【感想】平松伸二の自伝漫画「外道マンになる」がワロタwww【レビューまとめ】

スポンサーリンク

『そしてボクは外道マンになる』1巻2巻のネタバレ感想をレビュー。作者は平松伸二。掲載誌はグランドジャンプPREMIUM。出版社は集英社。ジャンルは青年コミックの漫画家漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどで無料で試し読み・立ち読みができます。

今回は地味にひっそり話題になってる『そしてボクは外道マンになる』を取り上げたいと思います。面白い漫画なのか、おすすめマンガなのか徹底的に考察してみました。購入時の参考に読んでみて下さい。

ざっくり言うと、漫画家・平松伸二の自伝的漫画になります。平松伸二は『マーダーライセンス牙』や『どす恋ジゴロ』といったハードボイルドな作品を描いてる方なんですが、ネット上で既に定着した感のある「いいんだよ。細けえ事ア」という名言を産んだマンガ家と説明したらピンと来る人も多そう。

平松伸二の半生プロフィールとあらすじ内容

主人公はもちろん平松伸二。まだ蒸気機関車が走る1955年に爆誕。出身地は岡山県高梁市…その中でも更に片田舎の山村で育つ。片田舎ではあったものの『鉄腕アトム』といったテレビアニメの影響も受け、平松伸二の将来の夢はマンガ家。

普通であれば夢は夢として散りますが、高校1年生のときにジャンプの新人賞に選ばれるなど平松伸二はマンガ家としての天性の才能を発揮。そして高校卒業と同時に上京した平松伸二は、『アストロ球団』の作者・中島徳博のアシスタントとして働き出す。

しかし、マンガ家の職場は劣悪そのものだった。

(そしてボクは外道マンになる1巻 集英社)

中でもアストロ球団を担当していた漫画編集者・権藤狂児の存在は強烈だった。

極悪すぎる見た目と同様に、言動も極悪。相手がマンガ家であっても殴るは蹴るは、暴言を吐くは、まさに自民党・豊田真由子も真っ青のオッサン。既に当時からベテラン漫画家だった中島徳博に対しても容赦がないことからも、下っ端の平松伸二に対する態度は言うまでもなかった。

そんなある日、師匠・中島徳博の体調が悪化。月刊ジャンプに掲載予定だった読み切りマンガが急遽、アシスタントだった平松伸二に代役として白羽の矢が立つ。これが平松伸二にとって漫画家として大きな転機となった。

四苦八苦しながらも描き上げた読み切りマンガの評判は上々。その後、平松伸二のデビュー作となる『ドーベルマン刑事』の連載を始めるキッカケともなった。まさに順風満帆の漫画家人生が始まるかと思いきや、これが地獄への入り口だった。

(そしてボクは外道マンになる1巻 集英社)

初の連載漫画に悪戦苦闘しつつも極悪マンガ編集者・権藤のしごきによって、気が付くと平松伸二は「一端の外道漫画家(外道マン)」になっていた。そこには田舎の純朴青年の姿はどこにもありはしなかった…果たして平松伸二の運命は!?というのが大まかなストーリー内容になります。

ただ先にネタバレしておくと、あくまで外道マンの主体は「外道なマンガ編集者」。平松伸二が「外道なマンガ家」になることは少なく、基本的に「外道マン」に平松伸二が虐げられてる展開がメインのストーリー。それ故にかなりヤバイ漫画編集者が何人も登場します(笑)