いま暗黒大陸編だけどゴンとキルアは何してるんだっけ?【ハンターハンター】

スポンサーリンク

少年ジャンプを代表するおすすめバトル漫画…いや、面白いおすすめ漫画といえば、やはり『HUNTERxHUNTER(ハンターハンター)』。このハンターハンターは連載と休載を繰り返しながらももうすぐ連載が開始してから20年が経過しようとしています。随分自分も年を取ったもんです。

この『HUNTERxHUNTER』は現在「暗黒大陸編」に突入中。厳密には「暗黒大陸編」の一歩手前でカキン王子たちが継承戦争を繰り広げてる最中。【ハンターハンター】カキン王子一覧と霊獣まとめも詳しくは参照よろしこ。

ただ暗黒大陸編の目下の主役は十二支ん入りしたクラピカやレオリオのため、最強キメラアントのメルエムたちと盛大に戦ったゴンやキルアは一切登場してない。じゃあ気になるのはゴンとキルアの動向。暗黒大陸編が始まった現在は一体どこで彼等は何をしているんでしょうか?

ということで、それが今回の『HUNTERxHUNTER』の考察記事のメインになります。

スポンサーリンク

ゴンはミトにみっちり絞られ中(笑)

まずはゴンの動向。ネフェルピトーとのバトルでゴンさんはしわくちゃのミイラ化してしまったものの、キルアの弟・アルカ(正確にはナニカか)のおかげで助かりました。そしてずっと探していた父親・ジンとも再会し、まさに大団円でキメラアント編のラストを迎えました。ちなみにメルエムとコムギの感動的なラストまとめも参照。

(HUNTERxHUNTER ハンターハンター33巻 集英社)

じゃあその後ゴンはどこへ行ったのかといえば、結論から書くと育ての親であるミトの家に帰宅中

ハンター試験合格後、キルアと一度ミトの家に戻ったことがありますが、それ以来の言ってしまえば久しぶりの帰省。言ってしまえば、ゴンは休息中。ミトとジンと会ってどうだったかなど細かい会話はネタバレしませんが、暗黒大陸編ではつかの間の和気あいあいを楽しんでいる様子。

(HUNTERxHUNTER ハンターハンター33巻 集英社)

…と言いたいんですが、そこはミトさん。『ドラゴンボール』のチチばりに教育ママっぷりを発揮し、ゴンは通信学校の単位を獲得するために大量のホームワークを強いられている様子。ゴンはゴンで勉強という暗黒生活を送っている様子(笑)

ゴンはオーラが何故か出ない

ちなみにゴンがミトの家に帰省した理由には、もう一つあります。

既にアルカのおかげで根治したものの、何故かゴンはオーラを出すことができなくなった。いや父親のジンはゴンのオーラが視えていたため、正確には「オーラが見えなくなった」と表現するのが正しい。ネフェルピトーに勝つために「もうこれで終わってもいい」という強烈な制約で覚醒したことが影響してると考察されます。

そこでゴンはジンに悩みを打ち明けると、「普通に戻ったってことさ。充分だろ?全てを捨てる覚悟で戦って普通に戻れたんだぞ。それ以上望んだら罰が当たるってもんさ。むしろ喜べ」。

(HUNTERxHUNTER ハンターハンター32巻 集英社)

そしてジンはゴンに対して「道草を大いに楽しめ」とアドバイス。このジンの励ましの言葉を聞いた時のゴンの表情は何とも晴れやか。ある意味、ゴンとしては全てのゴールを達成したような状態。それを象徴するようなゴンの表情。

ただ嫌な見方をするのであればm『HUNTERxHUNTER』のストーリーとして何か描く部分は既に少ないかも知れません。つまり今後暗黒大陸編以降でも、ゴンがかつてのようにどこまで登場するかは疑問か。

スポンサーリンク

キルアはアルカと仲良く旅行中(笑)

続いてはキルア。

(HUNTERxHUNTER ハンターハンター32巻 集英社)

一体暗黒大陸編で何をしてるのか結論から書いてしまうと、キルアはアルカとイチャコラ中

途中ゴンとキルアの関係性はギクシャクしたものの、会長選挙編が終了後は完全に仲直り。ただ一度ギクシャクしたこともあってか、お互い距離を取るのが最善。リアルの人間関係でも言えそうですが、そこでキルアはアルカと世界各地を旅して回っている様子。

キルアは『ハンターハンター』32巻で「ちょくちょくメールするからよ」とゴンに話してるものの、現時点ではほとんどキルアも含めてゴンの描写もありません。暗黒大陸編…もといカキン継承戦で久しぶりに登場したクラピカの独壇場が続いております。

2人は道中何をしてるかは知りませんが、きっと腐女子さんが喜びそうなこともアハンウフンゲホンゲホン…

スポンサーリンク

カイトは暗黒大陸編で何してるの?

ちなみにゴンとキルア以外の『HUNTERxHUNTER』のキャラクターはどうしてるのか。最後は蛇足気味に終わりたいと思います。

(HUNTERxHUNTER ハンターハンター32巻 集英社)

例えばカイト。ネフェルピトーにフルボッコされたわけですが、カイトは赤毛の少女(レイナ)として生まれ変わった。でも中身は完全にカイトの記憶が残っており、どうやら既にそこそこ強そう。女の子っぽい服を脱ぎ捨て常に黒いスーツを身にまとっている状態で、まさにコルト涙目。

このカイトが暗黒大陸編で何をしてるかまでは残念ながら描写されていませんが、どうやらキメラアントのコアラのマーチと行動を共にしてるらしい。

コアラは元々がヒットマン。その後キメラアントとして生まれ変わるものの、同じように人をあやめる日々。レイナ本人かレイナに似ただけの赤毛の少女をあやめたことを強く後悔しており、それをカイトに懺悔すると「あたちと来い。毎日あたちに謝りながら生きろ。選択の余地はない」と一言。

【HUNTERxHUNTER】メルエム最強まとめでも触れたような記憶がありますが、キメラアントは元々暗黒大陸からやって来たもの。そしてパリストンが大量のキメラアントを再利用し、暗黒大陸への進出を目論む。だからカイトやコアラのマーチはいずれ暗黒大陸編で登場する可能性が高いのではないかと考察されます。

しかし『HUNTERxHUNTER』のフルカラー版ですが、せめて掲載時にラフ画だった部分ぐらいは書き直してほしい。冨樫先生暇でしょ?どうにかならんかったんでしょうか?と思ったのは内緒。