【コナン】黒幕の正体・烏丸蓮耶とは何者なん?名探偵ばりに考察してみた【黒の組織ボス】

スポンサーリンク

ちょっとそこの奥さん。朗報ですよ。ついにおすすめ推理漫画である『名探偵コナン』の黒幕の正体が発覚しました。つまり黒ずくめの男たちを裏で操っている大ボス。名探偵コナン1008話において、江戸川コナンこと工藤新一のお父さん・工藤優作の口から明らかにされました。

(名探偵コナン1008話 小学館)

黒幕の正体の名前は「烏丸蓮耶(からすまれんや)」。からすm…れん…?一瞬誰やねんコイツと思った名探偵コナン読者も多そう。それもそのはず。烏丸蓮耶は今まで『名探偵コナン』の中で一度しか登場してない。しかも又聞きの又聞きの伝聞情報。

そこで今回は名探偵コナンの黒幕の正体に関する考察記事を書きたいと思います。これまで「あの方」としか紹介されなかった烏丸蓮耶とは一体何者なのか?果たして本当に烏丸蓮耶が黒幕の正体でいいのか?徹底的に考察していきましょう。

何故「ASACA」と「RUM」が烏丸蓮耶に結びつくのか?

まずは何故、烏丸蓮耶が黒幕の正体と断言できるのか考察したいと思います。

黒ずくめの男たちの正体は、羽田浩司が残した暗号によって既に明らかにされていました。その暗号が「ASACA」と「RUM」。確かまだRUMの正体が誰であるかは明らかにされてなかったと思いますが、この二つの暗号を重ね合わせるだけ。ちなみに【名探偵コナン】RUM(ラム)の正体まとめも既に考察済みなので後でチェックしてみて下さい。

そうすると「CARASUMA(からすま)」の文字が浮かび上がる。THEアナグラム。正直、烏丸姓を探せばごまんといる気はしますが、一応『名探偵コナン』の中では烏丸姓は「烏丸蓮耶」のみ。

つまり黒幕の正体は烏丸蓮耶と結論付けられます。烏丸蓮耶が「あの方」だった伏線の数々も後述します。

烏丸蓮耶とは黄昏の館に登場したナゾの大富豪

じゃあ烏丸蓮耶がいつ『名探偵コナン』のストーリーで登場したのか?さすがに90巻以上発売されてる名探偵コナン。なかなか烏丸蓮耶のエピソードを探すのは大変でした。

(名探偵コナン30巻 小学館)

結論から書くと、烏丸蓮耶が初めて登場したのは『名探偵コナン』30巻

烏丸蓮耶は世界に誇る大富豪として名を知られていたものの、半世紀前に99歳で謎の死を遂げたことになっている。烏丸蓮耶はシルエットでしか表現されていないものの特徴的な鷲鼻や印象的なエピソードも重なって、名探偵コナンマニアであればピンと来た読者は多いはず。

(名探偵コナン30巻 小学館)

直後に毛利小五郎が驚いたシーンなども合わせると結構思い出す読者も多そう。ただ名探偵コナン30巻が発売されたのは、なんと2000年代前半。当時高校生だった自分も、すっかりアラサーのオジさんぐらいの年月が流れてる。さすがに覚えてなくても仕方ありません。

(名探偵コナン30巻 小学館)

まだ黒幕の正体こと烏丸蓮耶の存在を思い出せない方のために、もう少し詳しく当時の話をネタバレしておくと「黄昏の館」と呼ばれる烏丸の大豪邸に数々の名探偵が集められる。毛利小五郎、千間降代、茂木遥史、大上祝善など。この時に高校生探偵・白馬探も初めて登場したはず。

敢えて犯人名はネタバレしませんが、この中の誰かに怪盗キッドが扮装。最後犯人がヘリコプターから飛び降りて死のうとするものの、怪盗キッドが救出。その背後では豪邸の壁がペリペリと剥がれ落ちると、そこには燦然と輝く黄金の屋敷があった…というオチでした。

この黄金の豪邸を作ったのが謎の大富豪・烏丸蓮耶。ただ当時はそれ以上の描写や言及はなく、「変な金持ちもいたもんやなぁ~」と感じたままスルーした読者も多そう。結果的に黒幕の正体だった烏丸蓮耶は、闇社会で違法なことしまくりんぐで財を成したと考察されます。

ということで黒幕の正体・烏丸蓮耶とは一体何者なのか?誰なのか?ぶっちゃけ後付け設定ちゃうの?などを考察していきたいと思います。作者・青山剛昌は割りと以前から「黒幕の正体=烏丸蓮耶説」は伏線として様々仕込んでいた模様。