【感想】バイオレンスアクションが地味に面白かったw【漫画レビューまとめ】

スポンサーリンク

『バイオレンスアクション』1巻から3巻のネタバレ感想をレビュー。作者は浅井蓮次(漫画)、沢田新(原作)。掲載誌はやわらかスピリッツ(ビッグコミックスピリッツ)。出版社は小学館。ジャンルは少年コミックのアクション漫画。『バイオレンスアクション』はAmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みができます。

確か「このマンガがすごい」に選ばれた漫画らしく、そこで今回は『バイオレンスアクション』が面白いのかつまらないのか徹底的に考察してみたいと思います。あらすじや登場人物を簡単に解説しつつ、どこがおすすめなのかをレビュー。

もし『バイオレンスアクション』の購入に迷っている方はテキトーに参考にして下さい。

バイオレンスアクションのあらすじ内容・ストーリー解説

(バイオレンスアクション1巻 小学館)

主人公は菊野渓(きくのけい)。ILMビジネススクールに通う、どこにでもいる専門学校生。ショートボブのゆるふわパーマ、肩出しルックの今どき女子。ただ見た目とは反して、昼ご飯中も簿記試験の勉強をするような真面目っ子。今の不景気日本は資格が無いと将来が何かと不安。

(バイオレンスアクション1巻 小学館)

菊野は学費も払えずに苦労をしているのか、夜は派遣型風○店(ぷるるん天然娘特急便)で働くような女の子。ホームページの画像のモザイク越しにも分かる可愛らしさ。生活苦を想像させると、この笑顔も痛々しくすら見えてしまう。世知辛すぎるぜぇ現代日本。

でも、それは仮初めの姿。

(バイオレンスアクション1巻 小学館)

菊野渓の本当の姿は依頼があれば、ヤクザであろうがどんな相手でも最後は消してしまう、名うての殺し屋だった。夜のお仕事は単なる偽装。実際には「派遣型殺し屋」。間違ってデリ○ルに電話してしまいそうな気もしますが、菊野渓は指名ナンバーワンの仕事屋で裏社会では知らないものはいないほど。

『バイオレンスアクション』は基本的に菊野渓がドンパチやってるだけのアクション漫画。だから『バイオレンスアクション』を、一言でまとめてしまうと「良くも悪くもB級アメコミ漫画」といった内容。

総合評価は最後にまとめて後述しますが、結論から書いちゃうと『バイオレンス・アクション』の内容は下手に頭を使うことはないため読みやすいマンガ。良い意味で割り切っててそこそこ面白いと思います。