【2017】医者も涙!心震えるおすすめ医療漫画9選【人気ランキング】

スポンサーリンク

わたくし管理人・ドルジ露瓶尊は、日本で一番漫画のレビューをした男(完全な自称)。実際2013年ぐらいに漫画ブログを開設して以来、何千冊もの漫画の感想や考察を書いてきました。

そこで今回はお医者さんにもおすすめできる「感動できる医療漫画(医学漫画)」をピックアップしたいと思います。

医療マンガはどうしても派手な手術シーンが思い浮かびますが、その根底には「人を救う」というハートフルな人間ドラマがある。だからおすすめ医療マンガは感動してナンボ。泣けてナンボのジャンルと表現していい。

もし泣けるマンガが読みたい方は是非参考にして下さい。きっと新鮮な医療情報もリアルタイムで掲載されてることも多いので、きっと入院中でお暇をしてる患者さんや現役のお医者さんも勉強にもなりそう。

ちなみに一応ランキング記事ではありますが細かく優劣を付けるのは難しく順位は割愛。

Dr.DMAT 瓦礫の下のヒポクラテス…おすすめ医療漫画

まず最初のおすすめ医療漫画は『Dr.DMAT-瓦礫の下のヒポクラテス-』。タイトルが長いですが、その名の通り「DMAT(災害派遣医療チーム)」を扱った医療漫画。

主人公は有栖川総合病院に勤務する医師・八雲響。血の臭いが苦手なため内科医として働き、どの患者からも慕われていた。しかしひょんなことから東京DMATの研修を受けるハメになる。しかし、そんな時に限って重大事故が有栖川総合病院の付近で発生。

10秒迷えば一つの命が消えていく世界。限られた時間の中で、限られた命を迫られる選択。何が正解で何が間違いなのか誰にも分からない。果たして圧倒的なプレッシャーの中、八雲響はドクターとしての最善をつくすことはできるのか?救急医療や災害派遣医療の今を問う。

『Dr.DMAT』のおすすめしたいポイントは、医療マンガとして無難に面白い。災害発生直後の危機的状況、そんな中で奮闘する医師の姿や葛藤。ダイナミックな手術シーンなどは絵的にもドラマ的にも、全体的に高いレベルで表現されてる。少なくとも大きな失敗や後悔をしないはず。

全11巻というボリューム感も考えると、「買いやすさ」という点で初めての医療漫画におすすめできるかも知れない。ちなみにコミックス表紙はトリアージを表現されてる。地味におしゃれ。

神様のカルテ…おすすめ医療漫画

続いてのおすすめ医療漫画は『神様のカルテ』。嵐の櫻井翔でも実写映画化されたことがある人気医療漫画。主人公は栗原一止(くりはらいちと)。本庄病院に勤務する若手の内科医。あだ名はドクトル。を描きつつ、患者との向き合い方、医療現場のあり方に苦悩する栗原の姿を描く。

『神様のカルテ』のおすすめするポイントは、シンプルにストーリーやキャラクターが良い。主人公が内科医である以上、派手な手術シーンは一切出てこない。それでも不思議と読ませてくれる展開力と、大狸先生といった個性的なキャラクターたちが魅力。主人公・栗原一止はどこか青臭く、男爵や学士殿との古びたボロアパートでの日常はさながら青春群像劇。

それ故に栗原一止から発せられる言動は力強い。「医師の話ではない!人間の話をしているのだ!」といったセリフは、医者や医療の本質をついていて思わず胸を打つ。看取りや終末期医療のあり方など考えさせられる部分も多い。

全2巻という適度なボリューム感も「買うハードルの低さ」という点でもおすすめ。サクッと感動したい読者さんにはおすすめ。もしこの医療漫画版が気に入れば原作小説を購入してもいいでしょう。