スポンサーリンク

【作り方】野球漫画のおすすめな描き方・ストーリー構成方法【野球マンガ】

現在は夏真っ盛り。暑い日々が続きますが、同時に甲子園では高校球児たちが試合を毎日行っている様子。今年2017年の3回戦で仙台育英高校と大阪桐蔭高校が対戦。そこで仙台育英高校の選手が、大阪桐蔭の一塁選手の足を思いっきり蹴り上げるという最低の行為を行ったため炎上しました。

しかも結果的に、この最低の仙台育英高校が勝ち上がってしまうという悲劇が置きました。こういう勝ち方をしても仙台市民などは大喜びしていたことにも驚きましたが、どうやら実世界の甲子園球児にはこういうクズが多いのか。

ただ野球漫画に登場するキャラクターは、基本的に体育会系の熱さを持ってるけども性格は品行方正。一応まともなキャラしか描かれません。

(ダイアのエース42巻)

そこで今回は「面白い野球漫画」のおすすめの描き方、ストーリー構成の作り方を簡単に考察したいと思います。連載漫画に関する考察のため、割りと実践的な方法になるはず。面白いおすすめ野球漫画ランキングはいずれ作りたいと思いますが、あくまで「野球漫画のおすすめ方法論」の記事でありおすすめ野球漫画の紹介ではないのであしからず。

【スポンサーリンク】

野球漫画の県大会・地区予選は「ドラマ」を描け!

まずは県大会・地区予選の野球漫画の描き方。つまり甲子園出場を決めるための「予選大会」の作り方。甲子園を一つのストーリーのゴールとして、野球漫画は一般的に「予選」から描かれることが多い。

この県大会・地区予選で野球漫画は一体何を重視して描くべきなのか?結論から書くと、それが「ドラマ」。

何故なら県大会はいつも似たような高校同士で頻繁に何度も戦うことが多く、当然過去の経緯から「因縁」が生まれやすいから。実際、自らの出身県や出身母校を振り返っても、何年か前にあの高校と戦った時はこんなスコアで勝った・負けた。だからあの時の雪辱を…という思いなどが生まれやすい。高校生に限らず、小学生・中学生レベルでも存在しました。

つまり野球漫画の中では、この予選の試合でこそ過去の因縁を絡めたドラマを描きやすいわけです。キャラクターの心理描写であったり、父兄や観客の思いであったり、そういう部分。言ってしまえばスポーツ漫画的な要素よりも、青春漫画的な要素を強くする。

また限られた高校しか存在しない県内だからこそ、いつも決勝にコマを進める常連校なるものがいても不自然ではない。主人公がいる野球部が「不動の強者」に立ち向かうというストーリーの構図が作りやすく、甲子園で華々しく戦うという花道も描きやすい。

そして野球漫画だけではなく、スポーツ漫画全般はキャラクターが多く増えがち。でもドラマに重点を置くことで、最初のゴチャゴチャ感を相殺できるメリットもある。あくまで主人公など限られたメンバーの描写だけで済むから。

そのためこの方法は野球漫画以外の県予選が行われる多くの部活もののスポーツ漫画全般にも、このストーリー構成は通用するのでおすすめ。

【スポンサーリンク】

野球漫画の甲子園・本大会は「試合」を描け!

ただ本大会である甲子園が始まると、全くの別。県予選と同様に、甲子園の試合でドラマを描けるかは微妙。

何故ならリアルの高校野球でもそうですが、甲子園に毎回出場できるようなガチガチの強豪野球部は少ないから。いくら県内ではトップクラスに強い高校だったとしても、所詮は1校しか甲子園に出場できない。そうすると確実に甲子園に出場できる保証はどこの野球部にもない。もちろん全国で一校二校だけ、そこまでチート級に強い野球部を描くなら別。

確かに今まで何十回と出場経験が在る甲子園常連校なるものは存在しますが、野球漫画の時間軸は所詮は最大で3年間しかない。主人公が高校に入学してから卒業するまで。じゃあ一年生の時に甲子園で戦った別の都道府県の高校と、残りの2年の内に再び甲子園で再会できるかは確率的にさすがに微妙なことは言うまでもない。

しかも甲子園ではトーナメント制を採用してるため、抽選でどこの高校と当たるかは完全な偶然。そう考えると都合良く一回戦二回戦で対戦するという展開は、誰が見てもご都合主義的で冷めるような展開。

だからどうしても過去の因縁を絡めて、野球漫画のストーリーを描くのはしんどい。むしろ野球マンガでは甲子園ではほぼほぼドラマは描けないと考えていいぐらい。実際、高校野球でも県予選まではチェックするけど、甲子園に出場以降は観ないという野球マニアも多いのはきっとそれらが理由。

