【比較】楽天コボ vs Amazonキンドル 結局どっちがおすすめ?【評価・口コミ感想】

スポンサーリンク

色んな漫画ブログを運営してる管理人・ドルジ露瓶尊ですが、今回は楽天・koboとアマゾン・kindleを徹底的に比較したいと思います。電子コミックや電子雑誌の購入を考えてる方は参考にして下さい。

コボとキンドルの画質の違いを比較

まずは楽天コボとAmazonキンドルの画質の比較。電子コミックや電子雑誌とは一言で言っても、意外と画質の違いもあります。画質が違えば読みやすさにも影響します。

ただ結論から書くと、koboもkindleも画質はほぼほぼ同じ。両者に大きな違いは見られません。基本的に画質の良し悪しは出版社や作者が決めてると思うので、多くの出版社はkoboとkindleとで配信する時に何か対応に違いは見せてないはず。

具体的に画質の良し悪しが分かるのが、データのサイズ。電子コミックの場合は、一冊のデータサイズが30~60MBという作品が多い。『聖☆おにいさん』のようなページ数が少ないマンガだと一冊20MB台という作品もありますが、キンドルでもコボでも電子コミックはそのデータサイズに収まってます。

つまり以上の考察から、やはりコボもキンドルも画質に大きな違いは見られません。どっちを選択しても問題なく読めます。画質の違いが全くゼロかは検証できてませんが、それでも画像を横に並べて比較してもプロでも見分けが付かないでしょう。小説だと尚更画質に違いをつけようがないため、わざわざ比較画像は作りません。

ちなみに電子コミックで画質が一番良いのはebookjapanがおすすめ。何故か異様に画質がキレイ。そのためデータサイズはコミック一冊でも100MBを超えることもザラ。個人的にはそこまで大きくなくていいかなーと思ってます。