【熱すぎる】ジャンプ漫画家たちの名言11選が心にしみる!

スポンサーリンク

今も昔もマンガ業界の先頭を走ってるのが少年ジャンプ。出版社の売上の規模的には集英社も小学館も講談社も実はそんなに変わらないんですが、やはり「漫画」だけに特化すると少年ジャンプが未だにトップオブトップと評価して構わないはず。

それだけ優秀な漫画家も多く輩出してるのが、少年ジャンプ(もっと言えばジャンプ系雑誌出身のマンガ家たち)。発行部数が何千万部という作品も数多く、それだけ面白い漫画を描いたマンガ家たちの思想や哲学は魅力的で参考になるのではないか。

そこで今回は少年ジャンプ出身の漫画家たちの名言をまとめてみました。名言の数は合計11個ほど。

主に最近の手塚賞の審査を担当した少年ジャンプ系のマンガ家のコメントから引用してます。そのコメントが総じて名言染みてたたので、特に将来マンガ家を目指す方にとって有用のはず。常日頃少年ジャンプの漫画家が何を考えながら漫画を作ってるか、その頭の中を数々の名言から読み取れるはずです。

井上雄彦、浅田弘幸、手塚プロの名言

まずは第93回手塚賞の審査を担当したジャンプ系漫画家の名言から見たいと思います。画像だけ取り込んでそのまま放置して一年が経過してたので、具体的に何号に掲載されていたか忘れてしまったのはご愛嬌。


最初は井上雄彦、浅田弘幸、手塚プロダクション。井上雄彦といえばおすすめスポーツ漫画ランキングでもお馴染みの『SLAM DUNK』の作者。浅田弘幸はおすすめファンタジー漫画ランキングにも入る『テガミバチ』の作者。浅田弘幸は少年ジャンプではなく、厳密にはジャンプスクエアといった月刊ジャンプ系。手塚治虫がジャンプ系で連載してたかは記憶にありませんが手塚賞だけに、ということ。

○井上雄彦の名言「無知の人がゴールまで突っ走るのが漫画の世界」

井上雄彦の漫画家志望に向けた人への名言。

見る前に飛びましょう。ジャンプはこういう絵柄でこういう主人公でないと、等の似非知識は漫画制作をあきらめる理由にはなっても、背中を押してくれることはありません。知識の人が足踏みをしている間に無知の人がゴールまで突っ走るのが漫画の世界です」。

自分もこのドル漫という漫画ブログ野球漫画のおすすめの作り方・描き方というハウツー記事を書いたりしてますが、そういったことを読んで知識を得ることも重要だけれども、まずは実践あるのみという井上雄彦の格言。マンガ制作に限らず、スポーツにしてもまずは動かなきゃいけない。受験勉強にしても将棋やチェスにしても、ハウツーの知識だけ蓄えても実力は向上しない。

じゃあ『バガボンド』あたりの漫画作品をさっさと完結させてくれよと思ったりしますが、そこは華麗にスルーしましょう。

○浅田弘幸の名言「漫画家にライセンスはありません」

続いて浅田弘幸の漫画家志望に向けた人への名言。

漫画家にライセンスはありません。職業というより、生き方そのものです。一日24時間、他の事をしているときも漫画家を描く感性で日常を見つめてしまう。それが自然だという君は、本当の漫画家になるしかない」。

この名言もある意味、精神論の重要性を説いた名言ではありますが、「漫画家にライセンスはありません」という表現が良い。公務員に限らず、色んな職業に就職したい場合、意外と免許やライセンスが必要になってくる。でも漫画家には紙とペン、最近はパソコン・スマホさえあれば十分。

とにかく怖気づかず漫画を描いてみようぜ、という励ましの名言。