つまり野球漫画では甲子園以降の展開は、初顔合わせ同士の対戦である以上、その一試合一試合は「シンプルに試合描写」を描くことを心がけるべき。野球漫画なら投手戦、乱打戦、シーソーゲーム、ワンサイドゲーム。他のスポーツ漫画でも得点が多く入る試合、逆に入らない試合で展開を盛り上げる。言っちゃえば「見せる画」を多く描くのがおすすめ。

野球漫画のトーナメント制は一本調子+二番煎じ

野球漫画に限らず、スポーツ漫画全般で言えることは展開が二番煎じになりがち。

何故なら高校の部活スポーツの多くでは、県予選の時点でトーナメント制を採用してるから。野球漫画に限った話ではありませんが、トーナメント制は所詮は「勝つ以外の展開」が存在しない。だって、もし途中で負けてしまったらそこで話が終わる。つまりは一本調子。

そのため県予選もトーナメント、甲子園もトーナメントと連続するため、あまりストーリーが変化がない。もっと言えば、甲子園はトーナメントの二番煎じでしかない。色んな人気のスポーツ漫画でも県予選と本大会(甲子園)以降の展開を読んでも、甲子園や全国大会が始まったけど意外とワクワクしないのはそういう理由が挙げられる。

だから作者がどっちも同じようなノリで描いてしまうと、読者の立場で意見するなら予定調和感が連続しすぎる。そのため冒頭に貼った野球マンガ『ダイヤのエース』はそこまで個人的に面白いとは思ってません。展開だけで指摘するなら、意味のない繰り返しが続くだけの野球漫画。

そのため敢えて野球漫画としてのテイストや雰囲気を大きくガラッと意識的に変えるだけでも、作者自身が意識して「ドラマ」か「試合」かどっちを描くか、その心を持ちようを変えて連載するだけでも漫画の中には違いは十分反映される気がします。

【スポンサーリンク】

読み切りの野球漫画の作り方・描き方

最後は「読み切りの野球マンガ」の作り方・描き方。これまでの解説は全て「連載野球マンガ向け」の話。多くのプロデビューすらままならないアマチュア素人の漫画家志望の方には、それこそ夢のまた夢の範疇。

でも読み切りの野球マンガでも基本的には同じ

読み切りマンガはページ数が50P、60Pと限られてるわけですが、序盤で主人公のドラマ(因縁)を描写し、その後の試合で「見せる画」を描く。一言で言えば、上記のおすすめ描写法をかなりギュッと短縮させるだけ。

10~20P程度で主人公はどれだけ野球が好きか、野球そのものの魅力を描く。そしてライバルとなる野球選手も登場させて因縁を披露し、この2人がどう試合で対戦させるかを後半に描くだけ。

更に言及すると、主人公の設定はピッチャーの選択肢に基本的には限られます。もし野球のポジションで言うと外野やセカンド・ファーストに設定すると、そもそも定期的な出番を作ることができないから。

特に読み切りの野球漫画では、可愛い女の子のヒロインは不要。どうしてもマネージャーあたりを一人ぐらい入れたくなるものの、展開がゴチャゴチャするだけなのでおすすめしません。使い時がなさすぎる。

もし女子マネを投入するなら、そこを中心に完全に青春ドラマ寄りに仕上げましょう。あだち充の『タッチ』が参考になりますが、野球要素はむしろオマケ程度に認識しておくと吉。連載野球漫画でも省く部分は強烈に省いた方が、描く方も読む方もいろいろと楽。

【スポンサーリンク】

おすすめしたい面白い野球マンガの作り方・描き方まとめ

以上、面白い野球マンガのおすすめの作り方でした。

もちろん試合の勝ち負けそのものがドラマと言われればそうなんですが、ざっくりとまとめると野球の県予選は「夢に向かって走る青春性・ドラマ性」に重点、野球の甲子園は「勝ちに向かって走る執念性・試合性」に重点を置くといった感じか。

冒頭でも触れましたが、最低の仙台育英高校は勝ちへの異常な執念があったからこそ、相手選手を平気で傷付けるようなことができたとも解釈できる。そういったリアルの卑劣な選手の悪の部分だけ削ぎ落とし、野球マンガの世界では「まともな人間」として描けばしっかり熱い展開を作ることが可能なはず。

以上の解説は『グラゼニ』や『ワンナウツ』といったイレギュラーな野球マンガの考察は除外してますが、おおよそ定番の野球マンガを描く場合は参考になるはず。野球に限らず、スポーツ漫画全般でも通じる内容だと思うので是非参考にして下さい。

もちろん最低限の画力などは伴っているのは必須。野球漫画やスポーツ漫画は画力があればある程度ごまかせる点も多く、『ダイヤのエース』は言ってもカット割りや構図などはかなり参考になるため練習がてら模倣することをおすすめします。ちなみにおすすめスポーツ漫画ランキングも良かったら御覧ください。