【感想】外れたみんなの頭のネジって面白い?【ネタバレ考察レビュー】

スポンサーリンク

『外れたみんなの頭のネジ』1巻から4巻のネタバレ感想をレビュー。作者は洋介犬。掲載サイトはGANMA。出版社はアース・スターエンターテイメント。ジャンルは少年コミックのホラー漫画。GANMAで無料配信されており、AmazonのKindleや楽天koboなどで無料で試し読み・立ち読みができます。

(外れたみんなの頭のネジ2巻 GANMA)

この画像をネット広告で頻繁に見かけたこともあると思いますが、それが掲載されているのがホラー漫画『外れたみんなの頭のネジ』。一度も読んだことはないけど、この漫画の評判や評価が気になってる人も多そう。

そこで今回は『外れたみんなの頭のネジ』が面白いかつまらないか考察してみました。無料アプリで読むこともできますが、この感想レビューを購入orダウンロード時の参考にして下さい。

外れたみんなの頭のネジ あらすじ内容解説

主人公は七尾ミサキ。どこにでもある街で暮らすどこにでもいるフツーの女子高生。しかし、ある日を境に周囲に違和感を感じ始めるようになる。

(外れたみんなの頭のネジ1巻 GANMA)

例えばいつも明るく挨拶してくれた近所のおばさんも、壁に向かって独り言を言い始める。近所の交番で働く好青年のお巡りさんも、奇声を発しながら人を撃つ真似ではしゃぐなど、明らかに街は異常と化す。

七尾ミサキに対しても脅迫文としか思えないラブレターが届いても、クラスメートたちは「結果的に嫌われてないから問題ない」と誰もが取り合ってくれない。

(外れたみんなの頭のネジ1巻 GANMA)

しかも七尾ミサキの前には、更に悪魔と思しき謎の生物・べへりんも現れる。べへりんに事情を説明しても「狂ってるのはお前の方じゃないのか?」とまで言われる始末。しかし「オレを信じさせることができたら、魔力でお前を救ってやれる」とべへりんは不敵な笑みを浮かべる。

そこで七尾ミサキは「狂った街の実情・体験」を必死に説明し、悪魔・べへりんの体内魔力を溜めようと動く。『外れたみんなの頭のネジ』の物語の構成としては、基本的に一話完結のオムニバス形式になります。

果たして七尾ミサキは狂った街の秘密を解き明かすことはできるのか?

内容にそこまで恐怖感を感じない理由

『外れたみんなの頭のネジ』が面白いかつまらないか結論から評価すると、そこまで面白くはないと個人的には思います。ホラー漫画としては正直全然怖くありません。

(外れたみんなの頭のネジ2巻 GANMA)

一応、画像のように何となく怖い描写は存在すると思います。アイデアや狙いも悪くないんですが、画力は全体的に平凡。そして展開の作り方が一番ネック。ホラー漫画としては、ちょっと意味不明な頭を抱えてしまう描写も多い。

例えば、つまらないと思われる最たる例が「ギャグ要素」。

(外れたみんなの頭のネジ2巻 GANMA)

画像のように、何故かちょいちょい笑いを入れてくる。状況を説明しておくと、べへりんが魔力の貯まり具合をパソコンの保存メディアで例えてる場面。たまに笑いを狙ってくるレベルならまだしも、割りと頻繁。正直ホラー漫画として必要か不要かで評価するなら、ほぼ間違いなく後者でしょう。

だから設定ありきと想像されるストーリーやエピソードも多く、『外れたみんなの頭のネジ』のオチにはいまいち意味不明な結末も多い。

例えば、雉野すずというクチの悪い生徒を取り上げた回。七尾ミサキに突っかかって問題を起こす。そこで母親と共に謝りに来た雉野だったんですが、母親に歯を全部抜かれて舌も切断されてしまう。母親曰く、「これ以上人様にご迷惑をおかけしないように元から断った」とニタリ。

(外れたみんなの頭のネジ1巻 GANMA)

このまま終わってればまだゾワッとしたまま終われると思うんですが、このオチは「それから雉野は画像のようなアクションをするようになった」という結末。え?どゆこと?。せっかく良い読後感のまま終われそうだったのに、余計なことしてムードが台無し。上述の件も含めて、下手に笑いに走った感も見て取れて変に冷める。

(外れたみんなの頭のネジ3巻 GANMA)

だから『外れたみんなの頭のネジ』は全体的にシロート臭い。最近流行りのYouTuberみたいな雰囲気。画像のように誤字脱字(×出張○主張)も散見されるなど全体的に完成度は低く、内容は完全に中高生向け。もちろん「完成度の高さ=需要が多い」という図式が成立するとも思わないですが、大人が満足できるようなホラー漫画ではありません。

『外れたみんなの頭のネジ』を「おすすめホラー漫画ランキング」に今後も選ぶことはなさそう。ちょっと内容的に正統派のホラー漫画という感じではありません。