【感想】潔癖男子青山くんが割りと面白いww【ネタバレ考察レビュー】

スポンサーリンク

『潔癖男子!青山くん』のネタバレ感想をレビュー。作者は坂本拓。掲載誌はヤングジャンプ。出版社は集英社。ジャンルは青年コミックのスポーツ学園漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みできます。

最近この『潔癖男子青山くん』のアニメが放送されたらしい。そこで今回は面白いおすすめマンガ作品なのかどうか?アニメ2期も含めて可能性があるのか?など徹底的に『潔癖男子青山くん』について考察してみました。あくまで個人的な感想なのであしからず。

潔癖男子青山くんのあらすじ内容・登場人物

主人公は高校1年生の青山。将来を嘱望されるサッカー選手。

(潔癖男子!青山くん1巻)

でも唯一の欠点は「極度の潔癖」。上級生部員の財前かおるに水分補給を促されても、他人が飲んだかも知れないスクイズボトルは断固拒否。他にも頭が汚れるヘディングをしなかったり、試合後のユニフォーム交換も当然ノーセンキュー。ハイタッチも言わずもがな。

(潔癖男子!青山くん1巻)

ただ潔癖であるが故に、青山は圧倒的な能力を発揮。「他人に触られたくない」という一心からまさに絶対領域を確保。青山に近づけばドリブルで突破され、距離を取ってスペースを空けるとそこから正確無比のシュートを放たれる。

まさに「潔癖」という性質がサッカー選手として稀有な能力を発揮させた。

(潔癖男子!青山くん1巻)

しかも青山は潔癖である以上に大の負けず嫌い。試合の後半に限ってはしっかり泥臭くプレイもできるので、青山が出場した試合は今まで無敗記録を達成。まさに青山のキャリアには「黒星という汚れ」が一切ない。

だから『潔癖男子青山くん』のあらすじを簡潔にまとめると、こんな青山くんの日常を追った内容になります。