【作り方】野球漫画の描き方・ストーリー構成方法まとめ【野球マンガ】

スポンサーリンク

現在は夏真っ盛り。暑い日々が続きますが、同時に甲子園では高校球児たちが試合を毎日行っている様子。今年2017年の3回戦で仙台育英高校の選手が、大阪桐蔭の一塁選手の足を思いっきり蹴り上げるという最低の行為を行ったため炎上しました。

しかも結果的に、この最低の仙台育英高校が勝ち上がってしまうという悲劇が発生。こういう勝ち方をしても仙台市民などは大喜びしていたことに驚きましたが、どうやら最近の日本の若者はTwitterを筆頭にアホなクズが多いらしい。

ただ野球漫画に登場する高校球児たちは、基本的に体育会系の熱さを持ってるけども性格は品行方正。一応まともなキャラしか描かれません。

(ダイアのエース42巻)

そこで今回は「面白い野球漫画」のおすすめの描き方、ストーリー構成の作り方を簡単に考察したいと思います。連載漫画に関する考察のため、割りと実践的な方法になるはず。ちなみにおすすめスポーツ漫画ランキングは既に執筆済みですが、面白いおすすめ野球漫画ランキングはいずれ作りたいと思います。

あくまで「野球漫画のおすすめ方法論」の漫画制作記事であり、おすすめ野球漫画の紹介ではないのであしからず。

野球漫画の県大会・地区予選は「ドラマ」を描け!

まず最初は県大会・地区予選の野球漫画の描き方。つまり甲子園出場を決めるための「予選大会」のストーリー作り。甲子園出場を大きなゴールとして、野球漫画は一般的に「この予選大会」から描かれることが多いです。

じゃあ県大会・地区予選で野球漫画は一体何を重視して描くべきなのか?結論から書くと、それが「ドラマ」。

何故なら県大会はいつも似たような高校同士で頻繁に何度も戦うことが多く、当然過去の経緯から「因縁」が生まれやすいから。実際、自らの出身県や出身母校を振り返っても、何年か前にあの高校と戦った時はこんなスコアで勝った・負けた。だからあの時の雪辱を…という思いなどが生まれやすい。高校生に限らず、小学生・中学生レベルでも存在しました。

つまり野球漫画の中では、この予選の試合でこそ過去の因縁を絡めたドラマを描きやすいわけです。キャラクターの心理描写であったり、父兄や観客の思いであったり、そういう部分。言ってしまえばスポーツ漫画的な要素よりも、青春漫画的な要素を強くする。

また限られた高校しか存在しない県内だからこそ、いつも決勝にコマを進める常連校なるものがいても不自然ではない。主人公がいる野球部が「不動の強者」に立ち向かうというストーリーの構図が作りやすく、甲子園で華々しく戦うという花道も描きやすい。

そして野球漫画だけではなく、スポーツ漫画全般はキャラクターが多く増えがち。でもドラマに重点を置くことで、最初のゴチャゴチャ感を相殺できるメリットもある。あくまで主人公など限られたメンバーの描写だけで済むから。

そのためこの方法は野球漫画以外の県予選が行われる多くの部活もののスポーツ漫画全般にも、このストーリー構成は通用するのでおすすめ。