【感想】深夜のダメ恋図鑑が割りと面白いw【漫画レビューまとめ】

スポンサーリンク

『深夜のダメ恋図鑑』1巻から3巻のネタバレ感想をレビュー。作者は尾崎衣良。出版社は小学館。ジャンルは少女コミックのラブコメ漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みができます。最近1巻が期間限定で無料ダウンロードできたので読みました。

そこで今回は『深夜のダメ恋図鑑』という漫画が面白いのかつまらないのか徹底的に考察したいと思います。割りと男性読者が読んでも面白かったんですが、結論から書くと女性読者以外が読むのはやや閲覧注意。その理由も含めて、この感想評価記事が購入時の参考になれば幸いです。

深夜のダメ恋図鑑 あらすじ内容・ストーリー

主人公は千鳥佐和子、古賀円、福間千代の3名。高校時代からの友達関係を続けている、どこにでもいる20代の女性。ただ3人が共通するのは、これまで付き合う彼氏がもれなくダメ男ばっかりだったということ。勘違い男、不倫男、女に家事を一方的にやらせたがるさだまさし系男etc。

(深夜のダメ恋図鑑3巻 小学館)

画像は千鳥佐和子と同棲中の彼氏・諒。最初は生活費を折半してたものの、実は千鳥佐和子の方が給料を多くもらってることが発覚したため、逆に生活費の負担増を求めてる場面。このクズっぷりがもはや清々しい。

『深夜のダメ恋図鑑』は彼女たち3人の目線を通して、日本に棲まう「世のダメンズたちの生態」を切り取った物語である(ドヤ顔)。最初「図鑑」というマンガタイトルからエピソードごとに女性キャラが違うのかと勘違いしたんですが、一応メインのキャラクターは3人に固定されています。

スポンサーリンク

オンナの危険すぎる恋愛のホンネが面白い

結論から書くと『深夜のダメ恋図鑑』はそこそこ面白い。

一応フィクションの漫画ではあるものの、極端に大げさなクズ男は多く登場しません。そのため内容的にはリアルなエッセイに近い。だから3人の女性キャラクターたちは架空ではあるものの、世の女性の恋愛や結婚に対する危険な本音がズバズバと描かれてる印象。おそらく作者の体験談や身近な女友達のエピソードがネタにされているのかも。

(深夜のダメ恋図鑑1巻 小学館)

例えば、千鳥佐和子のかつて付き合っていたバンドマンが浮気をした。バンドマンだけあってモテるのか、元カレの浮気は一度や二度ではなかった。しかも言うに事欠いて、元カレは「浮気は男の本能みたいなもんだ」と開き直る。

もちろん千鳥佐和子は怒るのかと思いきや、「わかった」と何故か納得する。恋は盲目、バンギャルはアホとはよく言ったもんです。ただ千鳥佐和子は虎視眈々と復讐を狙っていただけだった。

(深夜のダメ恋図鑑1巻 小学館)

元カレのバンドマンが新しい曲ができたと演奏すると、千鳥佐和子は曲を聴かずにグースカと眠る。そして強烈な一言をポツリ。「毎度平凡すぎるメロディーでついつい寝ちゃった。睡眠って人間の本能だから仕方ないよね?」。

しかも復讐はまだ終わらない。元カレのために料理を作ってあげると台所に行った千鳥佐和子。しかし一向に戻ってこない。空腹と心配から台所に行くと、千鳥佐和子はモシャモシャと自分が作った料理を食べていた。「何やってんだよ!俺の飯は!?」と怒るバンドマンの元カレ。

(深夜のダメ恋図鑑1巻 小学館)

ただ千鳥佐和子は一言。「食欲って人間の本能だから」。

アカーン、目が全然笑ってなーい!これ完全に女子がめちゃめちゃ怒ってるパターンのヤツやーー!!何でもかんでも「本能」の一言で済ませると、とんでもないしっぺ返しを食らう。そして最終的に夜の営みに関しても強烈な一言を言い返されて、元カレは泣かされてしまうというオチ。

古賀円という元ヤンのキャラクターは更に毒舌。何故か既婚男性から言い寄られることが多いバージン。ある日、イクメンパパと自称する既婚男性からアプローチを受ける。どうやら奥さんも働いてることもあって、レス。色んな意味で不満が溜まっている模様。

ただ古賀円はイクメンっぷりが見掛け倒しであること指摘。自称イクメンパパは「俺は働いてる」と反論するものの…

(深夜のダメ恋図鑑3巻 小学館)

いやソレ当たり前だから。心身ともに健康な成人男性が働くのは当たり前。【俺頑張って生きてるよ、だって息してるし】って言ってるのと同じw超ウケるwww」と爆笑。もう止めて。世の男たちのライフはゼロよ…。女性の気持ちを傷つけたんなら素直に謝るからもう止めて…と泣き落としにかかりたくなります。

