【画像あり】ゴールデンカムイのアニメ化は無謀すぎやろwww

スポンサーリンク

つい先日ヤングジャンプで好評連載中の『ゴールデンカムイ』のアニメ化が決まったらしい。残念ながら、2017年11月現在だとアニメの放映時期や声優キャストなどは不明ですが、確かに『ゴールデンカムイ』は面白い漫画だと個人的に思います。ただアニメ化するにあたっては、内容が色々とアレすぎて心配という話。

そこで今回は『ゴールデンカムイ』のアニメ化は無謀すぎやろ…と思わせる描写や表現の数々を簡単にピックアップしてみました。基本的に自分はアニメを観る人間ではなく、またアニメは作者や出版社だけではなくアニメの制作会社なども絡んできて面倒くさいため、この記事では『ゴールデンカムイ』のアニメ画像などは引用してないので悪しからず。

アニメはリアルさに耐えられる?

何故『ゴールデンカムイ』がアニメ化などに向かないのかというと、答えはシンプル。とにかく色んな意味で「リアル」だから。『ゴールデンカムイ』は切った張ったのアクション全開の漫画なんですが、そういったジャンルで「リアル」といえば要するにグロい。

(ゴールデンカムイ2巻 集英社)

例えば陸軍兵士と巨大なクマが対峙した場面では、クマのひとカキで顔面がベロリンと剥けちゃう。ちょっとしたドア状態。変装の天才・ルパン三世も頻繁に顔面の皮をベロリンと剥きますが、そういったのとは明らかにテイストが違う演出。

他にも『ゴールデンカムイ』ではどうしてもアクション描写が豊富なため手足が…という展開も豊富。二階堂という陸軍兵士は気付けば体の部位が消えていくため、本当に哀れなキャラクター。もう明らかにコンシューマーゲームで発売したらR18に指定されるやろ、という描写が多々。

(ゴールデンカムイ5巻 集英社)

辺見和雄(へんみかずお)という死刑囚は「死」に対して強烈な憧憬を抱いてる。そのため主人公・杉元佐一にトドメをさされることを常々期待してる。玉切り包丁でニシン粕(?)を裁断する瞬間も、それと自分自身を重ね合わせる。「あはああッ切れちゃった!切れちゃったねぇ!?」とテンション激上がり。

この直前のニシン粕を粉砕する「粕くだき」という器具を使用してる場面は、もっとエグい。あくまで辺見和雄の「妄想の中」という演出ではあるものの、血しぶきブッシャー。これフルカラーでアニメ化したら絶対モザイクなしでは見れませんやんwww