【ハンタ考察】メルエムとコムギのラストが感動的すぎて泣ける件!最後は死亡?謎の表情の意味は?ウェルフィンは結局何を言った?【画像あり】【HUNTERxHUNTER】

ハンターハンター(HUNTERxHUNTER)』の感動的な場面と言えば、やはりキメラアントの王「メルエム」と盲目の少女「コムギ」のラストシーン。圧倒的なボスキャラとさえない田舎少女の最期に誰もが涙しました。

そこで今回ドル漫ではメルエムとコムギの感動的なラストシーンをまとめてみました。

d-manga.net

メルエムとコムギの出会いまとめ

まずメルエムとコムギの出会いから解説。

キメラアントの王であるメルエムは全世界の王となるべく、まず東ゴルトー国を支配。全ての仕事は部下のキメラアントが行うため、メルエムは暇つぶしのため東ゴルトー国内にいるチェスや将棋のチャンピオンと戦う。

メルエムは圧倒的な頭脳と学習能力を駆使し、人間のチャンピオン相手に連戦連勝を積み重ねる。最後に現れたチャンピオンがコムギ。東ゴルトーは「軍儀」と呼ばれるチェスや将棋のような遊びの本場。その軍議でコムギは負け知らずのチャンピオンだった。

メルエムはこれまでのチャンピオン相手と同様に追い詰めるものの、コムギも圧倒的な成長を見せてメルエムの追随を許さない。まさに切磋琢磨の日々が続く。メルエムはコムギと触れ合う中で「暴虐無道さを善」とする暴力的な考え方が次第に変わっていく。

○自分の名前を知らなかったメルエム

561c18a24652ab4bdf0a664fd0f45c29 330x400

(HUNTERxHUNTER24巻)

コムギは目が見えない+空気が読めない性格である故に、メルエムに対して気さくに接してくる。

だからコムギは「総帥様のお名前はなんとおっしゃられるのですか?」とメルエムに質問することがあった。でも、メルエムは自分自身の名前を知らなかった。周りのキメラアントたちも「王」と呼ぶだけで、本名を聞いてくることもなかった。

そこでメルエムは「自分のアイデンティティ」が喪失していることに初めて気付く。そして、同時にメルエムは「自分と向き合ってくれる対等な存在」を再発見する。

もちろんメルエムは圧倒的に最強。まさに負け知らず。一方、軍儀では一向に勝てないコムギは、とにかくか弱い存在。凶暴な鳥に攻撃されるコムギに遭遇すると、メルエムは思わず助けてしまう。しかし、王である自分が誰かを助ける必要性はない。

それにも関わらず、何故メルエムはコムギを助けてしまったのか?メルエムの心は更に揺れ動く。

aef7dabd6d01fdecb69af375b9bd916c 284x400

(HUNTERxHUNTER24巻)

そこで「この生き物は何なのだ!?余はこいつをどうしたいのだ!?」とメルエムは自問自答。しかし答えは出ない。メルエムは支配する側の「絶対的君主」。周囲の誰かから何かを教育されることはない。ましてや、誰かに助けを求めることもできない立場。

それ故にメルエムは更に苦しむ。

d-manga.net

d-manga.net

ウェルフィンの言葉とは?

その後、メルエムはネテロ会長との一戦で瀕死の重傷を負ってしまう。結果的にメルエムは王直属護衛軍のシャウアプフの助けもあって蘇生するものの、記憶を一時的に失ってしまう。つまり、コムギの存在や軍儀の存在を全て忘れてしまった。

ただメルエムの頭には「コムギとの過去」はわずかに残っており、要所要所でコムギとの記憶がフラッシュバックする。それ故に、メルエムは思い出せそうで思い出せない状況にモヤモヤ。一方、シャウアプフはコムギの記憶を思い出させないように画策。

しかし、ひょんなことで元師団長のウェルフィンと遭遇。メルエムは記憶喪失と共に、かつての凶暴性も復活していた。そのためメルエムは殺意をむき出しにするものの、ウェルフィンは死を間際にして「とある言葉」を偶然にも言ってしまう。

