【マンガ考察】刃牙道が普通に面白いw【ネタバレ感想まとめ】

スポンサーリンク

『刃牙道』のネタバレ感想をレビュー。作者は板垣恵介。掲載誌は少年チャンピオン。出版社は秋田書店。ジャンルは少年コミックの格闘漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みができます。

今回はバキ最新シリーズの『刃牙道』が面白いか、つまらないかを徹底的に考察してみたいと思います。結論から書くと、バキシリーズの中でも面白い部類に入ると思います。もし『刃牙道』を購入するか迷っている方がいればテキトーに参考にして下さい。

刃牙道のあらすじ内容・ストーリー登場人物

主人公・範馬刃牙と範馬勇次郎の史上最強の親子喧嘩が終わって、しばらく。範馬刃牙だけではなく、あらゆる格闘家たちは退屈だった。そこへ突如として、全ての退屈を無に帰す「異物」が世に誕生する。

(刃牙道2巻 秋田書店)

それが戦国時代に名を馳せた「宮本武蔵」。前述の親子喧嘩も仲裁した徳川が「宮本武蔵のDNA(土葬された宮本武蔵の遺体を拝借)」を使って、現代の世に再び「クローン人間」として宮本武蔵を復活させてしまう。

ただ所詮は所詮、クローン人間はクローン人間である。いくら同じDNAから再生させたクローン人間とはいえ、記憶や経験まで受け継がられる訳がない。…と思いきや、NO。徳川の姉が宮本武蔵の魂を降霊させ、仏作って魂も入れてしまった。

(刃牙道4巻 秋田書店)

つまりは過去人類最強のサムライが現代日本に再誕してしまった。主人公・範馬刃牙は現在の人類最強である父・勇次郎と重ね、思わず背筋が凍ってしまう程。それほどまでに底知れぬ強さをムサシは保持してる様子。

宮本武蔵の顔が初期とだいぶ変わってるのはご愛嬌ですが、果たしてムサシは範馬勇次郎並に最強なのか?ムサシに勝てる者はいるのか?ムサシは現代日本で何を目論むのか?…といった内容が『刃牙道』の大まかなあらすじになるのかなーと思います。

つまらないキュレーションもどきの法人アホサイトはパクっちゃダメよ。