スポンサーリンク

古賀円たちの名言に男性読者は震えろw

だから『深夜のダメ恋図鑑』では名言が結構多い模様。名言と表現するとやや大げさな感じもしますが、きっと女性読者からスカッとするセリフも多そう。そこでテキトーに『深夜のダメ恋図鑑』の名言・名セリフ集を簡単に集めてみました。

(深夜のダメ恋図鑑3巻 小学館)

例えば千鳥佐和子の名言「性欲処理ぐらい自分でやりな…!」。

千鳥佐和子とケンカした直後、諒くんは仲直りのためにイチャイチャしようと試みる。世の中には体の相性が良ければオールオッケーというカップルもいます。ただ食後の食器類を片付けない諒に対してキレてる千鳥佐和子にベタベタしに行ったもんだから、「何でこの状況でHできると思うのよ」とまさに逆効果。

確かにオトコはこういう痛い所ってあります。何故このタイミングで!?…と後から反省することも少なくなく耳が痛い読者も多いか。女子の機嫌を取るためには性欲より食欲。ちょっとしたデザートやケーキでごまかした方が喜ばれそう。

そして、『深夜のダメ恋図鑑』がネット上で話題になってる場面が「お見合い」。元ヤンの古賀円が鎌瀬というアラフォーの金持ちと、親から半強制的にお見合いをさせられる。ただ40歳まで結婚しなかった・できなかっただけあって、鎌瀬が微妙に痛い。本音をあけすけに騙ってるからこそ、女性視点ではナチュラルにイラッと来る。

例えば「一人が長いと外食も飽きてくる。誰か俺のメシ作ってくんないかなーって思って」「そろそろ親に孫の顔も見せなきゃ」「結婚相手は同郷の女性がいいな。今まで付き合った女性は出身地が遠かったりで、そうなると誰が親の面倒を見るんだよって」などなど。

もちろん結婚はこういうこと。ましてや見合い。親の老後などは当然考えてなきゃいけないものの、20代の女性からすると引っかかる部分が多そう。少なくとも、古賀円は強烈に引っかかるものがあった。

そして鎌瀬に言い放った強烈な一言が名言。

(深夜のダメ恋図鑑3巻 小学館)

召使いでも雇われたらいかがですか?」。

確かに鎌瀬の発言を突き詰めて考えると、これに尽きる。とはいえ元も子もないですけどね。お見合い全否定も凄まじい。でも女性の立場で考えると、作中のセリフを借りるならまさに「現代のドレイ」。

古賀円の怒涛のセリフは「本人すらめったに面倒見てない親の世話を何でほぼ他人の女にやらせる気マンマンなの?」とまだまだ続きます。そして古賀円の極めつけの名言が…

(深夜のダメ恋図鑑3巻 小学館)

親孝行のために子供産まされるとかホラーかよ」。ホラーという表現が強烈。オトコを妖怪扱い。

更に続けざまに「どこの女が好きでもないよー知らんオッサンの子供産んでご飯作ってくれると思うんですか?目を覚ませ。【結婚の話を真剣に考えてみない】って、そっちこそもっと真剣に考えろ」と辛辣が止まらねぇー!そして俺の胸のドキドキ(悪い意味)が止まらねぇー!

正直女性にこんなことを思われてると考えたら、オトコは結婚できないっすよ。「オトコは仕事だけしてりゃエラそうにできていいよね」はグサッと来た。

他にも古賀円は不倫男に対して、「オマエどんだけいい男なんだよ。福山雅治でもねぇよそんな話」や「毎日アイロンかかったシャツ着て外で楽しく女と遊んで純な女コマして、オマエは楽しいことだらけ。こっちは失うもんだらけじゃねぇか!」といった名言も胸にささります。

正直ベッキーなど女も女で不倫楽しんでるんじゃね?と思わなくはないですが、確かに正論。特に有名人は不倫した女性側だけが強くバッシングされがち(政治家除く)。ベッキーなどを擁護するつもりもありませんが、少し可哀想。

ちなみにお見合いネタに関してネタバレしておくと、古賀円が心の中で思ってるだけ。親経由のお見合いだけあって、後腐れないフェードアウトをするためにも古賀円は表面上はお淑やか女子を演じてる。それ故に鎌瀬が好意をもって更にアプローチをしてくるんですが、それの続きは『深夜のダメ恋図鑑』本編でお楽しみ下さい。

(深夜のダメ恋図鑑3巻 小学館)

『深夜のダメ恋図鑑』に通底する名言を一言でまとめると、つまるところ「あんまり女ナメちゃダメですよ?」。怖いですねぇ。女の無表情怖いですねぇ。本当に作者・尾崎衣良は普段いろいろと思うことがあるんだろうなーと容易に想像されます。

