【感想】一日外出録ハンチョウが面白くてワロタwww【ネタバレ画像あり】

スポンサーリンク

『一日外出録ハンチョウ』のネタバレ感想をレビュー。作者は福本伸行(協力)、萩原天晴(原作)、上原求と新井和也(漫画)。掲載誌はヤングマガジン。出版社は講談社。ジャンルは青年コミックのグルメ漫画。

現時点ではまだ『一日外出録ハンチョウ』の単行本は2巻3巻と発売されていないものの、このレビュー記事では「面白いマンガかおすすめか」をメインに考察したいと思います。是非『一日外出録ハンチョウ』を購入するときの参考に使ってください。

一日外出録ハンチョウのあらすじ内容

まずは『一日外出録ハンチョウ』の簡単な解説をしたいと思います。冒頭で列挙した作者名からも分かると思いますが、いわゆるカイジシリーズのスピンオフ漫画。

この『一日外出録ハンチョウ』の主人公は、地下の強制労働施設にいた大槻班長。丸刈り頭の小太りの笑顔が不気味なオッサンと言えば思い出す方も多いか。本作主人公・カイジもチンコロで苦しめられました。

(一日外出録ハンチョウ 1巻)

この大槻班長が一日外出券を使用し、地下の強制労働施設から脱出したところからストーリーが始まります。一日外出権は50万ペリカというかなりの高額。普通は一回外出するだけでも奇跡に近いものの、ボス的な存在の大槻班長は何度も外出済み。

(一日外出録ハンチョウ 1巻)

だから大槻班長はニットの毛玉を取るぐらいの圧倒的悠々自適を見せつける。夜のお店に遊びに行くときでもこんな意味のないことを普通はしません。

当然、一日(24時間)という時間制限がある。ギャンブル女酒食べ物…一体何から消費しようか普通だったら慌てふためくのが自然。それにも関わらず、世の中で一番どうでもいい毛玉取りに勤しむぐらいの余裕感。しかも数時間もかけて靴下の毛玉まで取り尽くす(笑)

こんな大槻班長は酒ギャンブルは地下でもたしなめるだけあって、外出時は基本的に食べ歩きを敢行する。果たして一体どんなグルメを食するのか?一日限りの許された大槻班長のオリジナリティーあふれる食べ歩きがメインの内容になります。

ちなみにおすすめグルメ漫画ランキングも良かったら参照。意外とグルメ漫画は大ヒット作は少ないものの、良作も多い。もしかするといずれ『一日外出録ハンチョウ』も追加するかもおすすめグルメ漫画ランキングに追加するかも知れません。