2a63a9d6cb2b10164eb96fda6750c69b 490x430

(HUNTERxHUNTER30巻 冨樫義博/集英社)

それが「コムギ」。

1b6c623cdd310126eca6f9e3dfd9d39c 430x346

(HUNTERxHUNTER30巻)

結局どういう経緯でウェルフィンがコムギの名前を知ったのか分からずじまいですが、メルエムは「コムギと過ごした日々」を全て思い出す。メルエムは暴虐な王に蘇りつつありましたが、コムギとの間で培われた「穏やかな人間性」を取り戻す。

d-manga.net

メルエムの表情は何を意味していたのか?

da7a96b5478a7a87b689dfacae750988 386x400

(HUNTERxHUNTER25巻)

一方、ゾルディック家の祖父・ゼノの攻撃で、コムギが負傷した場面。軍議で対戦していたメルエムは、そのまま負傷したコムギを抱きかかえるものの、その評定は真っ黒で見えませんでした。そのため色んな考察をするハンター読者が多い。

でも表情こそ描かれていませんが、メルエムの表情はおそらく「悲しみの表情」を浮かべてる。コムギを抱く様がまさに慈愛にあふれていたことからも明白。実際、ネテロも「メルエムの表情」を並べて語るシーンでは、この真っ黒の表情と人間を貪る悪魔の表情と対比させてる。

そして「王」である資格を捨て去ったメルエムはコムギの元に向かう。

何故ならメルエムの死期が近付きつつあったから。

d-manga.net

d-manga.net

なんとしてもコムギに会いたいメルエム

その後、パームたちが隔離したコムギの元へ駆け寄るメルエム。

パームたちが時間稼ぎのために立ちはだかるものの、メルエムは暴力は行使しない。「残された時間をコムギと過ごしたい」と心の底から説得する。最終手段として『半沢直樹』ばりの土下座すら実行しようとしてみせる。

6c5f1b75a0dab5070ae51d017786e1ac 430x348

(HUNTERxHUNTER30巻)

パームは既にキメラアントの遺伝子が入ってるため、自らの種の王であるメルエムの無様な姿は本能的に見たくない。そこでメルエムの提案を渋々と認めるものの、パームの目には涙。全ての人間を支配するべく生まれた王が、たかだか「一人の人間」に対して心底会いたいと吐露したから。

ほんの少しだったと思う…どこかでほんの少し…何かがほんの少し違っただけで…」というメルエムの直前の発言も踏まえると、パームの涙は複雑な感情から湧き出てることが伺えます。タイミングが少し違ってたら、キメラアントにすらなってないわけですから。

もしメルエムがコムギともっと早くに出会っていたら、ここまで多くの人間が死ぬことはなかった。最後の感動的なシーンに繋がる前フリとして、効果的に盛り上げる役割を果たしてるセリフでもあります。

d-manga.net

○コムギと軍議をうって死にたかったメルエム

71ad6810244a53b9dde71bf7018fa3f7 394x400

(HUNTERxHUNTER30巻)

メルエムが眠っているコムギを見つけると、鼻水を垂らしながらのんきに軍儀に関する寝言をムニャムニャ言ってる。それに対して、思わずメルエムは「くくっ」と笑いながら「起きろコムギ!打つぞ」と起こす。

このちょっとした微笑ましい笑いが、後の涙を誘うための良いギャップ感に繋がってる。当初のメルエムであれば自分の前でこんな無礼な態度を取れば即殺だった。それが最後はコムギという一人の人間に対して、本当に慈しみの心を抱いてる。

d-manga.net

d-manga.net

コムギに生きる意味を見出したメルエム

19e2bac5fd7f96b3b578e31eb079ce1f 250x400

(HUNTERxHUNTER30巻)

そして二人は再びいつものように軍儀を行うものの、メルエムは唐突に自分が毒に侵され余命が長くないことを告げ、「最期をコムギ…お主と打って過ごしたかった」と自らの思いを何の脚色もなく素直に吐露する。コムギの涙がこちらの涙を誘います。

e25806f8f8ac992d7ef41077721fc458 328x400

(HUNTERxHUNTER30巻)