名言の数が多かったので、「深夜のダメ恋図鑑の名言集がワロタw」という別記事にまとめてあるので、あとで興味がある方はご覧ください。

スポンサーリンク

わりと面白いものの、内容は完全な女子目線

だから『深夜のダメ恋図鑑』の内容は、良くも悪くも完全な女子目線。少なくとも男の価値観や立場で何かフォローされることは皆無。キャラクターの毒舌名言などに関しても、女特有のねちっこいマウンティングも多い。ダメンズをぶった切るのは良いんですが、ややもすると言い方ややり口が陰湿。

本当に作者が「女が男に一方的に言いたい」ことを書いてるだけ。立ち位置的にはサラサラ中立ではない。作中のオトコキャラは救われることがないため、男読者が読むとイラッと来ることも多そう。だから冒頭で「閲覧注意」と書いたのは、そういう理由。

つまり「こっちのセリフやで」とツッコミを入れたくなる場面も少なくない。例えば「夜の営み系」。

福間千代はメルヘン系の女子。昔から少女漫画を愛読していたこともあって、理想は王子様タイプ。八代くんというイケメンサラリーマンに猛アプローチをされて付き合ってるものの、それ故にちょっとしたことで「冷めて」しまう。

(深夜のダメ恋図鑑1巻 小学館)

初めて2人が営みをしようとホテルへGO。先に八代くんがお風呂に入ってて、後から遅れて福間千代が入ってくる。ただ浴槽を見ると、何かしらの毛が浮いてる。そこで福間千代は「あたしが先に入っておけばよかった!」と心のなかでショックを受けて、そのままホテルを飛び出る。

確かに福間の気持ちは分からないでもない。ただお前が先に入ってた所で、バスタブに浮くもんは浮くだろという話。もちろん全部のムダ毛を処理してるならいざ知らず、おそらくそんな面倒くさいことはしてないはず。むしろ女子の方がアソコは汚いイメージ。

(深夜のダメ恋図鑑3巻 小学館)

結果的にこの2人は結ばれるものの、問題は翌朝。八代くんは睡眠中にヨダレを垂らす。ヨダレの量がハンパなく、もはや病気を疑うレベル。確かに寝起き時にヨダレが出ることは割りとあります。枕が冷たくなっていたこともしばしば。

でもやっぱり女子も寝起きでヨダレが出るやろ?と言いたくなる。一応、友達の古賀円たちは「今更ヨダレごときで引くなよ。もっとスゴい体液出してるだろうが」とフォローしてる。このツッコミも面白いっちゃ面白いものの、女子はヨダレを出さないみたいなスタンスはどうなの。

他にも鼻毛が飛び出てて冷めたなど、オトコのムダ毛系で引いたみたいなネタも多い。ただ男読者の立場から言わせてもらうと、女子のムダ毛の方がよっぽどショックは大きいよ。女子の下着は小さいですからあんな所からハミ毛がコンニチワしてましたなど、女子も汚い部分は相当汚いよ。

こういった「恋愛に冷めた」系のネタはおそらく男女共通のネタ。むしろオトコの方が女子に言いたい話。

もちろん女性向けの掲載誌ということもありますが、それにも関わらずオトコだけが一方的に汚いみたいな描写が多い。コーヒーやお酒を飲んだ後は口が臭いなど、それは女子も同じ。女性が読めばスッキリする内容ではあるものの、もし実写ドラマ化などを考える場合、この一方的な断罪は炎上要素をはらみそうです。

スポンサーリンク

深夜のダメ恋図鑑の評価・評判・口コミまとめ

以上、『深夜のダメ恋図鑑』が面白いのかつまらないのか考察してみました。

良くも悪くも、女性の心の叫びが描写されてるラブコメ漫画。普段オトコに言えないような女性の本音が満載。女性読者が読めばスカッとストレス発散できそう。逆に言えば男読者は肩身が狭く、カノジョの家にコレがあれば間違いなく今後の付き合いを考えそう(笑)

そのため展開は完全に「女性目線オンリー」。だから内容はややもするとご都合主義的。フジテレビ系で放送されている『スカッとジャパン』みたいな作風に近い。何度も評価してますが、オトコの立場では「ん?」となることも少なくない。

ただ両論併記的なスタンスが面白くなるとは限らないので、作者的には「ゴチャゴチャ言うぐらいならオトコは読むな」といったスタンスでしょう。だから良くも悪くも内容はシンプルで読みやすく、マンガ初心者こそ読みたい。

毒はそれなりに強いので女性読者も肌に合わない人は合わないと思いますが、ハマる人はハマるはず。どこまで連載が続くのかは知りませんが、今のところ『深夜のダメ恋図鑑』は3巻まで発行済。まとめ買いしやすいボリューム感も良いのではないか。少なくとも買い物として大きく失敗はしないでしょう。

ちなみに「おすすめラブコメ漫画ランキング」もいずれ執筆予定。