってやって来る。もし佐藤みたいなオッサンが急に公園に現れたら親子連れはパニック所じゃないでしょうね(笑)

佐藤はポーカーフェイスと相反して、中身は残虐そのもの。いや人間らしい温かい心を持たないからこそ、自らの感情の機微に触れるためにひたすら「スリル」を追い求めてる危ないキャラ。軍隊経験を持つなど、ひたすら戦闘力が高いからこそ余計に厄介。

そこで今回は佐藤オンリーの危なすぎる『亜人』の名言をまとめてみました。ありがちな名言で煽るなら「震えて眠れ」といったところか。

君ならできる(佐藤の名言)

(亜人9巻 講談社)

まず最初の名言は「君ならできる」。

一見するとポジティブな励ましの言葉にしか見えませんが、冒頭で紹介した断頭に関する一場面。亜人は不死身ではあるものの、頭が離れたまま身体だけが再生されると「意識」だけは残った頭部にある。つまり「実質的な亜人の死」を意味してる。結局、最初の頭部の意識は一つだけ。難しい話ですが、詳しくは「スワンプマン」でググって下さい。

でも、佐藤は勝つためなら平気で自らの頭部の断頭(正確には粉々に頭部を破壊)を行う。一方、永井圭は現在あるたった1つの意識を失うことに恐怖感を覚える。それに対して「あさはか」と佐藤。そして「今のままじゃもったいない。一度断頭させてくれ。もっと自由な発想で戦えるようになるハズだ。君ならできる」。

こんな「ユーキャンドゥーイットいらんわ」という名言(笑)

君もブチ殺してやる(佐藤の名言)

(亜人3巻 講談社)

続いての佐藤の名言は「君もブチ殺してやる」。

当初佐藤は同じ亜人である永井圭を仲間にしようと、様々に画策を図る。ただ永井圭は佐藤の得体の知れない不気味さを察知し、無実の人を殺め続ける佐藤に対して本能的に反撃を食らわす。もちろん亜人は不死身ではあるものの、無感情だった佐藤も思わずカチン。

そこでそれまではずっと君付けで呼んでいた永井圭に対して、「永井。君もブチ殺してやる」と佐藤の本性が現れた名場面。口からダラダラ流しながら、不気味に微笑む佐藤が怖すぎる。地味に歯にも血が付いてる(多分)のもリアル。