【画像あり】メルエムとコムギのラストが感動的すぎて泣ける件【HUNTERxHUNTER】

スポンサーリンク

『ハンターハンター(HUNTERxHUNTER)』の感動的な場面と言えば、やはりキメラアントの王・メルエムと盲目の少女・コムギのラストシーン。圧倒的なボスキャラとさえない田舎少女の最期に誰もが涙しました。

そこで今更ではあるものの、今回は泣ける感動シーンも含めてメルエムとコムギの物語をまとめてみました。ちなみにメルエムまとめ決定版も考察してるので、あとで『HUNTERXHUNTER』に興味がある方は後でご覧ください。

メルエムとコムギの出会い

まずメルエムとコムギの出会いから解説。

キメラアントの王であるメルエムは全世界の王となるべく、まず東ゴルトー国を支配。全ての仕事は部下のキメラアントが行うため、メルエムは東ゴルトー国内にいるチェスや将棋のチャンピオンと暇つぶしを行う。

メルエムは圧倒的な頭脳と学習能力を駆使し、人間のチャンピオン相手に連戦連勝。数々のチャンピオンがメルエムに敗北する中、最後に現れたのがコムギ。東ゴルトーは「軍儀」と呼ばれるチェスや将棋のような遊びの本場であり、コムギは負け知らずの軍儀チャンピオンだった。

メルエムはコムギをこれまでのチャンピオン相手と同様に追い詰めるものの、コムギも圧倒的な成長を見せてメルエムの追随を許さない。まさに切磋琢磨の日々が続く。メルエムはコムギと触れ合う中で、圧倒的無慈悲かつ暴虐無道さを善とする考え方が次第に変わっていく。

(HUNTERxHUNTER24巻)

コムギは目が見えない+空気が読めない性格である故に、メルエムに対して気さくに接してくる。だからメルエムに対して「総帥様のお名前はなんとおっしゃられるのですか?」とつい質問をしてしまうことも。

ただメルエムは自分自身の名前を知らなかった。当然、周りのキメラアントたちも名前を聞いてくることもなかった。そこでメルエムは初めて自分のアイデンティティが喪失していることに気付き、そしてメルエムは「自分と向き合ってくれる対等な存在」見付けたことを知る。

(HUNTERxHUNTER24巻)

メルエムは圧倒的な暴力を行使し、誰にも負け知らず。しかし軍儀で一向に勝てないコムギは、とにかくか弱い。鳥に攻撃されて傷だらけになってしまったコムギに遭遇すると、メルエムは思わず助けてしまう。

メルエムの心は更に揺れ動く。王である自分が誰かを助ける必要は皆無。「この生き物は何なのだ!?余はこいつをどうしたいのだ!?」と自問自答。しかし答えは出ない。何故ならメルエムはアリのように「ただ支配」する以外の何かを要求されることもなく、教えられることもなく生まれたから。