ただメルエムと一緒に過ごすことは毒が感染してしまうということ。だからメルエムは遠回しにコムギをこの場から去るように促すものの、コムギはメルエムの発言を遮るように軍儀をパチっと差す。しかもメルエムが思いもしなかった効果的な一手。

8f032d56dc99d379446622fb0489ecec 430x400

(HUNTERxHUNTER30巻)

メルエム様。ワダす今とっても幸せです。不束者ですがお供させてください」とコムギも自らの心情を洗いざらい吐き出す。ネテロなどどんな攻撃にも表情を変えなかったメルエムが、思わず驚きの表情を浮かべる。

e797f8190cf838b9bf72e6ce5c842363 430x345

(HUNTERxHUNTER30巻)

メルエムの驚きの表情の先にはコムギという光があった。

つまりはメルエムはこの瞬間のために「自分は生まれてきた」のだと気付く。当然それはコムギも同じだった。ずっと盲目であるが故に虐げられ、軍儀でしか生きて来られなかった少女が「最愛の軍儀相手」と共に軍儀の中で死ぬことができる。

そして更に続くラストの感動的なシーンは、やはり例の吹き出しだけが連続したページでしょう。ちなみに『ハンターハンター』のモノクロ版だと背景は全て真っ黒でしたが、実はフルカラー版では徐々に青色から黒く変色していく演出が取られています。

d-manga.net

d-manga.net

コムギとメルエムの感動的な対比

0424d1183145760f9eaf682f7cb83029 489x430

(HUNTERxHUNTER30巻 冨樫義博/集英社)

メルエムとコムギが何気ない会話をしてるだけなんですが、徐々にメルエムが死に近付いていく様だけは伝わる。でもコムギはさも母親のように優しく包み込んであげながら、息を引き取る瞬間までメルエムを看取ってあげる。

コムギの胸の中で手を握りながら、安らかな眠りについたメルエムはさながら幼児。親(女王蟻)に捨てられて名前もつけてもらえなかった「王」は「人間」のまま死ぬことができた。

b1473aaf29522c116038d86053b97e45 380x277

(HUNTERxHUNTER30巻 集英社)

そして更に感動的な演出として挙げられるのが、実は先程のコムギがダメージを負った場面と構図が対比されている点。まさに二人は一心同体の存在。メルエムはシャウアプフに救出された後、「我らは肉体も精神も繋がってしまった」と発言してるんですが、信頼の置ける仲間や部下たちと一緒に旅立った。

d-manga.net

d-manga.net

メルエムとコムギの感動的ラストまとめ

以上、メルエムとコムギの感動的なラストでした。

この記事を書いてるだけでも涙がウルウルするぐらい二人の死に様は感動的。メルエムの嘘偽りがない心情の吐露に、思わず胸が打たれます。メルエムがさんざんと傍若無人な振る舞いからの落差が、感動の色をより濃くさせてる。

コムギというキャラクターも良かった。一見するとアホの子供ではあるものの、勝負や信念にかける「芯の強さ」に好感が持てる。最期に母親のようにメルエムを看取るシーンも違和感なく受け入れられた。二人の物語は「上質な恋愛漫画」や「人間ドラマ」を見せてくれてるようでした。

49d86be53697fa18b1b177b7944b9477 483x430

(HUNTERxHUNTER32巻 冨樫義博/集英社)

ちなみに『ハンターハンター』32巻の後半で、メルエムとコムギが握り合っている干からびた手が写ります。

一方、元十二支んのパリストンは暗黒大陸に進出するために、キメラアントの卵を大量に持ち帰ってる。つまり、このまま放置されてる二人が生存してる可能性はゼロ。ネット上ではメルエム生存説も見ますが、そこで「メルエムとコムギの物語は完全の終わった」という演出が敢えてなされたのかも知れません。

コメント

ドル漫@YouTubeチャンネルも運営してるので是非チェックしてね◀

タイトルとURLをコピーしました