【感想】ホラー漫画「社畜と幽霊」がわりと面白いw【ネタバレまとめレビュー】

スポンサーリンク

『社畜と幽霊』のネタバレ感想をレビュー。作者は日日ねるこ。掲載サイトはとなりのヤングジャンプ。出版社は集英社。ジャンルは青年コミックのホラーギャグ漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みができます。

夏8月といえば、やはりホラー。色んなホラー怪奇動画をアップしてるYouTuberも大勢いました。個人的には自分もホラー漫画の一つや二つは8月中にレビューしたかったんですが、残念ながらできず。詳細は【RPGゲーム】ドラゴンクエスト11が面白いwww【攻略感想レビュー】というも良かったら参照してください。

そこで今回は遅ればせながら、ホラー漫画『社畜と幽霊』が面白いかつまらないかレビューしたいと思います。内容的には完全なホラーではなく、軸的にはギャグ漫画寄り。とりあえずちょっと変わったホラー漫画が面白いのかどうか評価してみました。

社畜と幽霊のあらすじストーリー内容・登場人物

まずは『社畜と幽霊』の簡単なあらすじ内容から解説したいと思います。既に知ってる方や興味のない方は下へスクロール推奨。

主人公は背山通。28歳の典型的な社畜。今日もまた深夜までサービス残業を強いられる。ただ背山に更なる不運が重なる。

(社畜と幽霊1巻)

まさかの会社にオンナの幽霊(会社に棲みつく地縛霊)が現れる。しかも作成していた書類に「おおおおおまえのウシロニ後ろ後ろ後ろ後ろシシシシシシシ」と謎の文字が現れる。思わず「なんだ…これ…」とのけぞってしまう背山。ただ背山は社畜の中の社畜だった。

(社畜と幽霊1巻)

恐怖で驚いたわけではなく、単に「マジかよ…これオレか?」と疲れから来る自分のミスだと勘違いしただけ。そこで背山はデータは残ってるからと安心して、そのまま帰宅してしまう。でも逆にオンナの幽霊が「え?」と思わず呆然。力無げな両手と悲しげな表情が、何とも切なさ乱れ撃ちであります。

以上、『社畜の幽霊』のあらすじを読んだら分かるように、基本的に内容は「ギャグテイスト」がベースのホラーギャグ漫画といったところ。ちなみに直後に背山は幽霊の認識をガッツリ認識して、そこからは軽い2人の勝負が始まります(笑)